この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

高度なガイドラインの診断とサービスの破損を修復します。

この資料の目的は、診断およびシステム更新準備ツールを実行しているの解像度を提供しない場合に発生する可能性がありますサービスの破損を修復の高度なガイドラインを提供します。 システム更新準備ツールと破損を処理することでどのような現象を発生ことがありますの詳細についてを参照してください。 資料 947821 Microsoft® ナレッジ ベース (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=165000)。

高度なガイドラインの診断とサービスの破損を修復します。

この情報は、次のオペレーティング システムに適用されます。

  • Windows Vista®

  • Windows ® 7

  • Windows Server ® 2008

  • Windows Server ® 2008 R2

破損を診断します。

システム更新準備ツールを実行して、問題が解決しない場合は、ツールのレポートを診断し、破損を手動で修正することが可能かどうかを判断するのに進むことができます。

レポートは、%windir%\logs\cbs\checksur.logにあります。

ログ ファイルの最後には次のような要約のセクションがあります。



要約: 秒実行: XX が見つかりました errorsFixed XX エラー

レポートは、1 つまたは複数、次のパターンの合わない可能性があります。 各パターンは、問題と、問題の解決方法の説明を提供します。

Checksur によってレポートを使用します。

  1. システム更新準備ツールの例のように、検出されたすべてのエラーを修正しました。

    
    
    要約: 秒実行: 100Found 10 errorsFixed 10 エラー
    
    

    サービスに破損がコンピューターになったはずです。 これ以降は問題が解決する場合は、次のリンクのいずれかを使用して、問題を解決するのには。

  2. 利用できない修復ファイル メッセージを取得する場合は、これが適切なバージョンの置換ファイルがツールによって実行されるように、いくつかのツールによって見つかった不整合ファイル修正できないことを示します。 このメッセージが表示されたら、不足しているファイルの一覧を次に示します。

    
    
    要約: 秒実行: 264Found 3 errorsCBS MUM 合計カウントが不足している: 3Unavailable の修復ファイル: servicing\packages\Package_for_KB958690_sc_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.mum servicing\packages\Package_for_KB958690_sc~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.mum servicing\packages\Package_for_KB958690~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.mum servicing\packages\Package_for_KB958690_sc_0~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.cat servicing\packages\Package_for_KB958690_sc~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.cat servicing\packages\Package_for_KB958690~31bf3856ad364e35~amd64~~6.0.1.6.cat winsxs\manifests\x86_microsoft-windows-servicingstack_31bf3856ad364e35_6.0.6002.18005_none_0b4ada54c46c45b0.manifest winsxs\manifests\amd64_microsoft-windows-servicingstack_31bf3856ad364e35_6.0.6002.18005_none_676975d87cc9b6e6.manifest
    
    

    この問題を解決する手順

    1. 他のソースから必要なファイルを取得します。 以下のファイルを取得するのには、[オプション] セクションで、使用可能なオプションがあります。

    2. サブディレクトリの形式次のとおり、壊れたコンピューターの%Windir%\Temp\CheckSURディレクトリにファイルをコピーします。

      1. すべてのファイルの種類の *.mum と *.cat%windir%\Temp\CheckSUR\servicing パッケージディレクトリに入れる必要があります。

      2. すべてのファイルの種類 *.manifest%windir%\Temp\CheckSUR\manifests\ディレクトリに入れる必要があります。

        たとえば、

        Package_for_KB958690_sc_0 コピー ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~%Windir%\Temp\CheckSUR \servicing\packages\に 6.0.1.6.mum

        X86_microsoft-windows-servicingstack_31bf3856ad364e35_6.0.6002.18005_none_0b4ada54c46c45b0.manifestto%Windir%\Temp\CheckSUR \winsxs\manifests\をコピーします。


        Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
        .Mum ファイルをコピーするたびに、同じ名前の対応する .cat ファイルをコピーする必要もあります。

      3. システム更新準備ツールを再実行します。

  3. ペイロードにファイルが見つかりませんメッセージが表示される場合は、必要なバイナリは利用可能なありません。 これは、問題が解決されていないを意味します。

    
    
    概要: 秒を実行: 100Found 5 errorsFix 2 errorsCSI ペイロード ファイルが不足して合計カウント: 5Fix CSI ペイロード ファイルが見つかりませんの合計数: 0x00000000 admparse.dll CSI はペイロード ファイルが不足して x86_microsoft を 2(f)-windows-ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8 servicing_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_23ddbf36a8a961bc(f) CSI はペイロード ファイルがありません 0x00000000 bootmgr x86_microsoft-windows-b..re-bootmanager-pcat_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_c0f2f087b6457236(fix) CSI はペイロード ファイルがありません 0x00000000 bootmgr x86_microsoft-windows-b..re-bootmanager-pcat_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_c0f2f087b6457236(f) は、CSI ペイロード ファイル 0x00000000 winload.exe x86_microsoft-windows-b の不足している.environment-windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45(f) は、CSI ペイロード ファイル 0x00000000 setbcdlocale.dll x86_microsoft-windows-b の不足している.environment-windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45(f) は、CSI ペイロード ファイル 0x00000000 winresume.exe x86_microsoft-windows-b の不足している.environment-windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45(fix) CSI のペイロード ファイル 0x00000000 winresume.exe x86_microsoft-windows-b がありません.環境・ windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45
    
    

    この問題を解決する手順

    1. ペイロード ファイルで checkSUR.log を実行して不足しているかどうか確認します。 (F) を持つすべての行を識別します。 修正プログラムでを続けています。 前の例、3 つのペイロードから固定されていないファイルのとおりです。

      
      
      (f) CSI ペイロード ファイルが 0x00000000 winload.exe x86_microsoft-windows-b..environment-windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45(f) は、CSI ペイロード ファイル 0x00000000 setbcdlocale.dll x86_microsoft-windows-b の不足している.environment-windows_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_6701d52e8fdf8d45(f) CSI ペイロード ファイルの 0x00000000 admparse.dll の x86_microsoft がありません-windows の ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8 servicing_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_23ddbf36a8a961bc
      
      
    2. 他のソースから必要なファイルを取得します。 以下のファイルを取得するのには、[オプション] セクションで、使用可能なオプションがあります。

      Ee619779.note(ja-jp,WS.10).gif メモ
      取得するバイナリが CheckSUR.log に記載されているディレクトリ名と一致することを確認します。 上記の例では、ディレクトリ名は x86_microsoft-windows-ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8 です。

    3. C:\windows\winsxs の適切なサブディレクトリにファイルを貼り付けます。

      Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
      必要とされるファイルだけを貼り付けます。 その他のファイルを置き換える、unserviceable の状態にシステムが可能性があります。

      適切な場所にファイルを配置する前に、自分で、フォルダーの内容を編集するのには、アクセス許可を付与する必要があります。これを実現する方法についてのクイック ガイドを次に示します。

      1. 管理者特権のコマンド プロンプトで: takeown/f Path_And_File_Name

        Ee619779.Tip(ja-jp,WS.10).gif ヒント
        例: takeown/f c:\windows\winsxs\x86_microsoft-windows-ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8

      2. 次に、Administrators へファイルへのフル アクセスを許可します: icacls <ファイルのフルパス> /GRANT Administrators:F

        Ee619779.Tip(ja-jp,WS.10).gif ヒント
        例: icacls c:\windows\winsxs\x86_microsoft-windows-ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8 /grant administrators:F

      3. 正常なコピーであることが分かっているファイルへ置き換えます: Copy <正常なコピーのフルパス> <置換先のフルパス>

        Ee619779.Tip(ja-jp,WS.10).gif ヒント
        例: copy c:\temp\admparse.dll c:\ windows\winsxs\x86_microsoft-windows-ie-adminkitmostfiles_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16386_none_abfb5fd109dad8b8\admparse.dll

  4. 無効な Pending.xml
    レコードの操作中にシステムの再起動が必要なため、ファイルが間違っているまたはこの簡単に以下のレジストリ値のいずれかが存在する場合を確認することによって特定できますが破損したCheckSUR.log 、この情報は記録されません。

    1. HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\@CorruptPendingXml (REG_SZ)

    2. HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\@CorruptPendingXmlIdentifiers (REG_SZ)

    Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
    Windows 7 と Windows サーバー 2008 R2 では、再起動、破損したファイルを削除することによってこの問題を解決に役立ちます。 ユーザーはいくつかの更新は、再起動後に失敗ことがありますが、更新プログラムを再インストールが成功する必要があります。

    Windows Vista と Windows Server 2008 では、このファイルを回復するソリューションは存在しません。 方法 3 の詳細についてはの後に 記事 949358 Microsoft ® ナレッジ ベース (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=165004)。

  5. 勝者の不適切なキー
    システムによってインストールされているコンポーネントの記録を保存するために使用するレジストリが壊れています。 CheckSUR.log は、この情報を記録しません。 しかし Windows 7 では、この簡単に、次のレジストリ値が存在する場合を確認することによって識別できます。

    1. HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\SideBySide\@CorruptWinners (REG_SZ)

    Ee619779.note(ja-jp,WS.10).gif メモ
    Windows Vista の sp1 以降、このフレーズに%windir%\logs\CBS\CBS.logまたはCBS.persist.logを受賞キーの破損を識別するためにインストール マップ エントリが存在しないコンポーネント キーでを設定する」を確認してください。

    Checksur によって現在このタイプの破損を修復されません。 システムの復元を試みる、またはオペレーティング システムの再インストールをお勧めします。

ファイルを取得するためのオプション

  1. 別のコンピューターからファイルを取得します。

    Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
    場合 (手動でそうことの利便性だけの %windir%\Temp\CheckSUR\servicing\packages ディレクトリにファイルが多すぎますを追加します。 実行する適切な方法論ではありません。 たとえばは、service pack のインストール中に電源障害が発生して、交換する必要がある 50 の .mum と .cat ファイルがあります。 便利なは、手動ですべての .mum と .cat ファイルのコピーは、サービス パックの cab ファイルからなくいっさい。 CBS 羽ばたくインストール、共有違反エラー (80070020) をさらにそのパッケージに対して操作を処理しようとすると失敗し、システム更新準備ツールは、問題を検出する失敗します。

    Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
    ファイルのコピーを使用しているコンピューターと同じバージョンの Windows とシステムのアーキテクチャを使用していることを確認します。

    コンピューターのバージョンを確認するには、cmd.exe を起動し、winverを実行します。 コンピューターのアーキテクチャを識別するには、cmd.exe を起動して wmic OS get osarchitecture を実行します。

    ファイルは、 %windir%下のサブディレクトリにあります。 次の例を参照してください。

    1. *.mum ファイルが %windir%\servicing\packages\ にあります。

    2. *.manifest ファイルが %windir%\winsxs\manifests\ にあります。

    3. Package*.cat ファイルが %windir%\servicing\packages\ にあります。


  2. 更新プログラム パッケージからファイルを取得します。

    1. どの更新プログラム パッケージをダウンロードする必要があるかを特定します。

      Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
      要求されたファイルには、サポート技術情報番号を持っている場合のみ、このオプションを使用できます。 Package_for_KB958690_sc_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.6.mum、サポート技術情報番号 KB958690、x 64 と同じが、amd64 アーキテクチャであり、パッケージのバージョン 6.0.1.6。

    2. マイクロソフトから KB をダウンロードします。 ヘルプとサポート .

    3. パッケージを展開します。
      %Temp% %Temp% ディレクトリには、msu パッケージをダウンロードし、c:\targetDirするには、パッケージを展開すると仮定すると:%temp%\Windows6.0-KB958690-x64.msu ・/f:* ・ c:\targetDir の展開

    4. Cab ファイルを同じ場所に展開:展開 Windows6.0-KB938979-x64.cab/f:* c:\targetDir
      すべてのファイル内の特定のサブディレクトリにあるファイルのみのペイロードとしては、上記のディレクトリに配置されます。

      場合によっては、必要なファイルはルート パッケージがあります。 これらのパッケージは、SKU 情報を持たず、セットのプレフィックスを実行します:Package_for_KB958690 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.6.mum Update.mum Update.mum から cab ファイルを抽出するルート パッケージの名前になります。

      新しく作成された update.mum が実際に正しいファイルであることを確認、メモ帳でファイルを開くし、次の属性が存在することを確認するには、<assemble> \ <assemblyIdentity>

      
      
      名前"KB958690"processorArchitecture = ="amd64"バージョン「6.0.1.6」= =
      
      

      Update.mum Update.mum が正しい場合は、その名前を変更Package_for_KB958690 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.6.mumchecksur によって一時ディレクトリにコピーする前にします。

      Ee619779.Important(ja-jp,WS.10).gif 重要
      Update.cat に名前を変更Package_for_KB958690 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.6.catも両方の .mum と .cat ファイルを交換する前に必要です。

  3. Windows DVD からファイルを取得します。
    必要なファイルは、Windows DVD で利用可能な場合があります。

    1. 管理者特権のコマンド プロンプトを起動します。

    2. D:\ dism/mount-wim/wimfile:d:\sources\install.wim/index:1/MountDir:c:\targetDir Windows DVD としてマップされているディレクトリにあるし、C:\targetDirイメージをマウントする空のディレクトリがdism/mount-wim/wimfile:d:\sources\install.wim/index:1/MountDir:c:\targetDirを実行します。

    3. C:\targetDir\windows\servicing\packagesまたはc:\targetDir\Windows\WinSxS\の下でファイルを検索します。

    4. ファイルをコピーした後で次のコマンドのイメージをアンマウントします。

      
      
      dism/unmount-wim/MountDir:c:\targetDir/discard
      
      

コミュニティの追加

追加
表示: