about_WAP_Updating_Help

更新日: 2013年11月

適用対象: Windows Azure Pack for Windows Server

about_WAP_Updating_Help

トピック
    about_WAP_Updating_Help

簡単な説明
    Windows Azure パック コマンドレット ヘルプのインストール方法および更新
    方法に関する情報を提供します。

詳しい説明
    Windows PowerShell 3.0 では、コマンドレット ヘルプのインストールおよび
    更新に使用できる新しいコマンドレット Update-Help が導入されました。
    Windows Azure パックは、この方法を使用して、最新のコマンドレット ヘルプ
    を提供します。

    Update-Help コマンドレットを使用すると、最新のコマンドレット ヘルプ
    ファイルがダウンロードされ、コンピューターにインストールされます。これら
    のヘルプ ファイルは、Get-Help コマンドレットで表示される形式になります。

  インターネットから Windows Azure パック コマンドレット ヘルプを更新する

      インターネットから Windows Azure パック コマンドレット ヘルプを
      インストールするには、[管理者として実行] オプションを使用して Windows
      PowerShell コマンド シェルを開きます。その後、コマンド プロンプトで
      次のように入力します。

      Update-Help -Module MgmtSvcConfig

      Update-Help コマンドレットは、コンピューター上のヘルプ ファイルの
      バージョンを確認し、ヘルプ ファイル自体がない場合または最新のヘルプ
      ファイルがない場合は、インターネットから最新のヘルプ ファイルをダウン
      ロードしてコンピューターにインストールします。このコマンドにより、
      Windows Azure パック コマンドレットのヘルプが更新されます。他の
      Windows Azure パック コマンドレット モジュールのヘルプを更新するには、
      次のいずれかを入力します。

        モジュール            名前
        ----------         ------------
        Administrative     MgmtSvcAdmin
        SQL Server         MgmtSvcSqlServer
        MySQL              MgmtSvcMySql

      更新されたヘルプ トピックを表示するには、Get-Help コマンドレットを使用
      してください。変更を有効にするために Windows PowerShell コマンド シェル
      を再起動する必要はありません。

      ヘルプの更新の詳細については、「Get-Help Update-Help」と
      入力してください。

  ファイル共有から Windows Azure パック コマンドレット ヘルプを更新する

      インターネットに接続していないコンピューターから Windows Azure パック
      コマンドレットを実行する場合は、Save-Help コマンドレットを使用すると、
      インターネットにアクセスできるコンピューターから最新の Windows Azure
      パック コマンドレット ヘルプ ファイルをダウンロードした後、指定の
      ディレクトリにそのファイルを保存できます。

      Windows Azure パック コマンドレット ヘルプ ファイルをダウンロードして
      ファイル共有に保存するには、Windows PowerShell コマンド シェルを開き、
      コマンド プロンプトで次のように入力します (保存先のパスは、使用環境に
      適したパスに変更します)。

      Save-Help -DestinationPath "\\Server01\FileShare01" -Module MgmtSvcConfig

      Save-Help コマンドレットは、保存先ディレクトリ内のヘルプ ファイルの
      バージョンを確認し、より新しいヘルプ ファイルがリリースされている場合
      は、インターネットから最新の Windows Azure パック コマンドレット ヘルプ
      ファイルをダウンロードしてそのディレクトリに保存します。Save-Help 
      コマンドレットの動作は、Update-Help コマンドレットに似ています。ただし、
      Save-Help コマンドレットは、ダウンロードしたキャビネット (.cab) ファイル
      からヘルプ ファイルを抽出してコンピューターにインストールするのでは
      なく、そのキャビネット ファイルをディレクトリに保存する点が異なります。

      保存したヘルプ ファイルを、Windows Azure パック モジュールがインストール
      されているコンピューターにインストールするには、[管理者として実行]
      オプションを使用して Windows PowerShell コマンド シェルを開きます。
      その後、ヘルプ ファイルを保存したディレクトリを指定する SourcePath
      パラメーターを指定して Update-Help コマンドレットを使用します。
      次に例を示します。

      Update-Help -SourcePath "\\Server01\FileShare01" -Module MgmtSvcConfig

      ヘルプのダウンロードおよび保存の詳細については、「Get-Help Save-Help」
      と入力してください。

関連項目
    Update-Help
    Save-Help
    Import-Module
    Get-Module
 
表示: