Get-SCNetworkServiceCertificateUrl

Get-SCNetworkServiceCertificateUrl

Gets the URL for a network service certificate.

構文

Parameter Set: Default
Get-SCNetworkServiceCertificateUrl -ConfigurationProvider <ConfigurationProvider> -ConnectionString <String> -RunAsAccount <RunAsAccount> [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-SCNetworkServiceCertificateUrl cmdlet gets the URL for a network service certificate.

パラメーター

-ConfigurationProvider<ConfigurationProvider>

Specifies a configuration provider object. A configuration provider is a plug-in to VMM that translates VMM PowerShell commands to API calls that are specific to a type of load balancer. If no configuration provider is specified, VMM uses the Manufacturer and Model information to choose an available configuration provider. If no configuration provider is found, the load balancer is not added.


エイリアス

none

必須?

true

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ConnectionString<String>

Specifies the information required to connect to the virtual switch extension manager.


エイリアス

none

必須?

true

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RunAsAccount<RunAsAccount>

Specifies a Run As account that contains credentials with permission to perform this action.


エイリアス

none

必須?

true

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: