Remove-SCStorageFabricClassification

Remove-SCStorageFabricClassification

Removes a Fibre Channel fabric classification from VMM.

構文

Parameter Set: Default
Remove-SCStorageFabricClassification [-StorageFabricClassification] <StorageFabricClassification> [-JobVariable <String> ] [-PROTipID <Guid]> ] [-RunAsynchronously] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Remove-SCStorageFabricClassification cmdlet removes a Fibre Channel fabric classification from Virtual Machine Manager (VMM).

パラメーター

-JobVariable<String>

Specifies that job progress is tracked and stored in the variable named by this parameter.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PROTipID<Guid]>

Specifies the ID of the PRO tip that triggered this action. This allows for auditing of PRO tips.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-RunAsynchronously

Indicates that the job runs asynchronously so that control returns to the command shell immediately.


エイリアス

none

必須?

false

位置は?

named

既定値

none

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-StorageFabricClassification<StorageFabricClassification>

Specifies a classification for storage Fibre Channel fabric.


エイリアス

none

必須?

true

位置は?

1

既定値

none

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • StorageFabricClassification

Example 1: Remove a storage fabric classification

This command gets the storage fabric classification object named PROD, and uses the pipeline operator to pass the object to Remove-SCStorageFabricClassification. That cmdlet removes the classification from VMM.


PS C:\> Get-SCStorageFabricClassification -Name "PROD" | Remove-SCStorageFabricClassification

関連トピック

表示: