SharePoint Server 2013 でのエンタープライズ コンテンツ管理のコマンドレット

 

適用先:SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint Server 2013 環境でコンテンツを管理するのに役立つ Windows PowerShell コマンドレットの一覧を掲載しています。

ECM (エンタープライズ コンテンツ管理) は、組織内のプロセスに関連するコンテンツとドキュメントの取得、保持、配布に使用する戦略、手法、およびツールです。SharePoint Server 2013では、コンテンツ展開機能の 2 つの側面に Windows PowerShell コマンドレットを使用できます。

コンテンツ展開機能は、展開元の SharePoint Server 2013 サイト コレクションから展開先のサイト コレクションへコンテンツをコピーします。展開元のサイト コレクション全体をコピーするか、一部のサイトをコピーできます。

メモメモ:
コンテンツ展開を最初に実行するときは、必ず完全展開として実行してください。完全展開を実行した後は、変更されたページと関連リソースのみを展開する増分展開を実行できます。

コンテンツ展開に関連する Windows PowerShell コマンドレットは、以下の 2 つの領域の処理を行います。

  • コンテンツ展開パス   コンテンツ展開パスは、コンテンツの展開元と展開先のサイト コレクションの関係を定義します。パスの作成後に、ジョブを作成し、パスと関連付けて、コンテンツ展開を開始できます。

    Windows PowerShell 名詞、SPContentDeploymentPath を使用して、展開パスを取得、設定、および作成できます。

  • コンテンツ展開ジョブ   コンテンツ展開ジョブはコンテンツ展開パスと関連付けられます。展開元から展開先へ展開される特定のコンテンツ、および展開を実行するスケジュールを定義します。

    Windows PowerShell 名詞、SPContentDeploymentJob を使用して、管理者は展開ジョブを取得、設定、および作成できます。

この記事では、メタデータの管理をサポートするコマンドレットの一覧も記載しています。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Get-SPContentDeploymentJob

コンテンツ展開ジョブまたはコンテンツ展開ジョブのコレクションを返します。

Get-SPContentDeploymentPath

コンテンツ展開パスまたはコンテンツ展開パスのコレクションを返します。

Get-SPSiteSubscriptionEdiscoveryHub

サイト購読用に電子情報開示ハブを表示します。

Get-SPSiteSubscriptionEdiscoverySearchScope

指定されたサイト コレクションの電子情報開示ハブの検索範囲を表示します。

New-SPContentDeploymentJob

コンテンツ展開ジョブを作成します。

New-SPContentDeploymentPath

新しいコンテンツ展開パスを作成します。

Remove-SPContentDeploymentJob

コンテンツ展開ジョブを削除します。

Remove-SPContentDeploymentPath

コンテンツ展開パスを削除します。

Set-SPContentDeploymentJob

コンテンツ展開ジョブのプロパティを設定します。

Set-SPContentDeploymentPath

コンテンツ展開パスのプロパティを設定します。

Set-SPSiteSubscriptionEdiscoveryHub

サイト購読の電子情報開示ハブのプロパティを設定します。

Start-SPContentDeploymentJob

コンテンツ展開ジョブを開始します。

 

コマンドレット名 説明

Clear-SPMetadataWebServicePartitionData

メタデータ Web サービス アプリケーション上でサイト購読に関するすべてのデータを削除します。

Export-SPMetadataWebServicePartitionData

メタデータ Web サービスからサイト購読に関するデータをエクスポートします。

Get-SPMetadataServiceApplication

サービス アプリケーションまたはサービス アプリケーションのコレクションのプロパティを返します。

Get-SPMetadataServiceApplicationProxy

サービス アプリケーション プロキシまたはサービス アプリケーション プロキシのコレクションのプロパティを返します。

Get-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

メタデータ サービス アプリケーションのサイト購読に関する構成設定を返します。

Get-SPTaxonomySession

TaxonomySession オブジェクトを返します。

Import-SPMetadataWebServicePartitionData

サイト購読に関するデータを復元します。

New-SPMetadataServiceApplication

新しいメタデータ サービス アプリケーションを作成します。

New-SPMetadataServiceApplicationProxy

新しいメタデータ サービス アプリケーション プロキシを作成します。

Remove-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

サイト購読の構成設定を削除します。

Set-SPMetadataServiceApplication

メタデータ サービス アプリケーションのプロパティを設定します。

Set-SPMetadataServiceApplicationProxy

メタデータ サービス アプリケーション プロキシのプロパティを設定します。

Set-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

指定されたメタデータ サービス アプリケーションにサイト購読に関する構成設定を設定します。

表示: