SharePoint 2013 でのログとイベントのコマンドレット

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint 2013 でシステム イベントのログへの記録および診断の実行を行える Windows PowerShell コマンドレットを示します。

Windows PowerShell コマンドレットを使用して、システム イベントのログを記録し、診断を実行できます。

SharePoint 2013 のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Clear-SPLogLevel

Windows のトレース ログとイベント ログのレベルをそれぞれの既定の値にリセットします。

Get-SPLogLevel

オブジェクトのリストまたは診断レベルを返します。

Set-SPLogLevel

カテゴリのセットのトレース レベルとイベント レベルを設定します。

Get-SPLogEvent

統合ログ サービス (ULS) のトレース ログの結果を返します。

Get-SPDiagnosticConfig

ファームの ULS 診断構成値を取得します。

Get-SPDiagnosticsProvider

診断プロバイダーを返します。

Merge-SPLogFile

すべてのファーム コンピューターのトレース ログ エントリをローカル コンピューター上の 1 つのログ ファイルにまとめます。

New-SPLogFile

新しいログ ファイルを作成します。

New-SPUsageLogFile

現在のサーバー コンピューターで新しい利用状況ログ ファイルを開始します。

Set-SPDiagnosticConfig

ファームの診断構成設定を設定します。

Set-SPDiagnosticsProvider

診断プロバイダーを有効にして、診断プロバイダーの保持ポリシーを更新します。

表示: