Add-AdfsWebApplicationProxyRelyingPartyTrust

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Add-AdfsWebApplicationProxyRelyingPartyTrust

Adds a relying party trust for the Web Application Proxy.

構文

Parameter Set: Default
Add-AdfsWebApplicationProxyRelyingPartyTrust [-Name] <String> [-Identifier] <String[]> [-AdditionalAuthenticationRules <String> ] [-AdditionalAuthenticationRulesFile <String> ] [-AlwaysRequireAuthentication] [-Enabled <Boolean> ] [-NotBeforeSkew <Int32> ] [-Notes <String> ] [-PassThru] [-TokenLifetime <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-AdfsWebApplicationProxyRelyingPartyTrust cmdlet adds a relying party trust for Web アプリケーション プロキシ. Authentication and authorization policies for access to internal web applications through the proxy require Web アプリケーション プロキシ relying party trust. By default, when you deploy Web アプリケーション プロキシ, a relying party trust exists.

The Web Application Proxy relying party trust is useful to manage global network access from outside the corporate network. By setting authentication and authorization policies, an administrator can restrict access to internal web applications and services that are published through the Web Application Proxy.

パラメーター

-AdditionalAuthenticationRules<String>

Specifies rules for additional authentication on the proxy. For more information about the claims language for rules, see Understanding Claim Rule Language in AD FS 2.0 & Higher (http://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/4792.understanding-claim-rule-language-in-ad-fs-2-0-higher.aspx) on TechNet.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AdditionalAuthenticationRulesFile<String>

Specifies a file that contains rules for additional authentication for this relying party.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AlwaysRequireAuthentication

Indicates that the proxy requires authentication for access, even if the proxy has previously authenticated credentials for access. Specify this parameter to require users to always supply credentials to access sensitive resources.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enabled<Boolean>

Indicates whether to enable this relying party trust. Specify a value of $True for this parameter to allow authentication and authorization to the proxy.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Identifier<String[]>

Specifies an array of unique identifiers. The proxy uses the identifiers that you specify to specify its corresponding relying party trust when it initiates sign-in requests to obtain tokens for itself. No other trust can use an identifier from this list. As common practice, you can use Uniform Resource Identifiers (URIs) as unique identifiers for a relying party trust, or use any string.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies a name. The cmdlet adds the Web アプリケーション プロキシ relying party trust that has the friendly name that you specify.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NotBeforeSkew<Int32>

Specifies the skew, as an integer, for the time stamp that marks the beginning of the validity period. The higher this number is, the further back in time the validity period begins with respect to the time that the claims are issued for the relying party. By default, this value is 0. Specify a positive value if validation fails on the Web アプリケーション プロキシ relying party because the validity period has not yet begun.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Notes<String>

Specifies notes. The cmdlet stores the notes that you specify for the Web アプリケーション プロキシ relying party trust.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TokenLifetime<Int32>

Specifies the duration, in minutes, for which the claims that are issued to the relying party are valid.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

60

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

Example 1: Add a relying party trust

This command adds the Web アプリケーション プロキシ relying party trust. When you first deploy the Web アプリケーション プロキシ role service, the trust exists by default. Use this example only if you deleted the Web アプリケーション プロキシ relying party trust.


PS C:\> Add-AdfsWebApplicationProxyRelyingPartyTrust

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: