New-AdfsSamlEndpoint

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

New-AdfsSamlEndpoint

Creates a SAML protocol endpoint object.

構文

Parameter Set: Default
New-AdfsSamlEndpoint -Binding <String> -Protocol <String> -Uri <Uri> [-Index <Int32> ] [-IsDefault <Boolean> ] [-ResponseUri <Uri> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-AdfsSamlEndpoint cmdlet creates a Security Assertion Markup Language (SAML) protocol endpoint object.

パラメーター

-Binding<String>

Specifies the binding type of the endpoint. このパラメーターに対して使用できる値: POST, SOAP, Artifact, and Redirect.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Index<Int32>

Specifies the index that is defined for this endpoint.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IsDefault<Boolean>

Indicates whether this is a default endpoint for the particular protocol type.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Protocol<String>

Specifies the type of service at the endpoint. このパラメーターに対して使用できる値: SAMLSingleSignOn, SAMLArtifactResolution, SAMLLogout, and SAMLAssertionConsumer.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ResponseUri<Uri>

Specifies the response URI for the endpoint.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Uri<Uri>

Specifies the URI of this endpoint.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.IdentityServer.PowerShell.Resources.SamlEndpoint

    This cmdlet generates a class structure that represents a SAML endpoint resource object.


  • You can associate this object with a relying party trust or claims provider trust by using the corresponding cmdlets.

Example 1: Create a SAML endpoint and assign it to a relying party

The first command creates a SAML endpoint, and then stores it in the $EP variable.

The second command uses the Set-AdfsRelyingPartyTrust cmdlet to assign the endpoint stored in $EP to a relying party trust named My application.


PS C:\> $EP = New-AdfsSamlEndpoint -Binding "POST" -Protocol "SAMLAssertionConsumer" -Uri "https://fabrikam.com/saml/ac"
PS C:\> Set-AdfsRelyingPartyTrust -Name "My application" -SamlEndpoint $EP

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: