この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Office 365 Advanced Threat Protection サービスの説明

Office 365
 

適用先:Office 365

トピックの最終更新日:2017-10-02

Microsoft Office 365 Advanced Threat Protection (ATP) は、クラウドベースの電子メール フィルタリング サービスであり、堅牢なゼロデイ保護を提供して未知のマルウェアやウイルスから組織を保護するのに役立ち、リアルタイムで有害なリンクから組織を保護する機能が含まれています。ATP には多機能なレポート機能と URL トレース機能があるので、管理者は組織内で発生する攻撃の種類を見極めることができます。

メッセージング保護に ATP を使用できる基本的な方法として、次のようなものがあります。

  • Office 365 ATP のフィルタリングのみのシナリオ ATP は、オンプレミスの Exchange Server 2013 環境、従来の Exchange Server バージョン、その他のオンプレミス SMTP メール ソリューションにクラウドベースのメール保護を提供します。

  • Office 365 ATP は Exchange Online クラウド ホスト型メールボックスを保護するために有効にすることができます。Exchange Online の詳細については、「Exchange Online サービスの説明」を参照してください。

  • ハイブリッド展開でオンプレミスのメールボックスとクラウドのメールボックスが混在している場合は、受信電子メール フィルタリングに Exchange Online Protection を併用するように ATP を構成し、メッセージング環境の保護やメール ルーティングの制御が行えます。

ATP は、Office 365 Enterprise E5 に含まれています。ATP は、以下の Exchange と Office 365 サブスクリプション プランに追加できます。

  • Exchange Online プラン 1

  • Exchange Online プラン 2

  • Exchange Online Kiosk

  • Exchange Online Protection

  • Office 365 Business Essentials

  • Office 365 Business Premium

  • Office 365 Enterprise E1

  • Office 365 Enterprise E3

  • Office 365 Enterprise F1

  • Office 365 Education

Office 365 Advanced Threat Protection を購入するには、「Office 365 Advanced Threat Protection」を参照してください。

各プランの機能を比較するには、「プランを選ぶ」をご覧ください。

ATP の新機能の詳細については、「Office 365 の ATP の安全なリンク」を参照してください。

ATP は、Microsoft Exchange Server 2013 などのあらゆる SMTP メール転送エージェントと一緒に使用できます。ATP でサポートされているオペレーティング システム、Web ブラウザー、言語については、「Exchange Online Protection の Exchange 管理センター」の「サポートされているブラウザー」と「サポートされている言語」をご覧ください。

各機能を以下に列挙します。Exchange Online という記述は、主に、Office 365 Enterprise サービス ファミリを指しています。

 

機能 ATP スタンドアロン Exchange Online Protection

リンク保護

はい

はい

添付ファイル保護

はい

はい

スプーフィング インテリジェンス

はい

いいえ

検疫

はい

はい

高度なフィッシング詐欺対策機能

はい

いいえ

ATP のリンク保護機能は、メッセージ内の悪質なハイパーリンクから予防的にユーザーを保護します。リンクをクリックした後も保護は毎回継続し、悪意のあるリンクは動的にブロックされ、適切なリンクにはアクセスできます。

添付ファイル保護は、未知のマルウェアやウイルスから保護し、メッセージング システムを保護するゼロデイ保護を提供します。既知のウイルス/マルウェア署名がないすべてのメッセージと添付ファイルは、ATP がさまざまな機械学習および分析テクノロジを使用して悪意を検出する特別な環境にルーティングされます。不審な動作が検出されないと、メッセージが解放されてメールボックスに配信されます。

ある送信者が組織のドメインのいずれかに属する 1 つ以上のユーザー アカウントに代わってメールを送信していると思われる場合、スプーフィング インテリジェンスはそのことを検出します。こうして、そのドメインになりすましているすべての送信者を確認し、送信者に続行を許可するか、それとも送信者をブロックするかを選択できます。スプーフィング インテリジェンスは、セキュリティ/コンプライアンス センターの [スパム対策設定] ページで使用できます。

スパム、バルク メール、フィッシング詐欺メール、マルウェアを含んだメールとして Office 365 サービスが識別したメッセージや、メール フロー ルールに一致しているために Office 365 サービスが識別したメッセージは、検疫に送ることができます。既定では、Office 365 は、フィッシング詐欺メッセージとマルウェアを含むメッセージを検疫に直接送信します。許可されているユーザーは、検疫に送信された電子メール メッセージを確認、削除、管理できます。

この機能は、フィッシング詐欺メッセージを検出するために、機械学習モデルを使用します。

UNRESOLVED_TOKENBLOCK_VAL(LinkedIn_Learning_Admin_ITPro_Placement)

このトピックに関するコメントや質問がある場合は、Office 365 サービスの説明のフィードバック宛てにフィードバックをお送りください。Office 365 についてサポートが必要な場合は、Microsoft サポート センターにアクセスしてください。顧客サービス担当者とチャットをご希望の場合は、「プランを選ぶ」ページにアクセスして、上部の赤いバナー内の [チャット開始] をクリックしてください。

 
表示: