Set-HcsWebProxy

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Set-HcsWebProxy

Sets the web proxy configuration.

構文

Parameter Set: Default
Set-HcsWebProxy [-Authentication <WebProxyAuthType> ] [-ConnectionURI <String> ] [-Force] [-Password <SecureString> ] [-Username <String> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-HcsWebProxy cmdlet sets the web proxy configuration for this device. After you set the configuration, you must enable the web proxy by using the Enable-HcsWebProxy cmdlet.

パラメーター

-Authentication<WebProxyAuthType>

Specifies the type of authentication to use. このパラメーターに対して使用できる値:

-- None
-- Basic
-- NTLM


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ConnectionURI<String>

Specifies the URI for the web proxy server.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

ユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Password<SecureString>

Specifies a password. Specify a secure string for this parameter. The cmdlet uses this password to connect to the web proxy.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Username<String>

Specifies a user name for the web proxy.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.HCS.Management.Platform.Support.WebProxyInfo

    The WebProxyInfo object has the following properties:

    -- String ConnectionURI
    -- WebProxyAuthType Authentication
    -- String Username
    -- IsEnabled


Example 1: Configure a web proxy

This command configures the web proxy that has the URI http://myproxy:8080. The proxy uses no authentication.


PS C:\> Set-HcsWebProxy -Authentication None -ConnectionURI "http://myproxy:8080"

Example 2: Configure a web proxy with NTLM authentication

This command configures the web proxy to use NTLM authentication for user named ENarvaez.


PS C:\> Set-HcsWebProxy -Authentication NTLM -ConnectionURI "http://myproxy:8080" -Username "ENarvaez"

Example 3: Configure a web proxy with Basic authentication

This command configures the web proxy to use Basic authentication with no password.


PS C:\> Set-HcsWebProxy -Authentication Basic -ConnectionURI "http://myproxy:8080" -Password $Null -Username "ENarvaez" 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: