Outlook 2013 に対するウイルス対策スキャンを計画する

Office 2013
 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: ファイル レベル スキャンを実行するウイルス対策ソフトウェアを組織で使用する場合、特定のファイルをスキャンから除外する必要がある場合があります。この記事では、除外するファイルとその理由について説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

Outlook 2013 ファイルとメール メッセージに対するウイルス対策スキャン設定を計画する際、スキャン中に特定の Outlook ファイルが使用されている場合に生じる可能性がある問題に注意する必要があります。

 

ユーザーですか

この記事は管理者ではないユーザー向けではありませんが、メッセージ内の画像を自動ダウンロードするかどうかを設定する方法や、セキュリティ センターのオプションと設定を表示する方法を理解するうえで役立ちます。

管理者ですか

管理者の場合、ファイル レベル スキャンを実行するように設定されたウイルス対策ソフトウェアを組織で使用する場合に、スキャンから除外する Outlook 関連ファイルについてこの記事の説明をお読みください。

この記事の内容

Outlook データ ファイル (*.pst) とオフライン フォルダー ファイル (*.ost) は、最も頻繁にアクセスされる Outlook ファイルです。ウイルス対策ソフトウェアを使用してこれらのファイルに対するファイル レベル スキャンを実施する場合は、Outlook の使用中に、データ破損問題が発生する可能性があります。

データ破損問題は、Outlook アドレス帳ファイル (*.oab)、送受信設定ファイル (*.srs )、*.xml ファイル、Outlprnt をスキャンした場合にも発生する可能性がありますが、ユーザーがこれらのファイルにアクセスする頻度はかなり低いため、問題が発生する確率も非常に低くなります。

Microsoft Outlook の次のファイルのスキャンを無効にすることをお勧めします。

  • *.oab (Outlook アドレス帳のファイル)

    %userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Offline Address Books\<guid>

  • *.srs (送受信設定ファイル)

    %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook

  • ナビゲーション ウィンドウの設定ファイル profile_name.xml

    %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook\<profile name>.xml

    <profile name> は Outlook メッセージング プロファイルの名前であり、コントロール パネルの [Mail] アプレットに示されます。

  • outlprnt (印刷スタイル)

    %userprofile%\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook

メモ

  • ウイルス対策ソフトウェアによるスキャンから、この記事で言及しているファイルやフォルダーを除外することのリスクについては承知しています。どのファイルやフォルダーもスキャンから除外しないほうが、システムはより安全である可能性があります。

  • これらのファイルをスキャンするとき、ファイルのロックのため、パフォーマンスとオペレーティング システムの信頼性の問題が発生する可能性があります。

  • これらのファイルのいずれかを単にファイル名拡張子に基づいて除外しないでください。たとえば、拡張子 .xml を持つファイルすべてを除外しないでください。Microsoft はこの記事に記載したファイルと同じ拡張子を使用する他のファイルに対して制御することはできません。

*.pst、*.ost、および他の Outlook ファイルを直接スキャンすることはお勧めできません。代わりに、メール サーバーと Outlook クライアント コンピューターでメール メッセージ添付ファイルをスキャンすることをお勧めします。

  • メール サーバーでメール メッセージをスキャンするには、送受信メールをスキャンするために開発されたウイルス対策ソフトウェアを使用する必要があります。

    • Exchange Server 上のメール メッセージをスキャンするには、Exchange 対応ウイルス対策ソフトウェア プログラムを使用します。

    • メール メッセージがインターネット サービス プロバイダー (ISP) に配置されたメール サーバー上にある場合、その ISP が送受信メールをスキャンするウイルス対策ソフトウェアを使用していることを確認してください。

  • クライアント コンピューター上でメール メッセージに含まれる添付ファイルをスキャンするには、クライアント コンピューターでウイルス対策ソフトウェアを使用します。この方法は、メール サーバー上のウイルス対策ソフトウェアが望ましくないメッセージを識別できなかったことが原因で、メール クライアントにそのメッセージが届く場合にお勧めします。

表示: