Set-SmbBandwidthLimit

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-SmbBandwidthLimit

Adds an SMB bandwidth cap.

構文

Parameter Set: Set0
Set-SmbBandwidthLimit -BytesPerSecond <UInt64> -Category <BandwidthLimitCategory> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-SmbBandwidthLimit cmdlet adds a Server Message Block (SMB) bandwidth cap for the traffic categories that you specify. SMB bandwidth caps limit the amount of data that the server can send for each traffic category.

パラメーター

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-BytesPerSecond<UInt64>

Specifies the maximum number of bytes per second that the server can send for the traffic categories that you specify. You can specify units after the number of bytes, such as KB, MB, and GB. You cannot specify a value smaller than 1MB (1048576 bytes) for this parameter.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Category<BandwidthLimitCategory>

Specifies an array of categories of the SMB bandwidth limits to add. このパラメーターに対して使用できる値:

-- Default
-- VirtualMachine
-- LiveMigration


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Before you can use this cmdlet, you must enable the feature by using the following command:
    Add-WindowsFeature -Name FS-SMBBW
    For more information, type Get-Help Install-WindowsFeature. When you enable the feature, the SMB server creates a new SMB performance counter set that has an instance per category. The performance counters in this set use the same counters as the SMB Client Shares performance counters.

Example 1: Add an SMB limit

This command limits SMB traffic to 100 megabytes per second for traffic that is unrelated to Hyper-V over SMB or Live Migration.


PS C:\> Set-SmbBandwidthLimit -Category Default -BytesPerSecond 100MB

Example 2:

This command limits SMB traffic to 1 gigabyte per second for Live Migration.


PS C:\> Set-SmbBandwidthLimit -Category LiveMigration -BytesPerSecond 1GB

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: