Office 2013 の複数言語の展開を計画する

 

適用先:Office 2013, Office 365 ProPlus

概要: Office 2013 の複数言語のセットアップ、カスタマイズ、および校正ツールについて計画します。

対象ユーザー: IT 担当者

複数の言語で Office 2013 を展開する場合は、慎重に計画する必要があります。ここでは、セットアップの計画に関する検討事項、および言語パックまたは校正ツールをインストールするときに行うことができるカスタマイズについて説明します。

重要重要:
この記事では、Office 2013 の Windows インストーラーをベースにした (MSI) 配信形式に対応するように言語パックを展開および管理する方法について説明します。この配信形式は、ボリューム ライセンスを通じてエンタープライズ組織で使用できます。Office のサブスクリプション契約を結び、Office 365 ProPlus配信形式を使用する クイック実行 を展開している場合は、クイック実行ベースの Office インストールの複数言語の展開を計画する を参照してください。

この記事の内容

言語に依存しない Office 2013 の設計によって、Office 製品を複数の言語で展開することが容易になっています。一連のインストールを作成する代わりに、セットアップによって単一のインストールが複数の言語バージョンを持つように調整できます。

特定の言語の言語固有のコンポーネントはすべて Office 2013 Language Pack に含まれています。それぞれの Office 2013 Language Pack に、その言語で利用できるすべての Office 2013 製品についての言語固有のフォルダーがあります。フォルダーは、フォルダー名に追加された言語タグによって識別されます。言語タグの一覧については、「Office 2013 の言語識別子と OptionState ID 値」を参照してください。

必要なすべての Office 2013 Language Pack を選択し、少なくとも 1 つの完全な Office 2013 製品が含まれているネットワーク インストール ポイントにコピーします。既定では、セットアップによって、各ユーザーのコンピューターに設定された Windows ユーザー ロケールに適合する言語バージョンが自動的にインストールされます。この既定の動作を変更して、複数の言語バージョンの配布を手動で行うこともできます。たとえば、次のようなタスクを実行できます。

  • 単一のコンピューターに複数の言語をインストールする

  • ユーザーのロケールで指定されているオペレーティング システムの言語に関係なく、ユーザーのコンピューターにインストールする言語を指定する

  • カスタム設定を 1 回指定して、組織内で展開するすべての言語バージョンにそれを適用する

  • ユーザー グループごとに異なる言語を展開する

  • 追加する言語の Microsoft Office 2013 Proofing Tools Kit を展開する

現実のシナリオに適した展開ソリューションについては、「Microsoft Office 2010 用の Multilanguage Pack の展開」のモデル ポスターを参照してください。

メモメモ:
このポスターは Office 2010 の Multilanguage Pack を展開する方法について説明しており、Office 2013 では言語の一覧が変更されていますが、このポスターで説明している主要な決定項目、タスク、および出力は Office 2013 にも適用されます。
Office 2010 用の Multilanguage Pack の展開 - モデル

Office 2013 Language Pack に含まれている副校正言語については、「Office 2013 の副校正言語」を参照してください。

それぞれの Office 2013 Language Pack には、1 つまたは複数の追加の言語のための校正ツールが同梱されています。たとえば、Office 2013 Language Pack - Danish には、デンマーク語用に加えて、英語用とドイツ語用の校正ツールが同梱されています。英語用の校正ツールはすべての Office 2013 Language Pack に同梱されています。校正ツールの詳細については、「校正ツールを計画する」を参照してください。

セットアップでは、ある言語バージョンの Office 2013 製品をインストールする前に、その言語に必要なオペレーティング システムのサポートが有効になっているかどうかが確認されます。サポートが有効になっていない場合は、インストールが中止されます。たとえば、東アジア言語のサポートが有効になっていないと、日本語バージョンの Office 2013 はインストールされません。

必要な言語は展開開始前に決定することが重要です。最初の展開後にユーザーの構成を変更するには、追加の言語を含めるための特別な手順が必要になります。詳細については、「Office 2013 を展開した後に言語パックを追加または削除する」を参照してください。

複数の言語バージョンを含むネットワーク インストール ポイントから Office 2013 を展開する場合は、セットアップのユーザー インターフェイスで使用する言語を指定する必要があります。既定では、Office 2013 のインストール言語と同じ言語、およびシェル ユーザー インターフェイス (シェル UI) と同じ言語が使用されます。シェル UI には、ファイル名拡張子、ツール ヒント、右クリック メニュー項目など、オペレーティング システムに登録される Office 2013 のコア要素が含まれています。

各クライアント コンピューターに Office 2013 の言語バージョンを 1 つだけインストールすることを目標として、Config.xml ファイルで追加の言語を指定しない場合は、以下のロジックでセットアップの使用言語が決定されます。

  • セットアップは、ユーザー ロケールと同じ言語を使用します。

  • 一致する言語がない場合、セットアップは、近い言語を探します。たとえば、ユーザー ロケールが英語 (カナダ) に設定されていれば、Office 2013 を英語 (米国) でインストールします。

  • 近い言語がない場合、セットアップは、Windows レジストリの以下のサブキーにある言語を探します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\LanguageResources

    InstallLanguage エントリが LanguageResources サブキーに追加されておらず、特定の言語 (LCID) に設定されていない場合、セットアップは、ユーザーに言語を選択するように求めます (対話形式のインストールのとき)。ただし、サイレント インストールのときは、インストールが停止します。

各クライアント コンピューターに複数の言語バージョンの Office 2013 をインストールすることを目標とする場合は、Config.xml ファイルを編集し、含める言語ごとに <AddLanguage> 要素を設定してください。ただし、Config.xml ファイルで複数の言語を追加するときは、それらの言語のどれをシェル UI 用として使用するかを指定する必要があります。シェル UI 用の言語を指定しないと、インストールは失敗します。

シェル UI 用の言語を指定するには、<AddLanguage> 要素の ShellTransform 属性を設定します。この場合、セットアップのユーザー インターフェイスの言語は前に説明したロジックに従って決定されます。ただし、コンピューターにインストールされる言語とシェル UI の言語は Config.xml ファイルのエントリによって決定されます。

セットアップは Office 2013 を、他のインストール言語に加えて、必ずシェル UI 用の言語でインストールします。たとえば、シェル UI がフランス語に設定されている場合、ユーザーは [言語] タブで追加のインストール言語を選択できますが、フランス語を削除することはできません。

さまざまなシナリオに合わせてセットアップをカスタマイズするときの具体的な手順については、「Office 2013 の言語のセットアップと設定をカスタマイズする」の該当するセクションを参照してください。

ユーザーが Office 2013 アプリケーションを初めて起動したとき、セットアップによって既定の設定が適用されますが、これらの設定はコンピューターにインストールされている言語と Windows のユーザー ロケールの設定で指定されている言語に対応したものとなります。

Office 2013 の操作に影響する主な言語設定は次のとおりです。

  • 主編集言語   コンピューターに複数の言語バージョンの Office 2013 がインストールされている場合は、この設定で Office アプリケーションやドキュメントの操作に使用する言語が決まります。

  • 有効となっている編集言語   ユーザーは、Office 2013 ドキュメントの編集用に複数の言語を指定できます。選択する言語によっては、この設定を有効にするためにユーザーが追加の校正ツールをインストールする必要があります。

  • ユーザー インターフェイス言語   この設定でユーザー インターフェイスの表示言語が決まります。

  • ヘルプ言語   この設定でヘルプ トピックの表示言語が決まります。

これらの言語設定をユーザーに代わって事前に構成しておくことができます。Office のインストール時にセットアップ カスタマイズ ファイル (.msp ファイル) またはポリシーによって指定したカスタム言語設定は、Office 2013 アプリケーションの初回起動時に既定の設定で上書きされません。

言語設定を構成するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • グループ ポリシー   グループ ポリシー設定を使用すると既定の言語設定を強制的に適用できます。グループ ポリシーによって管理されている設定を組織内のユーザーが永続的に変更することはできません。設定はユーザーがログオンするたびに再適用されます。

    Office 2013 の言語設定を管理するときに役立つポリシー設定は次のとおりです。

    • [メニューとダイアログ ボックスの表示に使用する言語]   [ユーザーの構成]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2013]\[言語設定]\[表示言語] の下の [表示言語] フォルダーにあります。このポリシー設定によってユーザー インターフェイスの言語が決まります。

    • [ヘルプで使用する言語]   [ユーザーの構成]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2013]\[言語設定]\[表示言語] の下の [表示言語] フォルダーにあります。このポリシー設定によってオンライン ヘルプの言語が決まります。このポリシー設定を構成していない場合、ヘルプの言語にはユーザー インターフェイスの言語が使用されます。

    • [有効となっている編集言語]    [ユーザーの構成]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2013]\[言語設定]\[編集言語] の下の [編集言語] フォルダーにあります。このポリシー設定によって、Office でサポートされている言語の一覧にある編集言語が有効になります。

    • [主編集言語]   [ユーザーの構成]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2013]\[言語設定]\[編集言語] の下の [編集言語] フォルダーにあります。使用可能な言語バージョンがコンピューター上に複数あるとき、Office アプリケーションやドキュメントの操作に使用する言語がこのポリシー設定によって指定されます。

  • Office カスタマイズ ツール (OCT)   OCT を使用してセットアップ カスタマイズ ファイル (.msp ファイル) を作成します。このファイルは、インストール時にセットアップによって適用されます。OCT で指定した設定は既定の設定になります。ユーザーはインストール後に既定の設定を変更できます。

  • 言語設定ツール   ポリシーで言語設定を強制的に適用していなければ、Office 2013 アプリケーションで作業するユーザーが言語設定ツールを使用して自分の言語設定を変更できます。

複数の言語を展開するために、これらのツールを使用して Office 2013 をカスタマイズするときの具体的な手順については、「Office 2013 の言語のセットアップと設定をカスタマイズする」を参照してください。

通常、この記事で説明したいずれかの方法で言語設定を構成した場合、Office 2013 アプリケーションの初回の起動時には、コンピューターにインストールされている言語に対応した既定の設定が適用されます。つまり、新しい言語設定は Office 2013 アプリケーションの次回 (2 回目) の起動時から有効になります。

Office 2013 アプリケーションの初回起動時から新しい言語設定を有効にするには、Office 2013 インストールの初期展開時、またはユーザーが Office 2013 アプリケーションを使用する前に、ユーザーのコンピューターに以下のレジストリ設定を展開します。これらのレジストリ設定は、スクリプトかバッチ ファイル、グループ ポリシー、または OCT で展開できます。構成する必要のあるレジストリ設定は、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\LanguageResources キーの下の、以下の DWORD 値です。

UILanguage

HelpLanguage

FollowSystemUI

以上のそれぞれの値について、Value 名として、使用する言語に対応した LCID (ロケール識別子) を指定します。LCID の一覧については、「Office 2013 の言語識別子と OptionState ID 値」を参照してください。LCID は 10 進の数値です。したがって、Base オプションを Decimal に設定する必要もあります。

Office 2013 では、主編集言語の設定に加えて、オペレーティング システムのユーザー ロケールに適合するように数値形式などの言語関連の設定も構成されます。この動作は、Windows レジストリの LanguageResources サブキーの LangTuneUp エントリによって制御されます。ユーザー ロケールが既定の設定に影響しないようにするには、Office 2013 をインストールするとき LangTuneUp の値をリセットします。LangTuneUp エントリが存在しない場合、Office 2013 はアプリケーションの初回の起動時にそのエントリを作成して、値を OfficeCompleted に設定します。

LangTuneUp エントリには、以下の 2 つの値のどちらかを設定できます。

  • OfficeCompleted   ユーザー ロケールに基づく設定は、Office 2013 に全体としては適用されません。ただし、個々のアプリケーションは新しい入力システム (IME) や言語スクリプトの有無を確認し、ユーザー ロケールに固有のアプリケーション設定を適用します。たとえば、新たに取り付けたキーボードで適切な編集言語が有効になっているかどうかや、Word でユーザー ロケールに基づく Normal.dot のフォントが使用されているかどうかが確認されます。

  • Prohibited   ユーザー ロケール関連の設定は Office 2013 または Office 2013 の個々のアプリケーションによって変更されません。

シナリオによっては、多国語組織で標準的な構成を横断的に維持する場合、ユーザー ロケールの設定を無視すると、構成の維持が容易になります。LangTuneUp エントリを Prohibited に設定すると、言語の設定が一貫し、各国でのマクロの互換性が高まります。

たとえば、拠点が米国にある組織で各国の設定を標準化する場合は、Office 2013 を展開するとき、主編集言語en-us (米国英語) に設定し、LangTuneUpProhibited に設定します。このシナリオでは、ユーザーは各自のロケールに関係なく同じ既定の設定を受け取ります。

ユーザー ロケールを無視することが常に最適なオプションとは限りません。たとえば、Office 2013 ドキュメントでアジア言語の文字を読んだり入力したりするユーザーが、文字を正しく表示するために必要なアジア言語のフォントをインストールしていない場合もあります。ユーザーのコンピューターのインストール言語がドキュメントで使用されている言語と一致しない場合、LangTuneUpProhibited に設定されていると、Office 2013 は既定以外の言語のフォントを表示しません。Office 2013 をインストールしたコンピューターでユーザー ロケールとして複数のアジア言語をサポートする必要がある場合は、LangTuneUp の設定を OfficeCompleted のままにしておく必要があります。この既定値がユーザーによって変更されないように、適切なポリシーを設定してください。

校正ツールを使用すると、52 言語以上の文書を編集できます。言語に応じて、スペル チェック、文章校正、類義語辞典、ハイフネーションなどの編集ツールがあります。また、言語自動判別、要約の作成、インテリジェント オートコレクトなど、言語固有の編集機能もあります。

Office 2013 Proofing Tools Kit では、任意の校正ツールをインストールできる単一のリソースが提供されます。校正ツールは、ローカル コンピューターにインストールすることも、特定のユーザー グループに展開することもできます。また、組織内の 1 人以上のユーザーに合わせてツールをカスタマイズし、インストールすることもできます。

コンピューターに既にインストールされている言語以外の言語で文書を編集する必要があるユーザーのために、追加の校正ツールを展開できます。次のどちらかを使用して、追加の校正ツールを展開できます。

  • Office 2013 Language Pack   このオプションは、ユーザーが特定の言語のユーザー インターフェイスと校正ツールの両方を必要とする場合に使用します。必要なすべての校正ツール言語が 1 つの言語パックで提供されている場合もあります。言語パックに含まれる副校正ツール言語は、Office 2013 の言語版に含まれる副言語を反映しています。

    副言語の一覧については、「Office 2013 の副校正言語」を参照してください。1 つの言語パックに必要なすべての校正ツール言語が含まれている場合は、現実のシナリオに適した手順 (「Office 2013 の言語のセットアップと設定をカスタマイズする」) で言語パックを展開してください。

  • Office 2013 Proofing Tools Kit   この製品には、Office 2013 で使用可能なすべての言語の校正ツールが含まれています。このオプションは、必要な校正ツールが、インストール済みのどの言語の副言語にも含まれておらず、インストール可能な追加の言語パックにも含まれていない場合に使用してください。

Office 2013 Multilanguage Pack には、すべての Office 2013 Language Pack が含まれています。個々の Office 2013 Language Pack、Office 2013 Multilanguage Pack、および Office 2013 Proofing Tools Kit は、Microsoft ボリューム ライセンス プログラムを通じて購入できます。また、ダウンロード センターから Microsoft Office 校正ツール 2013 をダウンロードすることもできます。

校正ツールのインストールに必要なハード ディスクの空き領域は 1 ギガバイト (GB) です。ただし、校正ツールを言語パックと Office 2013 Proofing Tools Kit のどちらから展開するかで、全体として必要なディスク領域は変化します。Office 2013 の多くの製品がそうであるように、Office 2013 Proofing Tools Kit パッケージも全体がローカル インストール ソース (LIS) にキャッシュされます。

メモメモ:
  • 校正ツールには二か国語辞書やワード ブレーカーは含まれていません。これらのツールは、それぞれの言語バージョンまたは言語パックに含まれています。

  • Office 2013 以降では、オンプレミス (MSI インストール) バージョンの Office 2013 を購入したお客様は、ボリューム ライセンスであるかどうかを問わず、52 の言語に対応した校正ツール パッケージを無料でダウンロードできるようになりました。これらの校正ツール パッケージには 32 ビット版と 64 ビット版があり、どちらも Office の校正ツールからダウンロードできます。詳細については、Office 2013 の副校正言語 の「ダウンロード可能な校正ツール パッケージ」を参照してください。

Office 2013 Proofing Tools Kit のセットアップをカスタマイズするには、ProofKit.WW フォルダー内の Config.xml ファイルを変更します。インストールする必要のない校正ツール セットごとに、OptionState 要素の State 属性を Absent に設定します。

<OptionState

Id=" optionID "

State="Absent" | "Advertise" | "Local"

[Children="force"]

/>

次の表に、OptionState の属性、値、および説明を示します。

OptionState の属性と値

Attribute 説明

Id

optionID

ユーザーがインストールすることを選択できるアイテムです。「Office 2013 の言語識別子と OptionState ID 値」の「Proofing Tools の Config.xml の OptionState ID 値」を参照してください。

State

Absent

機能はインストールされません。

Advertise

初めて使用するときに機能がインストールされます。

Local

機能がユーザーのコンピューターにインストールされます。

Children

force

機能のすべての子機能が、指定した状況に設定されます。

メモメモ:
State 属性の既定値は "Local" です。

以下の Config.xml ファイルの例では、各言語の OptionState 要素の State 属性が Absent に設定されています。この例を Office 2013 Proofing Tools Kit の Config.xml ファイルにコピーして使用する場合は、展開する校正ツール セットごとに State 属性を Local (あるいは、必要に応じて Default または Advertise) に設定してください。

<Configuration Product="ProofKit">
  <!-- <Display Level="full" CompletionNotice="yes" SuppressModal="no" AcceptEula="no" /> -->
  <!-- <Logging Type="standard" Path="%temp%" Template="Microsoft Office Proofing Tools Kit Setup(*).txt" /> -->
  <!-- <USERNAME Value="Customer" /> -->
  <!-- <COMPANYNAME Value="MyCompany" /> -->
  <!-- <INSTALLLOCATION Value="%programfiles%\Microsoft Office" /> -->
  <!-- <LIS CACHEACTION="CacheOnly" /> -->
  <!-- <LIS SOURCELIST ="\\server1\share\Office;\\server2\share\Office" /> -->
  <!-- <DistributionPoint Location="\\server\share\Office" /> -->
  <!-- <OptionState Id="OptionID" State="absent" Children="force" /> -->
    <OptionState Id="IMEMain_1028" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="IMEMain_1041" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="IMEMain_1042" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="IMEMain_2052" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1025" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1026" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1027" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1028" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1029" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1030" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1031" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1032" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1033" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1035" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1036" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1037" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1038" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1040" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1041" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1042" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1043" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1044" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1045" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1046" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1048" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1049" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1050" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1051" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1053" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1054" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1055" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1056" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1058" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1060" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1061" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1062" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1063" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1069" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1081" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1087" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1094" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1095" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1097" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1099" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1102" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_1110" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_2052" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_2068" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_2070" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_2074" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_3076" State="Absent" Children="force"/>
    <OptionState Id="ProofingTools_3082" State="Absent" Children="force"/>
  <!-- <Setting Id="Setup_Reboot" Value="IfNeeded" /> -->
  <!-- <Command Path="%windir%\system32\msiexec.exe" Args="/i \\server\share\my.msi" QuietArg="/q" ChainPosition="after" Execute="install" /> -->
</Configuration>

Office 2013 Proofing Tools Kit のセットアップをカスタマイズする方法の詳細については、「Office 2013 の言語のセットアップと設定をカスタマイズする」の「Office 2013 Proofing Tools Kit をカスタマイズおよびインストールする」を参照してください。

Office 2013 Proofing Tools Kit を展開すると、セットアップはユーザーのコンピューターにローカル インストール ソースを作成します。ローカル インストール ソースは、Office 2013 Proofing Tools Kit の圧縮されたソース ファイルのコピーです。セットアップは、ユーザーのコンピューターにファイルをコピーした後、ローカル インストール ソースからインストールを実行します。Office 2013 Proofing Tools Kit を展開する前にローカル インストール ソースを個別に展開すると、ネットワークの負荷を最小限に抑えることができます。Office 2013 Proofing Tools Kit のローカル インストール ソースのプリキャッシュについては、「Office 2010 のローカル インストール ソースをプリキャッシュする」を参照してください。Office 2013 Proofing Tools Kit CD の ProofKit.WW フォルダーにある Setup.exe ファイルと Config.xml ファイルを使用します。

表示: