IT プロフェッショナル向けのソリューション ガイダンス

 

Microsoft ソリューションのコンテンツは、IT 担当者の実際のビジネス問題の解決に役立つように設計されています。このコンテンツには、設計の考慮事項とソリューションの 2 つの種類のガイダンスが含まれます。下のすべてのカテゴリに両方の種類のガイダンスがあるわけではありません。

設計の考慮事項ガイド

設計の考慮事項では、重要な設計の考慮事項と、ビジネスのソリューションの設計時に評価する構成オプションを集めて提示しています。これらのガイドを使用して、組織の特定の要件を最もよく満たすオプションを評価し、選択することによって、独自の設計を作成することができます。

ソリューション ガイド

ソリューションは、多くの組織に共通する要件があるソリューションの実装のための実証済みの設計と手順を提供することで、実際のビジネスの問題の解決に役立つように設計されています。ソリューションを迅速に確信を持って展開するために役立つ、優先されるまたはベスト プラクティス ベースのソリューション設計について詳しく説明しています。

現在、次のカテゴリのソリューション ガイダンスを用意しています。

仮想化

仮想化

Microsoft の仮想化テクノロジを使用して、データ センターとハイブリッド クラウド インフラストラクチャを最適化できます。より多くのワークロードをより少ない物理サーバーに統合することでコストを削減し、社内とクラウド内で同じ仮想化ファブリックと管理テクノロジと仮想マシンを使用することで、効率を高めることができます。


設計の考慮事項ガイド:

ソフトウェアによるネットワーク制御

ソフトウェアによるネットワーク制御

ソフトウェアによるネットワーク制御は、ハードウェアではなく、ソフトウェアでアプリケーションとワークロードの要件をより適切に満たすために役立つ方法で、ネットワークを動的に管理できるようにすることです。


ソリューション:

エンタープライズ記憶域

エンタープライズ記憶域

エンタープライズ記憶域は、ビジネスの最大のコストの 1 つに相当するデジタル情報の保存と取得のことです。これらのソリューションは、コストを削減しながら、高性能の記憶域を提供することです。


ソリューション:

アクセスと情報の保護

アクセスと情報の保護

アクセスと情報の保護は、データ センター全体とクラウドでユーザー ID を管理し、企業リソースにセキュリティ保護されたアクセスを提供することです。実際の AIP ソリューションでは、個人のデバイスから保護された企業データへのアクセスを可能にすることと、リスクを管理し、企業リソースの使用を制御できるようにすることのバランスを取ります。


設計の考慮事項ガイド:

ソリューション:

ハイブリッド ID 管理

ハイブリッド ID 管理

ハイブリッド ID 管理により、ユーザーに企業のすべてのリソースにアクセスするためのシングル サインオンを提供する一方、組織の重要なリソースと機密性の高い企業リソースへのアクセスを制御するポリシーを設定できます。


ソリューション:

モバイル デバイス管理

モバイル デバイス管理

社内とクラウドの両方に、統合されたアプリケーションおよびデバイス管理を提供することで、BYOD (Bring Your Own Device) イニシアチブをサポートし、企業のアプリケーションおよびデータへの一貫したアクセスと保護を提供しながら、ユーザーが選択したデバイスから、作業できるようにします。


ソリューション:

ビジネス継続性

ビジネス継続性

ビジネス継続性により、重要なビジネス機能にアクセスする必要があるお客様やその他のユーザーがそれらを確実に利用できます。実際のソリューションでは、計画的ダウンタイムの削減と障害が発生した場合の迅速な回復を可能にする一方で、重要なデータとアプリケーションを保護することができます。


ソリューション:

エンタープライズ コラボレーション

エンタープライズ コラボレーション

実際のテクノロジ ソリューションでは、さまざまな製品とサービスが緊密に連携する必要があります。BI 環境を設計する場合でも、またはメッセージング環境をドキュメント リポジトリとシームレスに連携させる場合でも関係なく、コストの削減やソリューションの管理を簡単にするための社内製品およびクラウド サービス エクスペリエンスが必要です。


ソリューション:

表示: