New-ADAuthenticationPolicySilo

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

更新日: 2015年7月

適用対象: Windows 8.1, Windows PowerShell 4.0, Windows Server 2012 R2

New-ADAuthenticationPolicySilo

Creates an Active Directory ドメイン サービス authentication policy silo object.

構文

Parameter Set: Default
New-ADAuthenticationPolicySilo [-Name] <String> [-AuthType <ADAuthType> {Negotiate | Basic} ] [-ComputerAuthenticationPolicy <ADAuthenticationPolicy> ] [-Credential <PSCredential> ] [-Description <String> ] [-Enforce] [-Instance <ADAuthenticationPolicySilo> ] [-OtherAttributes <Hashtable> ] [-PassThru] [-ProtectedFromAccidentalDeletion <Boolean> ] [-Server <String> ] [-ServiceAuthenticationPolicy <ADAuthenticationPolicy> ] [-UserAuthenticationPolicy <ADAuthenticationPolicy> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-ADAuthenticationPolicySilo cmdlet creates an authentication policy silo object in Active Directory® ドメイン サービス.

パラメーター

-AuthType<ADAuthType>

Specifies the authentication method to use. このパラメーターに対して使用できる値:

-- Negotiate or 0
-- Basic or 1

The default authentication method is Negotiate. A Secure Sockets Layer (SSL) connection is required for the Basic authentication method.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

Microsoft.ActiveDirectory.Management.AuthType.Negotiate

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerAuthenticationPolicy<ADAuthenticationPolicy>

Specifies the authentication policy that applies to computer accounts.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies a user account that has permission to perform the task. The default is the current user. Type a user name, such as User01 or Domain01\User01, or enter a PSCredential object, such as one generated by the Get-Credential cmdlet.

By default, the cmdlet uses the credentials of the currently logged on user unless the cmdlet is run from an Active Directory ドメイン サービス Windows PowerShell provider drive. If you run the cmdlet in a provider drive, the account associated with the drive is the default.

If you specify credentials that do not have permission to perform the task, the cmdlet returns an error.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Description<String>

Specifies a description for the object. This parameter sets the value of the description property for the object. The Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) display name (ldapDisplayName) for this property is description.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Enforce

Indicates that the authentication policy silo is enforced.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Instance<ADAuthenticationPolicySilo>

Specifies an instance of an ADAuthenticationPolicySilo object to use as a template for a new ADAuthenticationPolicySilo object. To get the ADAuthenticationPolicySilo object to use as a template, use the Get-ADAuthenticationPolicySilo cmdlet.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies the name of the object. This parameter sets the Name property of the Active Directory ドメイン サービス object. The LDAP display name (ldapDisplayName) of this property is name.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-OtherAttributes<Hashtable>

Specifies a list of object attribute values for attributes that are not represented by other parameters. You can set one or more attributes at the same time with this parameter, and if an attribute takes more than one value you can assign multiple values. To identify an attribute, specify the LDAP display name (ldapDisplayName) defined for it in the Active Directory ドメイン サービス schema.

Specify the attribute and the value of the attribute in the following format: @{'AttributeLDAPDisplayName'=value}.

To specify multiple values for an attribute, specify a comma separated list the values for the display name. You can specify values for more than one attribute by using semicolons to separate attribute value pairs.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ProtectedFromAccidentalDeletion<Boolean>

Indicates whether to prevent the object from being deleted. When this property is set to true, you cannot delete the corresponding object without changing the value of the property. このパラメーターに対して使用できる値:

-- $False or 0
-- $True or 1


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

$true

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Server<String>

Specifies the Active Directory ドメイン サービス instance to which to connect, by providing one of the following values for a corresponding domain name or directory server. The service may be any of the following: Active Directory Lightweight Domain Services, Active Directory ドメイン サービス or Active Directory snapshot instance.

Specify the Active Directory ドメイン サービス instance in one of the following ways:

Domain name values:

-- Fully qualified domain name
-- NetBIOS name

Directory server values:

-- Fully qualified directory server name
-- NetBIOS name
-- Fully qualified directory server name and port

The default value for this parameter is determined by one of the following methods in the order that they are listed:

-- By using the Server value from objects passed through the pipeline
-- By using the server information associated with the Active Directory ドメイン サービス Windows PowerShell provider drive, when the cmdlet runs in that drive
-- By using the domain of the computer running Windows PowerShell


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ServiceAuthenticationPolicy<ADAuthenticationPolicy>

Specifies the authentication policy that applies to managed service accounts.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-UserAuthenticationPolicy<ADAuthenticationPolicy>

Specifies the authentication policy that applies to user accounts.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.ActiveDirectory.Management.ADAuthenticationPolicy, System.String, System.Management.Automation.SwitchParameter: System.Nullable`1[[System.Boolean, mscorlib, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089]]

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • System.Object

Example 1: Create an authentication policy silo and enforce it

This command creates an authentication policy silo object and enforces it.


PS C:\> New-ADAuthenticationPolicySilo -Name AuthenticationPolicySilo01 -Enforce

Example 2: Create an authentication policy silo without enforcement

This command creates an authentication policy silo object but does not enforce it.


PS C:\> New-ADAuthenticationPolicySilo -Name AuthenticationPolicySilo02

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: