New-Volume

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

New-Volume

Creates a volume with the specified file system.

構文

Parameter Set: ByFriendlyName
New-Volume [-StoragePoolFriendlyName] <String[]> -FileSystem <FileSystem> -FriendlyName <String> [-AccessPath <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NumberOfColumns <UInt16> ] [-PhysicalDiskRedundancy <UInt16> ] [-ProvisioningType <ProvisioningType> ] [-ResiliencySettingName <String> ] [-Size <UInt64> ] [-StorageTiers <CimInstance[]> ] [-StorageTierSizes <UInt64[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByName
New-Volume -FileSystem <FileSystem> -FriendlyName <String> -StoragePoolName <String[]> [-AccessPath <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NumberOfColumns <UInt16> ] [-PhysicalDiskRedundancy <UInt16> ] [-ProvisioningType <ProvisioningType> ] [-ResiliencySettingName <String> ] [-Size <UInt64> ] [-StorageTiers <CimInstance[]> ] [-StorageTierSizes <UInt64[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ByUniqueId
New-Volume -FileSystem <FileSystem> -FriendlyName <String> -StoragePoolUniqueId <String[]> [-AccessPath <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NumberOfColumns <UInt16> ] [-PhysicalDiskRedundancy <UInt16> ] [-ProvisioningType <ProvisioningType> ] [-ResiliencySettingName <String> ] [-Size <UInt64> ] [-StorageTiers <CimInstance[]> ] [-StorageTierSizes <UInt64[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: InputObject (cdxml)
New-Volume -FileSystem <FileSystem> -FriendlyName <String> -InputObject <CimInstance[]> [-AccessPath <String> ] [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-NumberOfColumns <UInt16> ] [-PhysicalDiskRedundancy <UInt16> ] [-ProvisioningType <ProvisioningType> ] [-ResiliencySettingName <String> ] [-Size <UInt64> ] [-StorageTiers <CimInstance[]> ] [-StorageTierSizes <UInt64[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-Volume cmdlet creates a volume with the specified file system. The cmdlet manages the creation of the virtual disk with the specified size and resiliency setting, initializes the disk, creates a partition on it and formats the volume with the specified file system, including Cluster Shared Volumes (CSVs).

パラメーター

-AccessPath<String>

Specifies a drive letter or a mount point to assign to the volume.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FileSystem<FileSystem>

Specifies the file system to use for the volume. The cmdlet formats the volume with the file system you specify. このパラメーターに対して使用できる値:

-- NTFS
-- ReFS
-- CSVFS_NTFS
-- CSVFS_ReFS


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-FriendlyName<String>

Specifies a friendly name. The cmdlet creates the volume with this name.


エイリアス

VolumeFriendlyName

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<CimInstance[]>

このコマンドレットへの入力を指定します。このパラメーターを使用するか、パイプを使用して入力をこのコマンドレットに渡すことができます。


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-NumberOfColumns<UInt16>

Specifies the number of columns to create on the virtual disk.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PhysicalDiskRedundancy<UInt16>

Specifies the physical disk redundancy value to use during the creation of the virtual disk. This value represents how many failed physical disks the virtual disk can tolerate without data loss for two-way mirror spaces (1), three-way mirror spaces (2), single-parity spaces (1), and dual parity spaces (2)..


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ProvisioningType<ProvisioningType>

Specifies the type of provisioning. このパラメーターに対して使用できる値: Fixed, or Thin. Storage spaces that use storage tiers or dual parity must use Fixed provisioning.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ResiliencySettingName<String>

Specifies the name of the desired resiliency setting, for example, Simple, Mirror, or Parity.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Size<UInt64>

Specifies the size of the volume to create.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StoragePoolFriendlyName<String[]>

Specifies an array of storage pool friendly names. The cmdlet creates the volume in the storage pools you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-StoragePoolName<String[]>

Specifies an array of storage pool names. The cmdlet creates the volume in the storage pools you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-StoragePoolUniqueId<String[]>

Specifies an array of unique IDs, as strings. The cmdlet creates the volume in the storage pools you specify.


エイリアス

StoragePoolId

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-StorageTiers<CimInstance[]>

Specifies an array of storage tiers. The cmdlet creates the virtual disk for the volume with the storage tiers you specify. To obtain a storage tier object, use the New-StorageTier cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StorageTierSizes<UInt64[]>

Specifies an array of storage tier sizes. The cmdlet creates the virtual disk for the volume with the storage tier sizes you specify.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • To create a volume on a new storage space with enclosure-awareness enabled (providing resiliency for an entire JBOD enclosure failure), use the Set-StoragePool cmdlet with the –EnclosureAwareDefault $true parameter to set the storage pool to create storage spaces with enclosure awareness enabled by default.

Example 1: Create a volume on a mirror space

This command creates a new storage space in the CompanyData pool using the Mirror resiliency setting and fixed provisioning, and then formats the volume with the NTFS file system and assigns drive letter M.


PS C:\> New-Volume -StoragePoolName "CompanyData" -FriendlyName "TestVolume" -Size 10GB -ResiliencySettingName "Mirror" -FileSystem NTFS -AccessPath "M: "-ProvisioningType Fixed

Example 2: Create a volume on a new tiered storage space

This command creates new storage space in the CompanyData pool using the Mirror resiliency setting, fixed provisioning, a 20 GB SSD storage tier, and an 80 GB HDD storage tier, and then formats the volume with the NTFS file system and assigns drive letter M.


PS C:\> New-Volume -StoragePoolFriendlyName "CompanyData" -FriendlyName "UserData" -AccessPath "M:" -ResiliencySettingName "Mirror" -ProvisioningType "Fixed" -StorageTiers (Get-StorageTier -FriendlyName "*SSD*"), (Get-StorageTier -FriendlyName "*HDD*") -StorageTierSizes 20GB, 80GB -FileSystem NTFS

コミュニティの追加

追加
表示: