SharePoint Server 2013 での PerformancePoint Services のコマンドレット

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint Server 2013 での PerformancePoint Services の管理に役立つ Windows PowerShell コマンドレットを示します。

SharePoint Server 2013 の PerformancePoint サービス は、ビジネスを監視および分析するために使用できる SharePoint Server 2013 のパフォーマンス管理サービスです。PerformancePoint Services は、ダッシュボード、スコアカード、および主要業績評価指標 (KPI) を作成するための柔軟性に富んだ使いやすいツールを提供し、組織のユーザー全員が、全社的な目的と戦略に即して十分な情報を得たうえでビジネス上の決定を行えるよう導きます。

Windows PowerShell の機能を使用して、PerformancePoint Services の準備、サービス アプリケーションの管理と構成、信頼できる場所の構成と管理、サービス アプリケーションのプロキシの構成と管理、およびサービスのグローバル設定の構成を行うことができます。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Clear-SPPerformancePointServiceApplicationTrustedLocation

PerformancePoint Services アプリケーション ID のすべての信頼できる場所を削除します。

Get-SPPerformancePointServiceApplication

PerformancePoint Services アプリケーションのオブジェクトとプロパティを取得します。

Get-SPPerformancePointServiceApplicationTrustedLocation

PerformancePoint Services アプリケーションの信頼できる場所のオブジェクトとプロパティを取得します。

New-SPPerformancePointServiceApplication

PerformancePoint Services 用の新しいサービス アプリケーションを作成します。

New-SPPerformancePointServiceApplicationProxy

PerformancePoint Services アプリケーション用のプロキシを作成します。

New-SPPerformancePointServiceApplicationTrustedLocation

PerformancePoint Services アプリケーション用の新しい信頼できる場所を作成します。

Remove-SPPerformancePointServiceApplication

ファームから PerformancePoint Services アプリケーションを削除します。

Remove-SPPerformancePointServiceApplicationProxy

PerformancePoint Services アプリケーションのプロキシを削除します。

Remove-SPPerformancePointServiceApplicationTrustedLocation

PerformancePoint Services アプリケーションから 1 つの信頼できる場所を削除します。

Set-SPPerformancePointSecureDataValues

無人サービス アカウントのグローバル設定を行います。

Set-SPPerformancePointServiceApplication

PerformancePoint Services アプリケーションのグローバルな実行時プロパティを設定します。

表示: