Set-AdfsSslCertificate

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-AdfsSslCertificate

Sets an SSL certificate for HTTPS bindings for AD FS and the device registration service.

構文

Parameter Set: Default
Set-AdfsSslCertificate -Thumbprint <String> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-AdfsSslCertificate cmdlet sets an SSL certificate for HTTPS bindings for Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) and, if configured, the device registration service. The subject name of the specified certificate must match the federation service name. Use this cmdlet to change the SSL certificate associated with the AD FS service. You must run this cmdlet on each AD FS server in the AD FS farm.

パラメーター

-Thumbprint<String>

Specifies the thumbprint of a certificate. The thumbprint that you specify corresponds to the certificate installed on the in the local store.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • System.Object

Example 1: Set a certificate

This command sets the specified certificate for HTTPS bindings for AD FS and, if configured, the device registration service.


PS C:\> Set-AdfsSslCertificate -Thumbprint "FC85DDB0FC58E63D8CB52654F22E4BE7900FE349"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: