Get-AdfsAuthenticationProviderWebContent

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Get-AdfsAuthenticationProviderWebContent

Retrieves web content objects for authentication providers.

構文

Parameter Set: Default
Get-AdfsAuthenticationProviderWebContent [-Locale <CultureInfo> ] [-Name <String[]> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Get-AdfsAuthenticationProviderWebContent cmdlet retrieves web content objects for all authentication providers, or a specified authentication provider in a locale. Specify an authentication provider by its name. If you do not supply an authentication provider name, the cmdlet retrieves all authentication provider web content objects. If you do not specify the locale, the cmdlet retrieves web content for all locales. The cmdlet does not return any information if you do not use the Set-AdfsAuthenticationProviderWebContent cmdlet to customize the authentication provider web content.

パラメーター

-Locale<CultureInfo>

Specifies a locale. The cmdlet gets the provider web content associated for the locale that you specify.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String[]>

Specifies a array of names. The cmdlet gets the provider web content associated for the names that you specify.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: