Windows PowerShell コマンドレットを使用してパフォーマンスを管理する (SharePoint 2013)

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: SharePoint 2013 のパフォーマンスを管理できる、Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。

以下の表は、SharePoint 2013のパフォーマンスを管理できる、Windows PowerShell コマンドレットを示します。

SharePoint 2013 のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Add-SPDiagnosticsPerformanceCounter

パフォーマンス カウンターのインスタンスを追加します。

Get-SPDiagnosticsPerformanceCounter

パフォーマンス カウンターのコレクションを取得します。

Remove-SPDiagnosticsPerformanceCounter

パフォーマンス カウンターのインスタンスを削除します。

Disable-SPWebApplicationHttpThrottling

Web アプリケーションのネットワーク調整を無効にします。

Enable-SPWebApplicationHttpThrottling

Web アプリケーションのネットワーク調整を有効にします。

Get-SPBusinessDataCatalogThrottleConfig

Business Data Connectivity Service アプリケーションの調整構成を取得します。

Set-SPBusinessDataCatalogThrottleConfig

Business Data Connectivity Service アプリケーションの調整構成を設定します。

Get-SPWebApplicationHttpThrottlingMonitor

Web アプリケーションのネットワーク調整のすべてのカウンターを読み込みます。

Set-SPWebApplicationHttpThrottlingMonitor

指定した Web アプリケーションの既存のネットワーク調整パフォーマンス カウンターの正常性スコア バケット値を設定します。

Start-SPDiagnosticsSession

利用状況データベースに診断情報をレポートします。

Stop-SPDiagnosticsSession

診断セッションを停止します。

Add-SPRoutingMachineInfo

新しいルーティング ターゲットをファームに追加します。

Add-SPRoutingMachinePool

新しいコンピューター プールを追加します。

Add-SPRoutingRule

ルーティング ルールを追加します。

Add-SPThrottlingRule

新しい調整ルールを追加します。

Get-SPRoutingMachineInfo

すべてのルーティング ターゲットを取得します。

Get-SPRoutingMachinePool

使用できるすべてのルーティング プールを取得します。

Get-SPRoutingRule

すべてのルーティング ルールを取得します。

Get-SPThrottlingRule

すべての調整ルールを取得します。

Remove-SPRoutingMachineInfo

外部ルーティング ターゲットを削除します。

Remove-SPRoutingMachinePool

要求マネージャーからルーティング プールを削除します。

Remove-SPRoutingRule

ルーティング ルールを削除します。

Remove-SPThrottlingRule

調整ルールを削除します。

Set-SPRoutingMachineInfo

ルーティング ターゲットのプロパティを設定します。

Set-SPRoutingMachinePool

コンピューター プールのプロパティを設定します。

Set-SPRoutingRule

既存のルーティング ルールのプロパティを変更します。

Set-SPThrottlingRule

既存の調整ルールのプロパティを変更します。

Get-SPRequestManagementSettings

要求マネージャー オブジェクトを取得します。

New-SPRequestManagementRuleCriteria

照合するルールの基準を作成します。

Set-SPRequestManagementSettings

要求マネージャーのプロパティを設定します。

Get-SPDistributedCacheClientSetting

利用状況から分散キャッシュ設定を取得します。

Clear-SPDistributedCacheItem

キャッシュされたアイテムを分散キャッシュ サーバーから消去します。

Set-SPDistributedCacheClientSetting

分散キャッシュを設定します。

Stop-SPDistributedCacheServiceInstanceGracefullyOnLocalServer

使用されていません。代わりの機能については、「Stop-SPDistributedCacheServiceInstance」を参照してください。

Stop-SPDistributedCacheServiceInstance

ローカル サーバーで分散キャッシュ サービスのインスタンスを停止します。

Remove-SPDistributedCacheServiceInstanceOnLocalServer

使用されていません。代わりの機能については、「Remove-SPDistributedCacheServiceInstance」を参照してください。

Remove-SPDistributedCacheServiceInstance

分散キャッシュ サービスのインスタンスをローカル サーバーから削除します。

Add-SPDistributedCacheServiceInstanceOnLocalServer

使用されていません。代わりの機能については、「Add-SPDistributedCacheServiceInstance」を参照してください。

Add-SPDistributedCacheServiceInstance

分散キャッシュ サービスのインスタンスをローカル サーバーに追加します。

Update-SPDistributedCacheSize

分散キャッシュ サービス専用のメモリの割り当てを再構成します。

表示: