Office 2013 のボリューム ライセンス認証のトラブルシュート

 

適用先:Office 2013

トピックの最終更新日:2017-09-29

概要: Office 2013 の KMS または MAK ベースのライセンス認証に関する一般的なエラーのトラブルシューティング方法について説明します。

対象ユーザー: IT 担当者

 

ユーザーですか

個人的な Office 2013 インストールのトラブルシューティングを行っている場合は、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

管理者ですか

Office 365 ProPlus のライセンス認証とライセンスに関するトラブルシューティングを行う管理者の場合は、この記事の代わりに「Office のライセンスのない製品というエラーとアクティブ化のエラー」を参照してください。

Office 2013 のボリューム ライセンス版のトラブルシューティングを行っている管理者の場合は、この記事の情報が当てはまります。このまま、読み進めてください。

キー管理サービス (KMS) あるいはマルチ ライセンス認証キー (MAK) を使用して Office 2013 でボリューム ライセンス認証を設定するのは簡単ではありません。次の手順を使用して最も一般的な問題のトラブルシューティングをします。

多くのソリューションには Office ソフトウェア保護プラットフォーム スクリプト (ospp.vbs) の実行が含まれています。これは、クライアント コンピューターの "%programfiles%\microsoft office\office15" または "%programfiles(x86)%\microsoft office\office15" フォルダーで見つけることができます。管理者権限を持つコマンド プロンプトで実行する必要があります。ボリューム ライセンス認証を構成して管理するためのソフトウェア ライセンス管理スクリプト (Slmgr.vbs) を使用することもできます。これらのスクリプトの詳細については、「Office 2013 のボリューム ライセンス認証管理ツール」を参照してください。

この記事の内容

このセクションで、Office 2013 KMS ライセンス認証の一般的な問題を一覧表示します。

KMS ライセンス認証の問題は、以下のアイテムの構成ミスが原因の可能性があります。

  • Office クライアント

  • ネットワーク/DNS

  • KMS ホスト

KMS トラブル スポットを迅速に特定するには、Office クライアント KMS ライセンス認証診断ツールまたは Office KMS ホスト ライセンス認証診断ツールのどちらかを使用して環境に既知の問題がないか調べます。これらの診断ツールは、KMS 問題で使用可能なほとんどすべてのトラブルシューティング手順を自動化し、検出された問題の修復方法に関する推奨事項を含む詳細なレポートを提供します。

KMS ホスト構成に問題がありそうだと思っても、必ず、Office クライアント KMS ライセンス認証診断ツールを使用してクライアントから分析してください。そうすることにより、変更が必要なのがクライアントなのか、ネットワークなのか、KMS ホストなのかがはっきりします。

Office クライアント KMS ライセンス認証診断ツールで KMS ホストの問題が指摘されたら、Office KMS ホスト ライセンス認証診断ツールを実行します。

Office クライアント KMS ライセンス認証診断ツールを使用するには
  1. ローカル管理者として、KMS ライセンス認証を使用してライセンス認証できない Office クライアントにログインします。

  2. Office クライアント KMS ライセンス認証診断ツールにアクセスして、Microsoft アカウントの資格情報を使用して Microsoft サポート診断セルフヘルプ ポータルにサインインします。

  3. [新しいセッション] ページで、[Office Client KMS activation diagnostic (Office クライアント KMS ライセンス認証診断)] を選択します。

  4. [セッション名] テキスト ボックスに名前を入力してから、[作成] を選択します。

  5. 分析を開始するには、[ダウンロード] を選択します。

  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、[実行] または [ファイルの保存] を選択します。[ファイルの保存] を選択した場合は、後で、保存したフォルダーからファイルを実行できます。

  7. 診断を実行するコンピューター選択するように促されたら、[このコンピューター] を選択してから、[次へ] を選択します。次のページで、[開始] を選択します。

  8. レポートが保存されたことを示すアラートが診断で表示されたら、[レポートを開く] を選択します。

  9. レポートの [概要] セクションに一覧表示されている詳細を確認してから、[検出された問題] セクションに一覧表示されている問題を確認し、[推奨される手順と関連情報] に表示された推奨事項に従います。

Office KMS ホスト ライセンス認証診断ツールを使用するには
  1. ローカル管理者として、Office KMS ホスト コンピューターにログインします。

  2. Office KMS ホスト ライセンス認証診断ツールにアクセスして、Microsoft アカウントの資格情報を使用して Microsoft サポート診断セルフヘルプ ポータルにサインインします。

  3. [新しいセッション] ページで、[Office クライアント KMS ホスト ライセンス認証診断] を選択します。

  4. [セッション名] テキスト ボックスに名前を入力してから、[作成] を選択します。

  5. 分析を開始するには、[ダウンロード] を選択します。

  6. ダイアログ ボックスが表示されたら、[実行] または [ファイルの保存] を選択します。[ファイルの保存] を選択した場合は、後で、保存したフォルダーからファイルを実行できます。

  7. 診断を実行するコンピューター選択するように促されたら、[このコンピューター] を選択してから、[次へ] を選択します。次のページで、[開始] を選択します。

  8. レポートが自動的に生成され、ブラウザーに表示されます。

  9. [概要] セクションに一覧表示されている情報を確認してから、[詳細] セクションに一覧表示されている問題を確認します。[結果] 列に [要確認] というフラグが付けられたアイテムの [必要な操作またはコメント] に表示された推奨事項に従います。

このセクションでは Office 2013 の MAK ライセンス認証の一般的な問題を示します。

MAK ライセンス認証にはインターネット接続が必要です。ただし、インターネット接続に認証が必要な場合は MAK ライセンス認証が動作せず、電話でアクティブ化する必要があります。この問題の解決方法については、サポート技術情報の記事「921471: インターネットでの Windows のライセンス認証が失敗する」を参照してください。

エラー コードはライセンス認証の問題をトラブルシューティングするのに役立ちます。ライセンス認証の通知を含むダイアログ ボックスが表示されたら、エラー コードはダイアログ ボックスの下の隅に表示されています。エラー メッセージのテキストを表示するには、エラーコードで ospp.vbs /ddescr を実行します。テキストは、問題をより良く理解し、修正するために役立ちます。

エラーコードを取得する別の方法は、Office を手動でライセンス認証するために ospp.vbs /act をクライアント コンピューターで実行することです。 ライセンス認証に失敗した場合は、エラー コードが表示されます。

Microsoft Office 2013 ボリューム ライセンス パックを最初にインストールすると、Microsoft Office 2013 ボリューム ライセンス パック プレビューというラベルの付いたダイアログ ボックスが表示されることがあります。「プレビュー」は誤りです。Office 2013 の最終リリース版が正しくインストールされています。機能には影響ありません。回避策は必要ありません。

KMS クライアントでOffice アプリケーションのライセンス情報を表示するには、アプリケーションで、 [ファイル] メニューの [アカウント] を選択 します。

Office 2013 がライセンス認証されていても、製品のライセンス認証が必要との通知が表示される場合は、アプリケーションを再起動します。

クライアント アプリケーションがこの状態である原因は、Office 2013 が ospp.vbs /act または ボリューム ライセンス認証管理ツール (VAMT) を使用してライセンス認証されたためです。このような場合、Office 2013 アプリケーションをすべてリセットし、ライセンス認証を完了する必要があります。

すべての Office 2013 ボリューム ライセンス製品には、Office 2013 KMS ホストに対してライセンス認証するために、汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) があらかじめインストールされています。製品の MAK キーを入力済みで、ライセンス認証方法を KMS に戻す場合は、適切な KMS クライアント GVLK を使用してください。詳細については、「Office 2013 の KMS と Active Directory ライセンス認証用の GVLK」を参照してください。キーの入力方法としては、ボリューム ライセンス認証管理ツール VAMT の使用をお勧めします。また、ospp.vbs /inpkey を使用してキーを入力することもできます。

Office 2013 の場合、1 つのキーのみスイート内のすべての製品に必要です。たとえば、Office Professional Plus を使用する場合、スイート全体に対し Office Professional Plus 2013 キーのみを入力する必要があります。キーの全一覧については、「Office 2013 の KMS と Active Directory ライセンス認証用の GVLK」を参照してください。

表示: