SharePoint Server 2013 での Access Services のコマンドレット

 

適用先:SharePoint Server 2013 Enterprise

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: 2010 SharePoint 体験版のサイト コレクションで実行される Access Services アプリケーションの管理に役立つ Windows PowerShell コマンドレットの一覧を示します。

Access Services 2010 は、管理者が 2010 SharePoint 体験版のサイト コレクションで実行される Microsoft Access サービス アプリケーションを表示、編集、および構成できる SharePoint Server 2013のサービスです。2010 体験版を使用するサイト コレクションは SharePoint 2013で実行されますが、サイト コレクションのユーザー インターフェイスとユーザー エクスペリエンスは SharePoint Server 2010 と同じです。

Access Services のすべての設定では、サーバーの全体管理の UI 設定の有無に関係なく、バックアップと復元がサポートされます。ただし、バックアップと復元は、サービス レベルと管理レベルの設定のみが対象です。Access Services アプリケーションによるエンド ユーザーのコンテンツは、このプロセスの手順ではバックアップされません。

Access Services には、サービスの準備または以前のバックアップの設定を使用する新しいインスタンスの準備、マクロおよびクエリ設定の構成と管理、セッション管理の管理と構成、およびサービスのすべてのグローバル設定の構成のために使用できる Windows PowerShell 機能があります。

SharePoint 2013のすべてのコマンドレットの一覧については、「SharePoint 2013 で使用する Windows PowerShell コマンドレットの索引」を参照してください。

 

コマンドレット名 説明

Get-SPAccessServiceApplication

Access Services アプリケーションまたは Access Services アプリケーションのコレクションを返します。

New-SPAccessServiceApplication

Access Services アプリケーションの新しいインスタンスを作成します。

Set-SPAccessServiceApplication

既存の Access Services アプリケーションのグローバル プロパティを設定します。

表示: