SharePoint 環境内の SQL Server の概要 (SharePoint 2013)

 

適用先:SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2013 Enterprise, SharePoint Server 2013 Standard

トピックの最終更新日:2016-12-16

概要: SharePoint Server 2013 と SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)、SQL Server 2012、 および SQL Server 2014 との関係と、データベースの操作方法について説明します。

SharePoint 2013 は、複数の SQL Server バージョンをサポートしています。使用できる SQL Server 機能 (レポートやビジネス インテリジェンス (BI) など) は、インストールされているバージョンによって異なります。

メモメモ:
SharePoint Foundation 2013 では BI 機能はサポートされていません。この機能には SharePoint Server 2013 が必要となります。

SharePoint 2013 におけるデータベース サーバーの最小要件は、 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) または SQL Server 2012 または SQL Server 2014 64 ビット版です。SharePoint Server 2013 でビジネス インテリジェンス (BI) ツールを使用するためには、SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) または SQL Server 2014 64 ビット版がインストールされている必要があります。詳細については、「SharePoint 2013 のハードウェア要件およびソフトウェア要件」と「SharePoint Server 2013 でのビジネス インテリジェンスのソフトウェア要件」をご覧ください。

この記事の内容

SharePoint 2013 アプリケーションは、SQL Server データベース エンジンを基盤にしています。SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)、SQL Server 2012、SQL Server 2014 のほとんどのコンテンツと設定は、リレーショナル データベース内に保存されます。以下の表に、SharePoint 2013 が使用するデータベースを示します。

 

データベースの種類 説明

構成

構成用のデータベースと サーバーの全体管理 コンテンツ データベースは、構成データベースと呼ばれます。構成データベースには、使用されるデータベース、インターネット インフォメーション サービス (IIS) Web サイトまたは Web アプリケーション、ソリューション、Web パーツ パッケージ、サイト テンプレート、既定のクォータ、ブロックするファイルの種類など、ファーム設定に関するデータが含まれます。各ファームが持つことのできる構成データベースのセットは 1 つだけです。

コンテンツ

コンテンツ データベースには、次のようなあらゆるサイト コンテンツが格納されます。

  • サイト ドキュメント (ドキュメント ライブラリ内のファイルなど)

  • リスト データ

  • Web パーツ プロパティ

  • SharePoint 用アプリ 用のデータ

  • ユーザー名と権限

各 Web アプリケーションは、多数のコンテンツ データベースを含むことができます。各サイト コレクションに関連付けることのできるコンテンンツ データベースは 1 つだけですが、1 つのコンテンンツ データベースを複数のサイト コレクションに関連付けることはできます。

サービス アプリケーション

サービス アプリケーションのデータベースには、サービス アプリケーションが使用するデータが格納されます。

SharePoint 2013 をサポートするデータベースの全一覧は、「データベースの種類と説明 (SharePoint 2013)」をご覧ください。SharePoint 2013 をサポートするデータベースのグラフィック表示については、「SharePoint 2013 をサポートするデータベース」をご覧ください。

SharePoint Server 2013 をサポートするデータベースは、SharePoint 製品構成ウィザードで自動作成することも、SharePoint Server を手動で構成するときにデータベース管理者が作成することもできます。

マイクロソフトは、SharePoint Server 2013 をサポートするデータベースのクエリまたは変更を直接サポートはしていません。SharePoint Server 2013 の Usage and Health Data Collection データベースは、スキーマの変更をサポートしません。

SharePoint Server 2013 をサポートする SQL Server データベースは、サイズ制限と、SQL Server の標準ではない構成推奨の対象です。詳細については、「ストレージおよび SQL Server の容量計画と構成 (SharePoint Server 2013)」をご覧ください。

SQL Server 2008 R2 では、SharePoint のビジネス インテリジェンス機能を持たせるために、SharePoint Server 2010 との統合を通して、Power Pivot for SharePoint と Power Pivot for Excel 2010 が導入されました。SQL Server Analysis Services と SQL Server Reporting Services の両方を同じ SharePoint Server 2013 ファームで実行できます。SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) ではさまざまな新機能が導入され、SQL Server 2008 R2 の問題が多数解決されました。詳細については、「Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 リリース ノート」の「1.0 Service Pack 1 の新機能」をご覧ください。

SQL Server 2008 R2 Reporting Services は、2 種類の SharePoint 統合をサポートします。完全統合は、SharePoint 統合モードを使用します。部分統合は、2 つの Web パーツ、レポート エクスプローラーとレポート ビューアーを使用します (この 2 つの Web パーツは、SharePoint サイト上にインストールし、リモート レポート サーバー インスタンスを指すように設定する必要があります)。詳細については、「Reporting Services と SharePoint テクノロジの統合の概要」と「SharePoint 統合の計画」をご覧ください。

メモメモ:
Reporting Services でサポートされるのは、SharePoint Server 2013 を使用した SharePoint 統合モードのみです。

SharePoint Server 2013 で Reporting Services をセットアップする場合には、レポート サーバーを作成します。レポート サーバーは、Reporting Services の中心的なコンポーネントです。このコンポーネントには、2 つの処理エンジンと、認証、データ処理、レンダリング、配信処理の各操作を行う用途別拡張機能の一式が含まれます。

メモメモ:
SharePoint Server 2013 との連動が統合モードで行われるようにレポート サーバーを構成する場合は、SharePoint フロントエンド Web サーバー上に SQL Server 2012 Reporting Services 以降のアドインをインストールする必要があります。
SQL Server 2008 R2 は最小バージョンで、SQL Server 2012 Reporting Services または SQL Server 2014 Reporting Services を使用する場合にはサポートされていません。

詳細については、「SharePoint、Reporting Services サーバー、Reporting Services アドインのサポートされる組み合わせ (SQL Server 2014)」をご覧ください。レポート サーバーを SharePoint Server 2013 との統合モードで実行する場合、以下の統合レベルを利用できます。

  • 共有ストレージ

  • 共有セキュリティ

  • すべてのビジネス ドキュメント (レポート、レポート モデル、共有データ ソースなど) への同じサイト アクセス

Reporting Services を SharePoint 統合モードで実行する場合は、SharePoint コンテンツ データベースとレポート サーバー データベースの両方によってコンテンツとメタデータが格納されます。次に、各データベースが格納するレポート サーバー データを示します。

 

データベース名 レポート サーバー データ

SharePoint コンテンツ

以下のデータの主要ストレージ:

  • 発行済みレポート

  • レポート モデル

  • 共有データ ソース

  • リソース

  • プロパティ

  • アクセス許可

SharePoint 構成

サーバーの全体管理で作成するレポート サーバー構成設定値は次のとおりです。

  • レポート サーバー URL

  • レポート サーバーの Reporting Services アカウント情報

  • サーバーで使用される認証プロバイダーについての情報

  • レポート履歴とログ記録を制限または有効化するサイトレベルの設定

レポート サーバー

レポート コンテンツとメタデータの内部的なコピー (このコピーも SharePoint コンテンツ データベースに格納される) と、次のレポート データ:

  • スケジュール

  • サブスクリプション

  • レポート履歴またはレポート実行のためのスナップショット

レポート サーバーの一時データ

以下のような一時データ:

  • セッション データ

  • サブスクリプション処理、対話形式のレポート、パフォーマンス向上としてのレポート キャッシュなどのために作成される一時的なスナップショット

レポート データに変更があったことを受信者に知らせる手段として、Reporting Services データ警告を利用できます。

詳細については、「SharePoint データベースへのレポート サーバー コンテンツの格納と同期」をご覧ください。

SQL Server 2012 SP1 および SQL Server 2014 には、SharePoint Server 2013 のビジネス インテリジェンス ソリューションが備わっています。SQL Server 2012 の SharePoint モードには、SQL Server Analysis Services と SQL Server Reporting Services 用の機能が提供されています。また、SharePoint モードでは、SharePoint Server 2013 の SQL Server BI 機能も提供されます。詳細については、「SQL Server 2012 の各エディションがサポートする機能」および「SQL Server 2014 の各エディションがサポートする機能」をご覧ください。

メモメモ:
SharePoint Foundation 2013 では、SQL Server BI 機能はサポートされません。

SQL Server 2012 Reporting Services および SQL Server 2014 Reporting Services で可用性を向上させる手段として、AlwaysOn 可用性グループをお勧めします。他にも、AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス、データベースのミラーリング、ログ配布などの高可用性ソリューションがあります。AlwaysOn 可用性グループ ソリューションと AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス ソリューションは、どちらも Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) を必要とします。

メモメモ:
SQL Server 2012 または SQL Server 2014 と SharePoint Server 2013 での高可用性ソリューションとしては、データベースのミラーリングではなく、AlwaysOn 可用性グループを使用することをお勧めします。詳細については、「高可用性ソリューション (SQL Server)」をご覧ください。

詳細については、「AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server)」と「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。

SQL Server 2012 Reporting Services と SQL Server 2014 Reporting Services の SharePoint モードは、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトまたは Reporting Services SharePoint モードの Windows PowerShell コマンドレットを使用して構成する SharePoint 2013 共有サービスです。詳細については、「Reporting Services SharePoint モードの PowerShell コマンドレット」をご覧ください。SharePoint モードでは、SQL Server Reporting Services サービス アプリケーションおよび統合ログサービス (ULS) のトレース ログの SharePoint 2013 バックアップと復元がサポートされます。SharePoint モードでは、クレームベース認証もサポートされます。詳細については、「新機能 (Reporting Services)」の「SharePoint モード」セクションを参照してください。ULS 用の SharePoint Windows PowerShell コマンドレットの詳細については、「SharePoint 2013 でのログとイベントのコマンドレット」を参照してください。

SharePoint モードでは、 Reporting Services のレポート サーバー コンポーネントが SharePoint Server ファーム内で実行される必要があります。つまり、SharePoint アプリケーション サーバーに Reporting Services 共有サービスがインストールされ、1 つ以上の Reporting Services サービス アプリケーションが作成されている必要があります。

詳細については、「Reporting Services レポート サーバー」と「Reporting Services レポート サーバー (SharePoint モード)」をご覧ください。

メモメモ:
SharePoint Foundation 2013 では BI 機能はサポートされていません。この機能には SharePoint Server 2013 が必要となります。

SharePoint Server 2013 ファームに SQL Server 2012 Analysis Services (SSAS) と SQL Server 2012 Reporting Services (SSRS) をインストールすると、以下のビジネス インテリジェンス機能が使用できる状態になります。

  • SQL Server 2012 Power Pivot for SharePoint 2013

  • Power View for SharePoint 2013

  • Power Pivot または Analysis Services 表形式データ モデルで実行される対話式のレポート デザイナー Reporting Services

SQL Server 2012 のメモリ内解析エンジン xVelocity は、セルフサービス BI と企業 BI の両方をサポートします。詳細については、「SQL Server 2012 での xVelocity」を参照してください。

詳細については、「SharePoint Server 2013 でビジネス インテリジェンスを計画する」、「SharePoint 2010 ファームで SQL Server BI 機能を使用するためのガイド」、「SharePoint 2013 を使用した SQL Server BI 機能のインストール (SQL Server 2012 SP1)」、「SharePoint を使用した SQL Server の BI 機能のインストール (PowerPivot と Reporting Services)」を参照してください。

Power Pivot for SharePoint 2013 を展開するためには、SQL Server 2012 SP1 が必要です。Power Pivot for SharePoint 2013 は、Analysis Services を SharePoint モードで実行するときに利用できる SharePoint Server サービス アプリケーションです。このサービス アプリケーションは、SharePoint ファーム内の Power Pivot データをホストするサーバーを提供します。SQL Server 2012 Analysis Services には、多次元モード、表形式モード、および Power Pivot for SharePoint モードという 3 つの分析モードがあります。各サーバー モードは他のモードとは無関係であり、それぞれがそのモダリティでしか実行されない分析データベースの種類をサポートします。SQL Server 2012 Analysis Services (SSAS) の詳細については、「Analysis Services」をご覧ください。SQL Server 2014 Analysis Services の詳細については、「Analysis Services」をご覧ください。Power Pivot for SharePoint 2013 をホストするサーバーは、SharePoint 2013 ファームの外部に配置してもかまいません。

Power Pivot for SharePoint の構成には、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト、Power Pivot for SharePoint 2013 構成ツール、または Windows PowerShell コマンドレットを使用できます。次に、各方法とその処理の説明を示します。

 

Power Pivot for SharePoint 構成の方法 説明

SharePoint 2013サーバーの全体管理

Power Pivot for SharePoint サービス アプリケーションの構成に使用できるあらゆるオプションが提供されます。

Power Pivot for SharePoint 2013 構成ツール

既存のインストールを評価し、SharePoint ファームと Power Pivot for SharePoint 内に何を構成すべきかを判断し、必要なものをすべて構成します。

Windows PowerShell コマンドレット

Windows PowerShell スクリプト ファイル (.ps1) の構築と Power Pivot for SharePoint の構成プロセスの自動化に使用できるコマンドレットを提供します。

Power Pivot for SharePoint 2013 アドインは、サーバーの全体管理で PowerPivot ギャラリー、定期的なデータ更新、PowerPivot 管理ダッシュボードを使用できるようにするためのものです。詳細については、「PowerPivot for SharePoint (SSAS)」と「SharePoint Server 2013 でのビジネス インテリジェンスのソフトウェア要件」を参照してください。

表示: