ハンドラー <handlers>


※本ページに挿入されている画像をクリックすると、画像全体が別ウィンドウで表示されます。

概要

<handlers> 要素は、特定のファイル名拡張子または URL に対して登録されたハンドラーを定義します。

ハンドラーは、特定のコンテンツへの要求を処理するために、通常は要求リソースへの応答を生成するために構成されるインターネット インフォメーション サービス (IIS) のコンポーネントです。たとえば、ASP.NET Web ページはハンドラーの種類の 1 つです。静的ファイルではない情報をユーザーに返す必要があるリソースへの要求を処理するためにハンドラーを使用できます。IIS では、静的ファイル、CGI (Common Gateway Interface) アプリケーション、FastCGI アプリケーション、および インターネット サーバー API (ISAPI : Internet Server API) 拡張子をサポートする数種類のハンドラーを提供しています。また、ASP.NET が HTTP ハンドラー インターフェイス経由で他のハンドラーの種類に対するサポートを提供しています。

開発者は、アプリケーションでファイル名拡張子を使用して識別できる、特別の処理を実行するためのカスタム ハンドラーを作成できます。たとえば、開発者が RSS 形式の XML を作成するハンドラーを作成した場合、アプリケーションで .rss ファイル名拡張子をカスタム ハンドラーにバインドできます。さらに、開発者は、特定のファイルにマップするハンドラーを作成し、これらのハンドラーをネイティブ モジュールとして、または ASP.NET IHttpHandler インターフェイスの実装として実装できます。

互換性

 IIS 7.0IIS 6.0
注意 <handlers> は IIS 7.0 で新たに導入された要素です。なし

セットアップ

<handlers> 要素は、IIS 7.0 の既定のインストールに含まれています。

方法

統合モードで実行されている IIS 7.0 アプリケーションで ASP.NET ハンドラーにマッピングするハンドラーを作成する方法

  1. タスク バーで [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
  2. [接続] ウィンドウで、ネイディブ モジュールを追加するサーバー接続をクリックします。
  3. [ホーム] ウィンドウで [ハンドラー マッピング] をダブルクリックします。

    拡大

  4. [操作] ウィンドウで [マネージ ハンドラーの追加] をクリックします。
  5. [マネージ ハンドラーの追加] ダイアログ ボックスで、次の項目を指定します。
    • 要求パス。マップするファイル名またはファイル名拡張子です。
    • 種類。マネージ ハンドラーの種類 (クラス) の名前です。ハンドラーが app_code またはアプリケーションの bin フォルダーで定義されている場合、その種類名がドロップダウン リストに表示されます。
    • 名前。説明的な名前です。

    拡大

  6. [OK] をクリックして、[マネージ ハンドラーの追加] ダイアログ ボックスを閉じます。

FastCGI ハンドラー マッピングを作成する方法

  1. タスク バーで [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] をクリックします。
  2. [接続] ウィンドウで、FastCGI ハンドラー マッピングを構成するサーバー名をクリックします。
  3. [ホーム] ウィンドウで [ハンドラー マッピング] をダブルクリックします。

    拡大

  4. [操作] ウィンドウで [モジュール マップの追加] をクリックします。

    注 : 次の手順の操作を行うには、指定するファイル パスまたはファイル名拡張子を実行するバイナリを既にインストールしている必要があります。この例では、Microsoft Web サイトで入手できる PHP 実装を使用します。
  5. [要求パス] ボックスに「.php」などのファイル名拡張子を入力し、[モジュール] ドロップダウン リストで [FastCGIModule] をクリックし、[実行可能ファイル] ボックスでスクリプト エンジン (この例では、PHP-CGI.exe) へのパスを入力して、[OK] をクリックします。

    拡大

  6. [モジュール マップの追加] ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

    拡大

構成

<handlers> 要素には、さまざまな <add> 要素が含まれ、これらの各要素によって、アプリケーションのハンドラー マッピングが定義されます。<add> 要素には、ハンドラーの名前、ハンドラーがマップされるファイル名拡張子または URL パス マスク、およびハンドラー実装を指定するモジュール名または ASP.NET HTTP ハンドラーの種類が、他の設定と共に含まれます。

<handlers> 要素は、Web.config ファイル内で、アプリケーション レベルで構成できます。

属性

属性説明
accessPolicy オプションの flags 属性。

ハンドラー コレクション全体に許可されたアクセスの種類を指定します。

accessPolicy 属性には、次のいずれかの値を指定できます。既定値は Read です。
----------------------------------------------------------------------------------------------

値: Execute

説明:

  • ディレクトリおよびファイルで実行の権利を要求するハンドラー コレクションのハンドラーを有効にします。

値: None

説明:

  • ディレクトリまたはファイルへのアクセスを要求するハンドラー コレクション内のすべてのハンドラーを無効にします。

値: NoRemoteExecute

説明:

  • ハンドラーがリモート要求を受け取った際に、ハンドラー コレクションのハンドラーで実行可能ファイルを実行しないようにします。

値: NoRemoteRead

説明:

  • ハンドラーがリモート要求を受け取った際に、ハンドラー コレクションのハンドラーでファイルを読み取らないようにします。

値: NoRemoteScript

説明:

  • ハンドラーがリモート要求を受け取った際に、ハンドラー コレクションのハンドラーでスクリプトを実行しないようにします。

値: NoRemoteWrite

説明:

  • ハンドラーがリモート要求を受け取った際に、ハンドラー コレクションのハンドラーでファイルを作成または変更しないようにします。

値: Read

説明:

  • ディレクトリおよびファイルへの読み取りアクセス権を要求するハンドラー コレクションのハンドラーを有効にします。

値: Script

説明:

  • ディレクトリまたはファイルへのスクリプト権限を要求するハンドラー コレクションのハンドラーを有効にします。

値: Source

説明:

  • ソース コード (Read フラグを伴う) への読み取りアクセス権またはソース コード (Write フラグを伴う) への書き込みアクセス権を要求するハンドラー コレクションのハンドラーを有効にします。

値: Write

説明:

  • ディレクトリおよびファイルへの書き込みアクセス権を要求するハンドラー コレクションのハンドラーを有効にします。

子要素

要素説明
add オプションの要素。

ハンドラーのコレクションにハンドラーを追加します。
clear オプションの要素。

ハンドラー コレクションからハンドラーに対するすべての参照を削除します。
remove オプションの要素。

ハンドラー コレクションから 1 つのハンドラーに対する参照を削除します。

構成サンプル

次の例には、ハンドラー マッピングを定義する 2 つの <add> 要素が含まれています。最初の <add> 要素は、IIS 7.0 統合モードで実行している Web アプリケーションに SampleHandler ハンドラーを定義します。Web アプリケーションの app_code ディレクトリにハンドラー アセンブリを追加した場合は、type 属性の値にアセンブリ名を含める必要はありません。2 番目の <add> 要素は、FastCGI モジュールを使用する PHP 要求のマッピングを定義します。

<handlers>
   <add name="SampleHandler" verb="*" 
      path="SampleHandler.new" 
      type="SampleHandler, SampleHandlerAssembly" 
      resourceType="Unspecified" />
   <add name="PHP-FastCGI" verb="*" 
      path="*.php" 
      modules="FastCgiModule"
      scriptProcessor="c:\php\php-cgi.exe" 
      resourceType="Either" />
</handlers>

サンプル コード

次の例では、PHP モジュールに FastCGI マッピングを追加し、PHP 要求を処理する Contoso Web サイトにハンドラーを追加します。

AppCmd.exe

appcmd.exe set config -section:system.webServer/fastCgi /+"[fullPath='c:\php\php-cgi.exe']" /commit:apphost

appcmd.exe set config "Contoso" -section:system.webServer/handlers /+"[name='PHP-FastCGI',path='*.php',verb='GET,HEAD,POST',modules='FastCgiModule',scriptProcessor='c:\php\php-cgi.exe',resourceType='Either']" 

: この 2 番目の例は、特定の URL 用の SampleHandler.new という新しい ASP.NET ハンドラー マッピングを Web アプリケーションに追加する方法を示しています。

appcmd.exe set config /section:system.webServer/handlers /+[name=SampleHandler',path='SampleHandler.new',verb='*',type='SampleHandler']

C#

using System;
using System.Text;
using Microsoft.Web.Administration;

internal static class Sample
{
   private static void Main()
   {
      using (ServerManager serverManager = new ServerManager())
      {
         Configuration appHostConfig = serverManager.GetApplicationHostConfiguration();
         ConfigurationSection fastCgiSection = appHostConfig.GetSection("system.webServer/fastCgi");
         ConfigurationElementCollection fastCgiCollection = fastCgiSection.GetCollection();
         ConfigurationElement applicationElement = fastCgiCollection.CreateElement("application");
         applicationElement["fullPath"] = @"c:\php\php-cgi.exe";
         fastCgiCollection.Add(applicationElement);

         Configuration webConfig = serverManager.GetWebConfiguration("Contoso");
         ConfigurationSection handlersSection = webConfig.GetSection("system.webServer/handlers");
         ConfigurationElementCollection handlersCollection = handlersSection.GetCollection();
         ConfigurationElement addElement = handlersCollection.CreateElement("add");
         addElement["name"] = @"PHP-FastCGI";
         addElement["path"] = @"*.php";
         addElement["verb"] = @"GET,HEAD,POST";
         addElement["modules"] = @"FastCgiModule";
         addElement["scriptProcessor"] = @"c:\php\php-cgi.exe";
         addElement["resourceType"] = @"Either";
         handlersCollection.AddAt(0, addElement);

         serverManager.CommitChanges();
      }
   }
}

VB.NET

Imports System
Imports System.Text
Imports Microsoft.Web.Administration

Module Sample
   Sub Main()
      Dim serverManager As ServerManager = New ServerManager
      Dim appHostConfig As Configuration = serverManager.GetApplicationHostConfiguration
      Dim fastCgiSection As ConfigurationSection = appHostConfig.GetSection("system.webServer/fastCgi")
      Dim fastCgiCollection As ConfigurationElementCollection = fastCgiSection.GetCollection
      Dim applicationElement As ConfigurationElement = fastCgiCollection.CreateElement("application")
      applicationElement("fullPath") = "c:\php\php-cgi.exe"
      fastCgiCollection.Add(applicationElement)

      Dim webConfig As Configuration = serverManager.GetWebConfiguration("Contoso")
      Dim handlersSection As ConfigurationSection = webConfig.GetSection("system.webServer/handlers")
      Dim handlersCollection As ConfigurationElementCollection = handlersSection.GetCollection
      Dim addElement As ConfigurationElement = handlersCollection.CreateElement("add")
      addElement("name") = "PHP-FastCGI"
      addElement("path") = "*.php"
      addElement("verb") = "GET,HEAD,POST"
      addElement("modules") = "FastCgiModule"
      addElement("scriptProcessor") = "c:\php\php-cgi.exe"
      addElement("resourceType") = "Either"
      handlersCollection.AddAt(0, addElement)

      serverManager.CommitChanges()
   End Sub
End Module

JavaScript

var adminManager = new ActiveXObject('Microsoft.ApplicationHost.WritableAdminManager');

adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST";
var fastCgiSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/fastCgi", "MACHINE/WEBROOT/APPHOST");
var fastCgiCollection = fastCgiSection.Collection;
var applicationElement = fastCgiCollection.CreateNewElement("application");
applicationElement.Properties.Item("fullPath").Value = "c:\\php\\php-cgi.exe";
fastCgiCollection.AddElement(applicationElement);
adminManager.CommitChanges();

adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso";
var handlersSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/handlers", "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso");
var handlersCollection = handlersSection.Collection;
var addElement = handlersCollection.CreateNewElement("add");
addElement.Properties.Item("name").Value = "PHP-FastCGI";
addElement.Properties.Item("path").Value = "*.php";
addElement.Properties.Item("verb").Value = "GET,HEAD,POST";
addElement.Properties.Item("modules").Value = "FastCgiModule";
addElement.Properties.Item("scriptProcessor").Value = "c:\\php\\php-cgi.exe";
addElement.Properties.Item("resourceType").Value = "Either";
handlersCollection.AddElement(addElement, 0);
adminManager.CommitChanges();

VBScript

Set adminManager = createObject("Microsoft.ApplicationHost.WritableAdminManager")

adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST"
Set fastCgiSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/fastCgi", "MACHINE/WEBROOT/APPHOST")
Set fastCgiCollection = fastCgiSection.Collection
Set applicationElement = fastCgiCollection.CreateNewElement("application")
applicationElement.Properties.Item("fullPath").Value = "c:\php\php-cgi.exe"
fastCgiCollection.AddElement applicationElement
adminManager.CommitChanges()

adminManager.CommitPath = "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso"
Set handlersSection = adminManager.GetAdminSection("system.webServer/handlers", "MACHINE/WEBROOT/APPHOST/Contoso")
Set handlersCollection = handlersSection.Collection
Set addElement = handlersCollection.CreateNewElement("add")
addElement.Properties.Item("name").Value = "PHP-FastCGI"
addElement.Properties.Item("path").Value = "*.php"
addElement.Properties.Item("verb").Value = "GET,HEAD,POST"
addElement.Properties.Item("modules").Value = "FastCgiModule"
addElement.Properties.Item("scriptProcessor").Value = "c:\php\php-cgi.exe"
addElement.Properties.Item("resourceType").Value = "Either"
handlersCollection.AddElement addElement, 0
adminManager.CommitChanges()

コミュニティの追加

追加
表示: