Get-SCStorageFabricClassification

Get-SCStorageFabricClassification

Gets a Fibre Channel fabric classification object.

構文

Parameter Set: All
Get-SCStorageFabricClassification [[-Name] <String> ] [-All] [-VMMServer <ServerConnection> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ID
Get-SCStorageFabricClassification [[-Name] <String> ] [-ID <Guid]> ] [-VMMServer <ServerConnection> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-SCStorageFabricClassification cmdlet gets a Fibre Channel classification object.

パラメーター

-All

Indicates that this cmdlet retrieves a full list of all subordinate objects independent of the parent object. For example, the command Get-SCVirtualDiskDrive -All retrieves all virtual disk drive objects regardless of the virtual machine object or template object that each virtual disk drive object is associated with.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ID<Guid]>

Specifies the numerical identifier as a globally unique identifier (GUID) for a specific object.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies the name of a VMM object.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

1

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-VMMServer<ServerConnection>

Specifies a VMM server object.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • StorageFabricClassification

Example 1: Get a storage fabric classification by name

This command gets the storage fabric classification named PROD.


PS C:\> Get-SCStorageFabricClassification -Name "PROD"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: