Windows PowerShell コマンドレットを使用してセキュリティを管理する (SharePoint 2013)

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: SharePoint 2013 のセキュリティを管理できる、Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。

以下の表は、SharePoint 2013のセキュリティを管理できる、Windows PowerShell コマンドレットを示します。

SharePoint 2013 のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Add-SPShellAdmin

指定したデータベースの SharePoint_Shell_Access ロールにユーザーを追加します。

Get-SPShellAdmin

SharePoint_Shell_Access ロールを持つすべてのユーザーの名前を返します。

Remove-SPShellAdmin

SharePoint_Shell_Access ロールからユーザーを削除します。

Add-SPClaimTypeMapping

信頼できるセキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーにクレーム マッピングを追加します。

Get-SPAuthenticationProvider

認証プロバイダーを取得します。

Get-SPCertificateAuthority

SharePoint 証明機関 (CA) を取得します。

Get-SPClaimProvider

クレーム プロバイダーを取得します。

Get-SPClaimProviderManager

クレーム プロバイダー マネージャーを取得します。

Get-SPClaimTypeEncoding

クレームの種類の一覧を取得します。

Get-SPManagedAccount

構成データベースに登録されているアカウントを取得します。

Get-SPManagedPath

指定した条件と一致するすべての管理パスを取得します。

Get-SPSecurityTokenServiceConfig

ファームのセキュリティ トークン サービス (STS) を返します。

Get-SPServiceApplicationSecurity

サービス アプリケーションの SPObjectSecurity オブジェクトを取得します。

Get-SPTrustedIdentityTokenIssuer

ID プロバイダーを取得します。

Get-SPTrustedRootAuthority

信頼できるルート証明機関を取得します。

Get-SPTrustedServiceTokenIssuer

ファームの信頼関係を表すオブジェクトを取得します。

Grant-SPObjectSecurity

新しいセキュリティ プリンシパルを SPObjectSecurity オブジェクトに追加します。

Initialize-SPResourceSecurity

ローカル サーバーにリソース セキュリティを適用します。

New-SPAuthenticationProvider

ファームに新しい認証プロバイダーを作成します。

New-SPClaimProvider

ファームに新しいクレーム プロバイダーを登録します。

New-SPClaimsPrincipal

新しいクレーム プリンシパルを作成します。

New-SPClaimTypeEncoding

新しいクレームの種類を登録します。

New-SPClaimTypeMapping

セキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーのクレーム マッピングのルールを作成します。

New-SPManagedAccount

新しい管理アカウントを登録します。

New-SPManagedPath

特定の Web アプリケーションまたはすべてのホスト ヘッダー サイト コレクションの新しい管理パスを作成します。

New-SPTrustedIdentityTokenIssuer

ファーム内に ID プロバイダーを作成します。

New-SPTrustedRootAuthority

信頼できるルート証明機関を作成します。

New-SPTrustedServiceTokenIssuer

SharePoint ファームとの信頼関係を作成します。

Remove-SPClaimProvider

クレーム プロバイダーの登録を解除します。

Remove-SPClaimTypeMapping

セキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーの要求のクレーム マッピング ルールを削除します。

Remove-SPManagedAccount

管理アカウント登録をファームから削除します。

Remove-SPManagedPath

指定したホスト ヘッダーや Web アプリケーションから指定した管理パスを削除します。

Remove-SPTrustedIdentityTokenIssuer

ファームからセキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーを削除します。

Remove-SPTrustedRootAuthority

信頼できるルート証明機関を削除します。

Remove-SPTrustedServiceTokenIssuer

ファームの信頼関係を表すオブジェクトを削除します。

Repair-SPManagedAccountDeployment

管理アカウントの資格情報のローカル展開を修復します。

Revoke-SPObjectSecurity

セキュリティ プリンシパルを SPObjectSecurity オブジェクトから削除します。

Set-SPClaimProvider

クレーム プロバイダーの登録を更新します。

Set-SPManagedAccount

管理アカウントを構成します。

Set-SPSecurityTokenServiceConfig

SharePoint セキュリティ トークン サービス (STS) ID プロバイダーの設定を更新します。

Set-SPServiceApplicationSecurity

サービス アプリケーションの SPObjectSecurity オブジェクトを更新します。

Set-SPTrustedIdentityTokenIssuer

Web アプリケーションの ID プロバイダーを設定します。

Set-SPTrustedRootAuthority

信頼できるルート証明機関を新規作成します。

Set-SPTrustedServiceTokenIssuer

ファームとの信頼関係を更新します。

Update-SPFarmEncryptionKey

ファームの暗号化キーの値を更新し、新しいキーを使用してすべてのデータを再暗号化します。

Get-SPAuthenticationRealm

認証領域を取得します。

Get-SPTrustedSecurityTokenIssuer

信頼できるセキュリティ トークン発行者オブジェクトを返します。

New-SPAzureAccessControlServiceApplicationProxy

新しいサービス アプリケーション プロキシ グループを作成します。

New-SPTrustedSecurityTokenIssuer

サーバーとサーバー プリンシパルの間に信頼を作成します。

Remove-SPTrustedSecurityTokenIssuer

信頼できるセキュリティ トークン サービス オブジェクトを削除します。

Set-SPAuthenticationRealm

認証領域を設定します。

Set-SPTrustedSecurityTokenIssuer

信頼できるトークン発行元を設定します。

Get-SPAppPrincipal

特定のアプリケーション プリンシパル オブジェクトを表示します。

Register-SPAppPrincipal

社内の管理者または SharePoint Online 管理者がアプリケーション プリンシパルを自由に登録できるようにします。

Remove-SPAppPrincipalPermission

指定したアプリケーション プリンシパルのアクセス許可を削除します。

Set-SPAppPrincipalPermission

特定のアプリケーション プリンシパルに対するアクセス許可を設定します。

Convert-SPWebApplication

Web アプリケーションの認証モードを変換します。

表示: