Install-SPUserSolution

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise

トピックの最終更新日:2015-03-09

サイト コレクション内のセキュリティで保護されたソリューションをアクティブ化します。

Install-SPUserSolution [-Identity] <SPUserSolutionPipeBind> -Site <SPSitePipeBind> [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>] [-Confirm [<SwitchParameter>]] [-WhatIf [<SwitchParameter>]]

Install-SPUserSolution コマンドレットでは、サイト コレクション内のセキュリティで保護されたソリューションをアクティブ化します。ユーザー ソリューションはセキュリティで保護されたソリューションです。

SharePoint 管理シェル

 

パラメーター 必須 説明

Identity

必須

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPUserSolutionPipeBind

アクティブ化する対象のセキュリティで保護されたソリューションを指定します。

この型は、セキュリティで保護されたソリューションの有効な名前 (UserSolution1 など) であるか、有効な SPUserSolution オブジェクト インスタンスであることが必要です。

Site

必須

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPSitePipeBind

指定したサイト コレクションのセキュリティで保護されたソリューションをアクティブ化します。

この型は、12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh という形式の有効な GUID であるか、http://<サーバー名> という形式の有効な URL であるか、有効な SPSite オブジェクト インスタンスであることが必要です。

AssignmentCollection

省略可

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

適切な破棄を行うためにオブジェクトを管理します。SPWebSPSite などのオブジェクトの使用によって大量のメモリが使用される場合があるので、Windows PowerShell スクリプトでこれらのオブジェクトを使用するには適切なメモリ管理が必要です。メモリの解放が必要になった場合は、SPAssignment オブジェクトを使用して、変数へのオブジェクトの割り当てとオブジェクトの破棄を行うことができます。割り当てコレクションまたは Global パラメーターが使用されていない場合、SPWebSPSite、または SPSiteAdministration オブジェクトが使用されていると、オブジェクトは自動的に破棄されます。

メモメモ:
Global パラメーターが使用されている場合は、オブジェクトはすべてグローバル ストアに格納されます。Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

Confirm

省略可

System.Management.Automation.SwitchParameter

コマンドを実行する前に、確認のメッセージを表示します。詳細を表示するには、「get-help about_commonparameters」と入力します。

WhatIf

省略可

System.Management.Automation.SwitchParameter

コマンドを実行する代わりに、コマンドの実行結果を説明するメッセージを表示します。詳細を表示するには、「get-help about_commonparameters」と入力します。

 

エラー 説明

 

例外 説明

------------------- 例 ---------------------

Install-SPUserSolution -Identity contoso_solution.wsp -Site http://sitename

この例では、サイト http://sitename にあるセキュリティで保護されたソリューション contoso_solution.wsp をアクティブ化します。

表示: