ディレクトリの参照 <directoryBrowse>


※本ページに挿入されている画像をクリックすると、画像全体が別ウィンドウで表示されます。

概要

<directoryBrowse> 要素は、Web サイトまたはアプリケーションでディレクトリの参照を有効にした場合にディレクトリの一覧に表示される情報を制御することができます。

<directoryBrowse> 要素には、2 つの属性を含めることができます。enabled 属性は、ディレクトリの参照をサイト、アプリケーション、またはディレクトリで有効にするかどうかを決定します。showFlags 属性は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) で表示するディレクトリ内の各ファイルに関する情報を定義します。IIS では、最終更新日時、長い日付形式の最終更新日、ファイル サイズ、およびファイル名拡張子を表示できます。これらがある場合に IIS でどれを表示するかを選択することが可能です。

互換性

 IIS 7.0IIS 6.0
注意 <directoryBrowse> は IIS 7.0 で新たに導入された要素です。 <directoryBrowse> 要素は、IIS 6.0 の DirBrowseFlags メタベース プロパティに代わるものです。

セットアップ

<directoryBrowse> 要素は、IIS 7.0 の既定のインストールに含まれています。

"ディレクトリの参照" 役割サービスがアンインストールされている場合、次の手順を使用して再インストールできます。

Windows Server 2008

  1. タスク バーで [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして [サーバー マネージャー] をクリックします。
  2. [サーバー マネージャー] ウィンドウのツリー表示で、[役割] を展開して [Web サーバー (IIS)] をクリックします。
  3. [Web サーバー (IIS)] ウィンドウで、[役割サービス] セクションまでスクロールして [役割サービスの追加] をクリックします。
  4. 役割サービスの追加ウィザードの [役割サービスの選択] ページで、[ディレクトリの参照] を選択して、[次へ] をクリックします。

    拡大

  5. [インストール オプションの確認] ページで [インストール] をクリックします。
  6. [結果] ページで [閉じる] をクリックします。

Windows Vista

  1. タスク バーで [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルで、[プログラムと機能][Windows の機能の有効化または無効化] の順にクリックします。
  3. [Internet Information Services][World Wide Web サービス][HTTP 共通機能] の順に展開します。
  4. [ディレクトリの参照] を選択して、[OK] をクリックします。

    拡大

方法

ディレクトリの参照を有効にする方法

  1. タスク バーで [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
  2. [接続] ウィンドウで当該サーバー名を展開して、ディレクトリの参照を有効にするサイト、アプリケーション、またはディレクトリを選択します。
  3. [ホーム] ウィンドウで [ディレクトリの参照] をダブルクリックします。

    拡大

  4. [操作] ウィンドウで [有効にする] をクリックします。

    拡大

  5. [ディレクトリの参照] ウィンドウで、ディレクトリ内の各アイテムについて表示する情報に対応するオプションを選択し、[適用] をクリックします。

構成

<directoryBrowse> 要素は、該当する Web.config ファイル内で、サイト、アプリケーション、またはディレクトリ レベルで構成できます。

属性

属性説明
enabled オプションの Boolean 属性。

ディレクトリの参照を Web サーバーで有効にする (true) か無効にする (false) かを指定します。

既定値は false です。
showFlags オプションの flags 属性。

showFlags 属性には、次の中から 1 つまたは複数の値を指定できます。複数の値を指定する場合はコンマ (,) で区切ります。既定値は "Date, Time, Size, Extension" です。
値                         説明
--------------        --------------------------------------------------------
Date                  ファイルまたはディレクトリの最終更新日をディレクトリの一覧に含めます。 
Extension             ファイルのファイル名拡張子をディレクトリの一覧に含めます。 
LongDate              ファイルの長い日付形式の最終更新日をディレクトリの一覧に含めます。 
None                  ファイルまたはディレクトリの名前のみがディレクトリの一覧に返されるように指定します。 
Size                  ファイルのサイズをディレクトリの一覧に含めます。 
Time                  ファイルまたはディレクトリの最終更新時刻をディレクトリの一覧に含めます。 

子要素

なし。

構成サンプル

次の例では、ディレクトリの参照を有効にします。また、showFlags プロパティを使用して、ディレクトリ内の各アイテムの更新日時、各アイテムのファイル サイズ、およびファイル名拡張子を表示するように IIS を構成します。

<configuration>
   <system.webServer>
      <directoryBrowse enabled="true" showFlags="Date,Time,Extension,Size" />
   </system.webServer>
</configuration>

サンプル コード

次の例では、Contoso という名前のサイトでディレクトリの参照を有効にします。また、showFlags プロパティを使用して、ディレクトリ内の各アイテムの更新日時、各アイテムのファイル サイズ、およびファイル名拡張子を表示するように IIS を構成します。

AppCmd.exe

appcmd.exe set config "Contoso" -section:system.webServer/directoryBrowse /enabled:"True" /showFlags:"Date, Time, Size, Extension" 

C#

using System;
using System.Text;
using Microsoft.Web.Administration;

internal static class Sample {
   private static void Main() {
      using(ServerManager serverManager = new ServerManager()) { 
         Configuration config = serverManager.GetWebConfiguration("Contoso");

         ConfigurationSection directoryBrowseSection = config.GetSection("system.webServer/directoryBrowse");
         directoryBrowseSection["enabled"] = true;
         directoryBrowseSection["showFlags"] = @"Date, Time, Size, Extension";

         serverManager.CommitChanges();
      }
   }
}

VB.NET

Imports System
Imports System.Text
Imports Microsoft.Web.Administration

Module Sample
   Sub Main()
      Dim serverManager As ServerManager = New ServerManager
      Dim config As Configuration = serverManager.GetWebConfiguration("Contoso")
      Dim directoryBrowseSection As ConfigurationSection = config.GetSection("system.webServer/directoryBrowse")
      directoryBrowseSection("enabled") = True
      directoryBrowseSection("showFlags") = "Date, Time, Size, Extension"
      serverManager.CommitChanges()
   End Sub
End Module

JavaScript

var adminManager = new ActiveXObject('Microsoft.ApplicationHost.WritableAdminManager');
adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso";

var directoryBrowseSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/directoryBrowse",
   "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso");
directoryBrowseSection.Properties.Item("enabled").Value = true;
directoryBrowseSection.Properties.Item("showFlags").Value = "Date, Time, Size, Extension";

adminManager.CommitChanges();

VBScript

Set adminManager = createObject("Microsoft.ApplicationHost.WritableAdminManager")
adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso"

Set directoryBrowseSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/directoryBrowse", "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso")
directoryBrowseSection.Properties.Item("enabled").Value = True
directoryBrowseSection.Properties.Item("showFlags").Value = "Date, Time, Size, Extension"

adminManager.CommitChanges()
表示: