SharePoint 2013 での State Service とセッション状態のコマンドレット

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint 2013 でのセッション状態と State Service のサポートに使用する Windows PowerShell コマンドレットの一覧を示します。

Windows PowerShell のコマンドレットは、セッション状態と State Service をサポートするために使用されます。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Disable-SPSessionStateService

ファームで Session State Service を無効にします。

Dismount-SPStateServiceDatabase

Microsoft SQL Server データベースから State Service データベースを削除せずに State Service データベースとの関連付けをファームから削除します。

Enable-SPSessionStateService

セッション状態データベースを作成し、Session State Service を有効にします。

Get-SPSessionStateService

タイムアウトとデータベースの設定を含む Session State Service のプロパティを返します。

Get-SPStateServiceApplication

ファームの State Service アプリケーションを返します。

Get-SPStateServiceApplicationProxy

ファームの State Service アプリケーション プロキシを返します。

Get-SPStateServiceDatabase

State Service データベースを返します。

Initialize-SPStateServiceDatabase

状態データベース スキーマを State Service データベースにインストールします。

Mount-SPStateServiceDatabase

既存の State Service データベースをファームに接続します。

New-SPStateServiceApplication

新しい State Service アプリケーションを作成します。

New-SPStateServiceApplicationProxy

State Service アプリケーションのプロキシを作成します。

New-SPStateServiceDatabase

新しい State Service データベースを作成し、準備して、そこに状態データベース スキーマをインストールします。

Remove-SPStateServiceDatabase

State Service データベースを State Service アプリケーションから削除し、それを SQL Server から削除します。

Resume-SPStateServiceDatabase

新しいデータ行の受け入れが行われるように、一時停止している State Service データベースを再開します。

Set-SPSessionStateService

State Service データベースとの通信に使用される資格情報を更新します。

Set-SPStateServiceApplication

State Service アプリケーションの名前を更新します。

Set-SPStateServiceApplicationProxy

State Service アプリケーション プロキシの名前を更新します。

Set-SPStateServiceDatabase

State Service データベースのプロパティを更新します。

Suspend-SPStateServiceDatabase

新しいデータ行をデータベースに追加できないように、状態データベースを一時停止します。

表示: