OLAP データベースの管理 (Project Web App)

 

適用先:Project Server 2013, Project Web App

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: Project Web App を使用して、レポートする必要のある特定のリソース、プロジェクト、およびユーザー設定フィールドを含む OLAP データベースを作成します。

Project Web App を使用すると、組織内の各グループでグループ固有のレポートに必要となる固有のリソース、プロジェクト、およびユーザー設定フィールドが含まれる、複数の OLAP データベースを配布できます。

メモメモ:
Project Web App では、SQL Server 2008 R2 Analysis Services と SQL Server 2012 Analysis Services に OLAP キューブを構築することがサポートされています。

Project Web App では、次の特徴を持つ複数の OLAP データベースを作成できます。

  • 管理対象のプロジェクトとリソースのデータのみを格納する。

  • 新しい統合 OLAP データベース管理ユーザー インターフェイスを使用して選択されるファクトとディメンションのみを格納する。

  • OLAP データベースに読み込まれるプロジェクト、ユーザー設定フィールド、およびリソースを制限する部署フィルター処理をサポートする。

  • 組み込みのメジャーを使用して、含めるか除外するかを選択できる。たとえば、基準コスト 7 など、使用しないフィールドを削除してデータの整理が可能。

  • 非アクティブなタスクとユーザーがスケジュールしたタスクのデータを含める。

  • 時間単位データと非時間単位データの追加を選択できる。

  • 単一 OLAP データベースでの複数のメジャー グループをサポートする。

  • 多言語のレポートを作成するために複数の言語でフィールド名を格納できる。

また、新しい OLAP データベースが作成されるときに、必要な Office データ接続テンプレートと Excel レポート テンプレートがビジネス インテリジェンス センターの [レポート] フォルダーに作成されます。データに接続されたこの空のテンプレートは、新しい OLAP データベースに基づく新しいレポートをすばやく作成するのに役立ちます。

プロジェクトとリソースの両方に部署を作成できます。部署の主な目的は、Project Professional 2013および Project Web App の特定の領域に表示するユーザー設定フィールドを指定するためのフィルターとして働くことです。部署を使用すると、業務部門ごとに異なるユーザー設定フィールドの組み合わせを定義し、表示できます。また、特定の部署用のデータのみが読み込まれるように OLAP データベースをフィルター処理する目的にも使用できます。

キューブを構成するときに、プロジェクトとリソースの部署を指定して、データベースのデータをそれらの条件に基づいてフィルター処理することができます。これらの値は、[OLAP データベース作成設定] ページで指定します。

また、OLAP データベース構成には、[プロジェクト] 部署フィールドをディメンションとしてプロジェクト キューブまたはタスク キューブに追加できます。さらに、複数値フィールドに変換されていない [リソース] 部署フィールドをディメンションとしてリソース キューブに追加することもできます。

Project Web App では、部署ユーザー設定フィールドを使用して、情報が多すぎる問題と選択肢が多すぎる問題を軽減できます。部署は、ユーザー設定フィールド リストの管理と、どのフィールドを必須にするかどうかのリソース レベル、タスク レベル、またはプロジェクト レベルでの定義を行うのに役立ちます。

Project Web App では、フィールドの有効範囲はグローバルにすることも、特定の部署にすることもできます。

部署フィールドは、次の 2 つの主な機能を提供します。

  • ユーザー設定フィールドのフィルター処理。既定で、システムに対してグローバルなフィールドおよびユーザーが属する部署に含まれるフィールドだけがユーザーに表示されます。

  • 入力を必須とするフィールドの制御。

部署の使用例

フィールド 範囲 部署 必須

ProjectCustomText1

グローバル

-

いいえ

ProjectCustomText2

グローバル

-

はい

ProjectCustomText3

部署

マーケティング

いいえ

ProjectCustomText4

部署

マーケティング

はい

ProjectCustomText5

部署

開発

はい

ProjectCustomText6

部署

開発

いいえ

John Woods は開発部署に所属します。部署ユーザー設定フィールドが有効になっていると、製品領域には次のフィールドが表示されます。

  • ProjectCustomText1

  • ProjectCustomText2

  • ProjectCustomText5

  • ProjectCustomText6

John は、ProjectCustomText2 および ProjectCustomText5 にデータを入力する必要があります。

Cindy White はマーケティング部署に所属します。部署ユーザー設定フィールドが有効になっていると、製品領域には次のフィールドが表示されます。

  • ProjectCustomText1

  • ProjectCustomText2

  • ProjectCustomText3

  • ProjectCustomText4

Cindy は、ProjectCustomText2 および ProjectCustomText4 にデータを入力する必要があります。

既定で、部署は John Woods および Cindy White に対して表示する一連のユーザー設定フィールドをフィルター処理します。しかし、2 人が他の部署に割り当てられたユーザー設定フィールドを表示することは妨げません。

部署フィールドはセキュリティに関連付けられません。部署フィールドをセキュリティ カテゴリやグループで使用してフィールドとその機能を有効または無効にすることはできません。このフィールドの主な目的は、対象ユーザーにとって不要なフィールドを除外することです。

キューブに関する部署の考慮事項

フィルター処理されるキューブとその際の値 プロジェクト部署を指定しない プロジェクト部署を指定する

リソース部署を指定しない

すべてのキューブのすべてのデータが読み込まれる

時間単位以外のプロジェクトのキューブ

時間単位以外のタスクのキューブ

懸案事項のキューブ

リスクのキューブ

成果物のキューブ

MSP_Project_WSS の仮想キューブ

MSP_Project_Timesheet の仮想キューブ

MSP_Portfolio_Analyzer の仮想キューブ

時間単位以外の割り当てのキューブ

時間単位の割り当てのキューブ

EPM タイムシートのキューブ

リソース部署を指定する

時間単位以外の割り当てのキューブ

時間単位の割り当てのキューブ

時間単位以外のリソースのキューブ

時間単位のリソースのキューブ

タイムシートのキューブ

MSP_Project_Timesheet の仮想キューブ

MSP_Portfolio_Analyzer の仮想キューブ

プロジェクト部署によるフィルター処理:

  • 時間単位以外のプロジェクトのキューブ

  • 時間単位以外のタスクのキューブ

  • 懸案事項のキューブ

  • リスクのキューブ

  • 成果物のキューブ

  • MSP_Project_WSS の仮想キューブ

リソース部署およびプロジェクト部署によるフィルター処理:

  • 時間単位以外の割り当てのキューブ

  • 時間単位の割り当てのキューブ

  • EPM タイムシートのキューブ

  • MSP_Project_Timesheet の仮想キューブ

  • MSP_Portfolio_Analyzer の仮想キューブ

リソース部署によるフィルター処理:

  • 時間単位以外のリソースのキューブ

  • 時間単位のリソースのキューブ

  • タイムシートのキューブ

キューブには、他の部署に属するプロジェクトまたはどの部署にも属さないプロジェクトのリソースが含められます。これにより、部署のリソースの完全なカレンダー容量などのデータを調べるときに、すべてのデータが対象となります。

プロジェクトおよびリソースのサブセットは、次のようなプロジェクト レベルまたはタイムシート レベルでフィルター処理するために使用されます。

時間単位以外のプロジェクト:

  • このキューブ内のデータは、部署プロジェクト リストによってフィルター処理されます。

  • 部署のリソースへの割り当てがあるプロジェクトが含まれます。

時間単位以外のタスク:

  • 部署のリソースへの割り当てがある非部署タスクが含まれます。完全な非部署プロジェクトは含まれません。

  • 部署プロジェクト用のすべてのタスクが含まれます。

時間単位以外の割り当て:

  • 部署のリソースへの非部署プロジェクト割り当てが含まれます。

  • 部署プロジェクトのすべての割り当てが含まれます。

時間単位の割り当て:

  • 部署のリソースへの非部署プロジェクト割り当てが含まれます。

  • 部署プロジェクトのすべての割り当てが含まれます。

成果物:

  • フィルター処理されたプロジェクト リストによって所有されるすべての成果物が含まれます。

  • フィルター処理されたリストから購読されるすべての成果物と、フィルター処理されたリストの成果物を購読するプロジェクトとタスクが含まれます。

  • 非部署プロジェクトから提供され、部署プロジェクトから購読されるすべての成果物が含まれます。

懸案事項:

  • フィルター処理されたプロジェクトとタスクのリストに接続された懸案事項が含まれます。

リスク:

  • フィルター処理されたプロジェクトとタスクのリストに接続されたリスクが含まれます。

時間単位以外のリソース:

  • 部署リスト内のリソースが含まれます。

時間単位のリソース:

  • 部署リスト内のリソースが含まれます。

タイムシート:

  • 部署リスト リソースのタイムシートが含まれます。

EPM タイムシート:

  • 部署リスト リソースのタイムシートが含まれます。

  • 部署外のプロジェクトからのタスク割り当てが含まれます。

OLAP データベースではリソースは次の 3 とおりに記述されます。

  • ファクトのフォーカス (タイムシート、容量)

  • ファクトとの関連付け (プロジェクト タスク割り当て)

  • ファクトの所有 (プロジェクトの所有者、懸案事項の所有者、割り当ての所有者)

部署リソース リストは、フォーカス (タイムシート) を使用してファクトをフィルター処理します。その結果、OLAP データベースにリソース フィルターがある場合、非部署リソースは OLAP データベース内にタイムシートおよび容量を持ちません。ただし、部署プロジェクトとの関連付けがある非部署リソースはリソース リスト ディメンションに含まれ、該当する関連付けファクトのみを持ちます。

独立したディメンションを持つものを所有するリソース (つまり、割り当て所有者) は、リソース リストに含めてはなりません。特定の OLAP データベースのリソース リスト ディメンションには、以下が含まれます。

  • 部署リソース

  • 部署プロジェクトへの割り当てがあるすべてのリソース

表示: