データ移行をリクエストする方法

 

適用先:Office 365

トピックの最終更新日:2017-04-17

メモメモ:
このページの情報は、リージョンで新しいデータセンターが開設される前に、既存の Office 365 テナントを使用していたお客様にのみ適用されます。

既存の Office 365 のお客様は、Office 365 サービスに参加しているお客様のデータを新しいリージョンへ移行するために、お住まいの国の期限より前にリクエストを送信する必要があります。

各リージョンの期限が過ぎた後に、移行に関するリクエストを受け付けることはできません。

 

請求先住所のお客様 リクエスト期間の開始 リクエストの期限

日本

2016 年 8 月 1 日

2016 年 10 月 31 日

オーストラリア、ニュージーランド、フィジー

2016 年 8 月 1 日

2016 年 10 月 31 日

インド

2016 年 8 月 1 日

2016 年 10 月 31 日

カナダ

2016 年 8 月 1 日

2016 年 10 月 31 日

英国

2017 年 3 月 15 日

2017 年 9 月 15 日

韓国

2017 年 5 月 1 日

2017 年 10 月 31 日

メモメモ:
このオプションは、Office 365 管理センター プレビューでのみ使用可能です。アクセス方法については、「一般法人向け Office 365 - 管理者向けヘルプ」を参照してください。移行のための要求は、すべて Office 365 管理センター を通じて行う必要があります。サポートがユーザーの代わりにこの選択内容を有効にしたり、無効にしたりすることはできません。

対象となるお客様には、Office 365 管理センターでページが表示されます。ここでは、コアの顧客データを新しいデータセンター リージョンに移行することができます。

Office 365 管理センター のページにアクセスするには、左側のナビゲーション ウィンドウで [設定] を展開し、[組織プロファイル] をクリックします。

組織プロファイルが強調表示されている [設定] メニュー

[Organization Profile] ページで [データ所在地のオプション] セクションまで下方向にスクロールします。

データ常駐のカード
メモメモ:
次のいずれかに該当する場合、このセクションは表示されません。
  • テナントが移動プログラムの対象ではありません。

  • すべてのデータが既に新しいリージョンに配置されています (ページの [データの場所] セクションを参照してください)。

重要重要:
組織の重要な選択をしようとしています。次に示すオプションを確認すると、元に戻す操作はできなくなります。サポートでも、この決定を戻すことはできません。

組織にデータの常駐サービスの要件があり、移行をリクエストする必要がある場合は、セクションの右上にある [編集] をクリックします。画面の右側に、移行プログラムの詳細を説明する新しいセクションが表示されます。"はい、私の所属する組織にはデータの常駐サービスの要件があります" というテキストの隣にあるトグル ボタンを選択します。次に、[保存] をクリックします。

データセンターのオプトイン操作画面

[データ常駐のオプション] セクションのテキストが、"組織は、組織のコアの顧客データを移動するよう要求しました" に変わります。メッセージ センターにも確認メッセージが届きます。これにより、移行が正常にリクエストされたことを確認できます。

移行をリクエストした後、弊社は運用上の制約の許す限り、速やかに移行を計画します。予測不可能な性質の制約が数多くあるため、移行が実施される特定の日付や時間帯を共有することはできません。移行が完了した後、お客様に通知が表示されます。

移行を完了するには、お住まいの国のリクエストの期限から最大 24 か月かかる場合があります。

一度リクエストを行うと移行の処理を開始しますので、移行をリクエストした後に選択を変更することはできません。

必要に応じて、以下の手順を実行します。

IP アドレスではなく、DNS フィルターをファイアウォールに使用するようお勧めします。新しい DNS エントリは必要ありません。

IP ベースのファイアウォールをインターネット接続に使用する場合には、移行先のデータセンター リージョンのための新しい IP アドレスの許可ルールを追加する必要があります。新しいサーバーに加え、新しいデータセンター リージョンの IP アドレスは、「Office 365 の URL と IP アドレスの範囲」に継続的に追加されます。

許可ルール (ホワイトリストとも呼ばれる) の追加方法については、ファイアウォールのドキュメントを参照してください。

IP アドレスを追加した後には、新しいデータセンター リージョンへの接続をテストするとよいでしょう。これを実行するため、新しいデータセンター リージョンが利用可能になったらすぐに、新しくなった無料の 30 日間の試用版テナントを作成するようお勧めします。

移行前に接続をテストする場合、新しいデータセンター リージョンが利用可能になった後に、新しい無料の 30 日間の試用版テナントを設定し、それを使用して、新しいデータセンター リージョンでホストされる Office 365 を操作することができます。

試用版テナントを既存のテナントと結合することはできません。

  • ユーザーはテストのために別個の試用版アカウントを使用する必要があります。

  • テナント間でデータを移行する方法はありません。

ユーザーがモバイル デバイスで Exchange Server を m.outlook.com または podxxxxx.outlook.com に設定している場合、outlook.office365.com に切り替えることをお勧めします。「アカウントと同期するようにモバイル デバイスをセットアップする」にある指示に従ってください。

 
表示: