Enable-AdfsClaimsProviderTrust

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Enable-AdfsClaimsProviderTrust

Enables a claims provider trust in the Federation Service.

構文

Parameter Set: Identifier
Enable-AdfsClaimsProviderTrust -TargetIdentifier <String> [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: IdentifierName
Enable-AdfsClaimsProviderTrust -TargetName <String> [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: IdentifierObject
Enable-AdfsClaimsProviderTrust -TargetClaimsProviderTrust <ClaimsProviderTrust> [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: TokenSigningCertificates
Enable-AdfsClaimsProviderTrust -TargetCertificate <X509Certificate2> [-PassThru] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Enable-AdfsClaimsProviderTrust cmdlet enables a claims provider trust in the Federation Service.

パラメーター

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetCertificate<X509Certificate2>

Specifies the token-signing certificate of the claims provider trust to enable.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetClaimsProviderTrust<ClaimsProviderTrust>

Specifies a ClaimsProviderTrust object. The cmdlet enables the claims provider trust that you specify. To obtain a ClaimsProviderTrust object, use the Get-AdfsClaimsProviderTrust cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetIdentifier<String>

Specifies the identifier of the claims provider trust to enable.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-TargetName<String>

Specifies the name of the claims provider trust to enable.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.IdentityServer.PowerShell.Resources.ClaimsProviderTrust



    A class structure that represents the claims provider trusts for the Federation Service.



出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None

  • A relying party in Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 2.0 is an organization in which Web servers that host one or more Web-based applications reside. Tokens and Information Cards that originate from a claims provider can then be presented and ultimately accessed by the Web-based resources that are located in the relying party organization. When AD FS 2.0 is configured in the role of the relying party, it acts as a partner that trusts a claims provider to authenticate users. Therefore, the relying party accesses the claims that are packaged in security tokens that come from users in the claims provider. In other words, a relying party is the organization whose Web servers are protected by the resource-side federation server. The federation server in the relying party uses the security tokens that the claims provider produces to issue tokens to the Web servers that are located in the relying party.

Example 1: Enable a claims provider trust

This command enables a claims provider trust with the name Fabrikam claims provider.


PS C:\> Enable-AdfsClaimsProviderTrust -TargetName "Fabrikam claims provider"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: