SharePoint Server 2013 での管理されたメタデータのコマンドレット

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要:SharePoint Server 2013 での管理されたメタデータの管理に役立つ Windows PowerShell コマンドレットの一覧を示します。

管理されたメタデータは、階層構造を備えた集中管理型の用語のコレクションであり、用語を管理者が定義できます。管理されたメタデータは、SharePoint Server 2013 のアイテム属性として使用できます。

この記事では、管理されたメタデータの管理をサポートするコマンドレットの一覧を示します。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Clear-SPMetadataWebServicePartitionData

Managed Metadata Web Service アプリケーションのサイト購読のすべてのデータを削除します。

Export-SPMetadataWebServicePartitionData

サイト購読の Managed Metadata Web Service からデータをエクスポートします。

Get-SPMetadataServiceApplication

Managed Metadata Service アプリケーションを返します。

Get-SPMetadataServiceApplicationProxy

Managed Metadata Service アプリケーションへの既存の接続 (プロキシとも呼ばれます) を Managed Metadata Service アプリケーションに返します。

Get-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

Managed Metadata Service アプリケーションのサイト購読構成の設定を返します。

Get-SPTaxonomySession

TaxonomySession オブジェクトを返します。

Import-SPMetadataWebServicePartitionData

サイト購読に関するデータを復元します。

New-SPMetadataServiceApplication

新しい Managed Metadata Service アプリケーションを作成します。

New-SPMetadataServiceApplicationProxy

Managed Metadata Service アプリケーションへの新しい接続を作成します。

Remove-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

サイト購読の構成設定を削除します。

Set-SPMetadataServiceApplication

Managed Metadata Service アプリケーションのプロパティを設定します。

Set-SPMetadataServiceApplicationProxy

Managed Metadata Service アプリケーションへの接続のプロパティを設定します。

Set-SPSiteSubscriptionMetadataConfig

指定した Managed Metadata Service アプリケーションのサイト購読構成の設定を設定します。

表示: