Add-AdfsCertificate

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Add-AdfsCertificate

Adds a new certificate to AD FS for signing, decrypting, or securing communications.

構文

Parameter Set: Default
Add-AdfsCertificate -CertificateType <String> -Thumbprint <String> [-IsPrimary] [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-AdfsCertificate cmdlet adds a new certificate to Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) for token signing, token decrypting, card signing, or securing communications.

パラメーター

-CertificateType<String>

Specifies the type and purpose of the certificate. このパラメーターに対して使用できる値:

-- Service-Communications
-- Token-Encryption
-- Token-Signing


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IsPrimary

Indicates that the certificate is primary or not. Primary token-signing certificates are used to digitally sign outgoing claims. Primary token-encrypting certificates are published in federation metadata for use by trusted claims providers. Service communications certificates are always primary certificates.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Thumbprint<String>

Specifies the thumbprint of the certificate to use.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

  • Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 2.0 uses certificates for issuing and receiving tokens, publishing federation metadata and communicating through Secure Sockets Layer (SSL).

Example 1: Add a token-signing certificate

This command adds a token-signing certificate with the thumbprint fedd995b45e633d4ef30fcbc8f3a48b627e9a28b.


PS C:\> Add-AdfsCertificate -CertificateType "Token-Signing" -Thumbprint ‎"fedd995b45e633d4ef30fcbc8f3a48b627e9a28b"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: