この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Windows PowerShell コマンドレットを使用して SharePoint 2013 を管理する

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2017-06-01

概要: SharePoint 2013 の一般的な管理に使用できる Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。

次の表では、SharePoint 2013 ファームの一般的な管理に使用できる Windows PowerShell のコマンドレットを示します。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Get-SPBrowserCustomerExperienceImprovementProgram

ブラウザー カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへの現在の参加状態を取得します。

Get-SPHelpCollection

ヘルプ コレクション ファイルを返します。

Install-SPHelpCollection

指定したヘルプ サイト コレクション ファイルを現在のファームにインストールします。

Set-SPBrowserCustomerExperienceImprovementProgram

ブラウザーのカスタマー エクスペリエンス向上プログラムを有効または無効にします。

Start-SPAssignment

新しい割り当てストアを開始します。

Stop-SPAssignment

指定した割り当てコレクションのオブジェクトを破棄します。

Uninstall-SPHelpCollection

ヘルプ コレクション ファイルを削除します。

Get-SPBingMapsKey

Bing マップ キーを返します。

Set-SPBingMapskey

Bing マップ キーを設定します。

Get-SPBingMapsBlock

Bing マップをブロック状態に設定します。

Set-SPBingMapsBlock

Bing マップのブロック状態を取得します。

Copy-SPContentTypes

オンプレミス環境から SharePoint Online (SPO) 環境にレプリケートするためのコンテンツ タイプを指定します。

Stop-SPContentTypeReplication

レプリケーション プロセスを手動で停止します。

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff678226.aspx
表示: