SharePoint Server 2013 で Windows PowerShell コマンドレットを使用して Business Connectivity Services を管理する

 

適用先:SharePoint Foundation 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: SharePoint Server 2013 で Business Connectivity Services を管理する際に使用できる Windows PowerShell のコマンドレットについて説明します。

次の表は、SharePoint Server 2013 ファームで Business Connectivity Services を管理する際に使用できる Windows PowerShell のコマンドレットを示しています。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Clear-SPSiteSubscriptionBusinessDataCatalogConfig

指定したパーティションの Business Data Connectivity Metadata Store からすべてのデータを削除します。

Copy-SPBusinessDataCatalogAclToChildren

Business Data Connectivity Metadata Store メタデータ オブジェクトの権限のセットを、その子オブジェクトにコピーします。

Disable-SPBusinessDataCatalogEntity

Business Data Connectivity メタデータ ストア内の外部コンテンツ タイプを無効にします。

Enable-SPBusinessDataCatalogEntity

Business Data Connectivity メタデータ ストアの外部コンテンツ タイプを有効にします。

Export-SPBusinessDataCatalogModel

Business Data Connectivity モデルをエクスポートします。

Export-SPSiteSubscriptionBusinessDataCatalogConfig

パーティションに関連付けられている Business Data Connectivity メタデータ ストアからすべてのデータをエクスポートします。

Get-SPBusinessDataCatalogMetadataObject

Business Data Connectivity メタデータ ストア メタデータ オブジェクトを取得します。

Grant-SPBusinessDataCatalogMetadataObject

指定された Business Data Connectivity メタデータ ストア メタデータ オブジェクトのプリンシパルに権限を付与します。

Import-SPBusinessDataCatalogDotNetAssembly

パーティションの Business Data Connectivity メタデータ ストアに関連付けられたデータをインポートします。

Import-SPBusinessDataCatalogModel

Business Data Connectivity モデルをインポートします。

New-SPBusinessDataCatalogServiceApplication

ファームに新しい Business Data Connectivity サービス アプリケーションを作成します。

New-SPBusinessDataCatalogServiceApplicationProxy

ファーム内に新しい Business Data Connectivity サービス アプリケーション プロキシを作成します。

Remove-SPBusinessDataCatalogModel

Business Data Connectivity モデルを削除します。

Revoke-SPBusinessDataCatalogMetadataObject

指定した Business Data Connectivity メタデータ ストア メタデータ オブジェクトのプリンシパルに対する権限を取り消します。

Set-SPBusinessDataCatalogMetadataObject

Business Data Connectivity Metadata Store メタデータ オブジェクトのプロパティ値または属性値を設定します。

Set-SPBusinessDataCatalogServiceApplication

ファーム内の Business Data Connectivity サービス アプリケーションのグローバル プロパティを設定します。

Import-SPSiteSubscriptionBusinessDataCatalogConfig

指定されたパーティションの Business Data Connectivity メタデータ ストアに関連するすべてのデータが含まれる、エクスポート ファイルに関連するデータをインポートします。

Remove-SPSiteSubscriptionBusinessDataCatalogConfig

パーティションの Business Data Connectivity メタデータ ストアを削除します。

Clear-SPBusinessDataCatalogEntityNotificationWeb

エンティティ通知サイトを消去します。

Get-SPBusinessDataCatalogEntityNotificationWeb

エンティティ通知サイトを取得します。

Get-SPODataConnectionSetting

Business Connectivity Services OData 接続プロパティを取得します。

Get-SPODataConnectionSettingMetaData

Business Data Connectivity Service メタデータ オブジェクトを返します。

Remove-SPODataConnectionSetting

Business Connectivity Services 接続を削除します。

New-SPODataConnectionSetting

新しい Business Data Connectivity Service 接続を作成します。

New-SPBECWebServiceApplicationProxy

このコマンドレットは使用しないでください。

Set-SPBusinessDataCatalogEntityNotificationWeb

エンティティ通知サイトを設定します。

Set-SPODataConnectionSetting

Microsoft Business Connectivity Services 接続のためのグローバル プロパティを設定または更新します。

Set-SPODataConnectionSettingMetaData

Business Connectivity Services 接続のメタデータのプロパティを更新します。

表示: