Enable-HcsRemoteManagement

Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1

Enable-HcsRemoteManagement

Enables remote Windows PowerShell management.

構文

Parameter Set: Default
Enable-HcsRemoteManagement [-AllowHttp] [-Force] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Enable-HcsRemoteManagement cmdlet enables remote Windows PowerShell® management for this device. You can manage remotely by using the SSAdmin console session configuration and the Support session configuration. By default, the cmdlet enables remote management over HTTPS only. Specify the AllowHttp parameter to enable remote management over HTTP as well.

To obtain the required certificate for connecting by using HTTPS, use the Get-HcsRemoteManagementCert cmdlet.

For more information about how to run remote commands in Windows PowerShell, type Get-Help about_Remote.

パラメーター

-AllowHttp

Indicates that the cmdlet enables remote management over HTTP as well as HTTPS.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

ユーザーの確認を求めずにコマンドを強制的に実行します。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • This cmdlet does not generate any output.


Example 1: Enable remote management

This command enables remote management for this device. You can manage the device by using HTTP or HTTPS.


PS C:\> Enable-HcsRemoteManagement -AllowHttp

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: