Project Server 2013 で OLAP キューブを作成する

 

適用先:Project Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: サーバーの全体管理の [OLAP データベースの管理] ページを使用して OLAP キューブを管理します。

OLAP キューブを作成するには、Project Server サービス アプリケーション管理者である必要があります。新しい OLAP キューブを作成するには、以下の手順を実行します。

OLAP キューブを作成するには
  1. サーバーの全体管理の [アプリケーション構成の管理] セクションで、[サービス アプリケーションの管理] をクリックします。

  2. [Project Server サービス アプリケーション] をクリックします。

  3. キューブを作成する Project Web App インスタンスをポイントし、表示される矢印をクリックして、[管理] をクリックします。

  4. [サーバー設定] ページの [データベースの管理] セクションで、[OLAP データベースの管理] をクリックします。

  5. [OLAP データベースの管理] ページで [新規] をクリックします。

  6. [OLAP データベース作成設定] ページで以下の設定を構成します。

     

    設定 説明

    Analysis Services サーバー

    キューブを作成する SQL Server Analysis Services (SSAS) のインスタンスの名前です。

    作成する Analysis Services データベース

    作成するデータベースの名前です。

    エクストラネット URL

    エクストラネット サイトの URL です。

    説明

    この OLAP キューブの説明です。

    プロジェクトの部署

    プロジェクトが部署に割り当てられている場合、キューブに含める部署を選択できます。部署を選択しないと、部署でのフィルター処理は行われません。

    使用できる部署の選択は、部署カスタム参照テーブルによって制御されます。

    リソースの部署

    リソースが部署に割り当てられている場合、キューブに含める部署を選択できます。部署を選択しないと、部署でのフィルター処理は行われません。

    使用できる部署の選択は、部署カスタム参照テーブルによって制御されます。

    プロジェクトの最早開始日とプロジェクトの最遅終了日を使用する

    このオプションを選択すると、プロジェクトの最早開始日とプロジェクトの最遅終了日に基づいてキューブの日付範囲を設定できます。

    前回および次回の時間単位を使用して OLAP データベースの作成時に日付範囲を計算する

    このオプションを選択すると、キューブ作成日からの差分に基づいて日付範囲が自動的に構成されます。差分に使用する日数、週数、または月数を、[前の範囲] ボックスおよび [次の範囲] ボックスに入力します。

    以下で指定した固定の日付範囲を使用する

    このオプションを選択すると、固定の日付範囲を使用できます。使用する日付を [開始] ボックスおよび [終了] ボックスに入力します。

    定期的に更新する

    更新の頻度をスケジュールする場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択しないと、キューブは自動的に更新されません。

    キューのダウン タイムのために予定開始時刻での処理を実行できなかった場合、OLAP データベースの更新を直ちに再試行する

    このオプションを選択すると、キューを使用できないためにスケジュールしたキューブ作成が失敗した場合、次のスケジュール時刻を待つのではなく、キューが使用可能になると作成ジョブが自動的に開始します。

    次の日付間隔で更新する

    キューブを再作成する時間数、日数、週数、または月数を選択します。

    開始日

    最初の自動キューブ作成の開始日を選択します。

    開始時刻

    各自動キューブ作成の開始時刻を選択します。

  7. [保存] をクリックします。

表示: