Windows PowerShell のコマンドレットを使用して Access Services を管理する (SharePoint Server 2013)

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: SharePoint Server 2013 で Microsoft Access Service アプリケーションの管理に使用できる Windows PowerShell コマンドレットについて説明します。

Access Services は、管理者が Web ブラウザー内で Microsoft Access Servaice アプリケーションを表示、編集、および構成できる SharePoint Server 2013のサービスです。

Access Services のすべての設定では、サーバーの全体管理の UI 設定の有無に関係なく、バックアップと復元がサポートされます。ただし、バックアップと復元は、サービス レベルと管理レベルの設定のみが対象です。Access アプリケーションによるエンド ユーザーのコンテンツは、このプロセスの手順ではバックアップされません。

Access Services 向けの Windows PowerShell 機能を使用して、サービスの準備または以前のバックアップの設定を使用する新しいインスタンスの準備、マクロおよびクエリ設定の構成と管理、セッション管理の管理と構成、およびサービスのすべてのグローバル設定の構成を実行できます。

このページに表示されているコマンドレットはすべて SharePoint Server 2013で新しく追加されたものです。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Get-SPAccessServicesApplication

Access Services アプリケーションまたは Access Services アプリケーションのコレクションを返します。

Get-SPAccessServicesDatabase

Access Services データベースまたは Access Services データベースのコレクションを返します。

Get-SPAccessServicesDatabaseServer

すべてのアプリケーション サーバーの設定を返します。

Get-SPAccessServicesDatabaseServerGroup

すべてのアプリケーション サーバー グループの設定を返します。

Get-SPAccessServicesDatabaseServerGroupMapping

ソース パッケージの種類からデータベース サーバー グループへのマッピングを返します。

New-SPAccessServicesApplication

SharePoint Server 2013に Access Services アプリケーションの新しいインスタンスを作成します。

New-SPAccessServicesDatabaseServer

サーバーのリストに新しい SQL Server データベースを追加します。

Remove-SPAccessServicesDatabaseServer

指定のデータベース サーバーを削除します。

Reset-SPAccessServicesDatabasePassword

ユーザー アプリケーション データベースのすべてのログオンのパスワードをリセットします。

Set-SPAccessServicesApplication

SharePoint Server 2013の既存の Access Services アプリケーションのグローバル パラメーターを設定します。

Set-SPAccessServicesDatabaseServer

SQL Server 内のデータベースが利用可能であるかどうかを指定します。

Set-SPAccessServicesDatabaseServerGroupMapping

サーバー グループ マッピングを設定します。

表示: