SharePoint Server 2013 での Visio Graphics Services のコマンドレット

 

適用先:SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint Server 2013 の Visio Graphics Service を管理するのに役立つ Windows PowerShell コマンドレットの一覧を示します。

Visio Graphics Service は SharePoint Server 2013 のサービスの 1 つです。ユーザーはこのサービスを使用して、発行済みの Visio 図面を表示できます。また、サポートされているデータ ソースに接続された発行済みの Visio 図面を更新することもできます。

Visio Graphics Service のすべての設定では、UI 設定の有無にかかわらず、バックアップと復元がサポートされます。つまり、すべてのグローバル設定でバックアップ操作と復元操作がサポートされます。

Visio Graphics Service の Windows PowerShell 機能を使用すると、新しいインスタンスの準備、使用可能なデータ ソースの管理と構成、安全なデータ プロバイダーの一覧の管理と構成、およびサービスのすべてのグローバル設定の構成を行うことができます。

SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」には、SharePoint 2013 で使用するコマンドレットの一覧が記載されています。

 

コマンドレット名 説明

Get-SPVisioExternalData

Visio Services アプリケーションの外部データ接続に関する設定を取得します。

Get-SPVisioPerformance

Visio Services アプリケーションのパフォーマンスに関する Visio Services の設定を取得します。

Get-SPVisioSafeDataProvider

Visio Services アプリケーションの安全なデータ プロバイダーの設定を取得します。

Get-SPVisioServiceApplication

個別の Visio Services アプリケーションのプロパティまたは Visio Services アプリケーションのコレクションを取得します。

Get-SPVisioServiceApplicationProxy

個別の Visio Services アプリケーション プロキシのプロパティまたは Visio Services アプリケーション プロキシのコレクションを取得します。

New-SPVisioSafeDataProvider

Visio Services アプリケーションに新しいデータ プロバイダーを追加します。

New-SPVisioServiceApplication

新しい Visio Services アプリケーションをファームに追加します。

New-SPVisioServiceApplicationProxy

新しい Visio Services アプリケーション プロキシをファームに追加します。

Remove-SPVisioSafeDataProvider

Visio Services アプリケーションからデータ プロバイダーを削除します。

Set-SPVisioExternalData

Visio Services アプリケーションの外部データ接続に関する設定を構成します。

Set-SPVisioPerformance

Visio Services アプリケーションのパフォーマンスに関するプロパティを設定します。

Set-SPVisioSafeDataProvider

Visio Services アプリケーションの安全なデータ プロバイダーの説明を指定します。

Set-SPVisioServiceApplication

Visio Services アプリケーションの ServiceApplicationPool プロパティを設定します。

表示: