Project Server 2013 でエンタープライズ カスタム参照テーブルを追加または編集する

 

適用先:Project Server 2013

トピックの最終更新日:2015-03-09

概要: [Project Web App の設定] の [新しいユーザー設定フィールド] ページを使用して、カスタム参照テーブルのオプションを指定します。

以下の手順で、エンタープライズ カスタム参照テーブルを作成または編集できます。

エンタープライズ カスタム参照テーブルを作成または編集するには
  1. Project Web App ホーム ページの [設定] メニューで、[Project Web App の設定] をクリックします。

  2. Project Web App の [サーバー設定] ページで、[エンタープライズ ユーザー設定フィールドと参照テーブル] をクリックします。

  3. [ユーザー設定フィールドの参照テーブル] セクションで、[新しい参照テーブル] をクリックして新しい参照テーブルを作成するか、編集する参照テーブルをクリックします。

  4. 新しいテーブルの場合、[名前] ボックスに参照テーブルの名前を入力します。

  5. 使用するオプションを指定して、ユーザー設定フィールドの参照テーブル ページを完成させます。以下のセクションで各フィールドの説明を参照してください。

  6. [保存] をクリックします。

新しい参照テーブルの場合、テーブルのデータ型を指定する必要があります。1 つのテーブルで複数のフィールドの型を混合できません。

次の表で、ユーザー設定フィールドの参照テーブルのデータ型オプションについて説明します。

Project Web App のユーザー設定フィールドの参照テーブルのデータ型

属性 説明

コスト

テーブルの各フィールドはコスト値です。

日付

テーブルの各フィールドは日付値です。

期間

テーブルの各値は期間として処理されます。

数値

テーブルの各値は数値です。

テキスト

テーブルの各値はテキストです。[テキスト] を選択した場合、必要に応じて値の階層も指定できます。

[コード マスク] オプションは、フィールドの型として [テキスト] を選択した場合にのみ表示されます。

コード マスクを使用して、参照テーブルに表示する文字の種類、文字列の長さ、および階層でレベルを区切るときに使用する文字を指定できます。階層型参照テーブルを作成する場合、階層のレベルごとにコード マスクを指定する必要があります。

次の表で、コード マスクを構成するときに使用できるオプションについて説明します。

Project Web App のユーザー設定フィールドの参照テーブルのコード マスク設定

属性 説明

コードのプレビュー

テーブルのコード マスクのプレビューを表示します。

シーケンス

使用できる文字の種類を指定します。[数字]、[アルファベット (大文字)]、[アルファベット (小文字)]、または [文字] を選択します。

長さ

文字列の最大の長さを指定します。1 ~ 255 の範囲で数値を選択するか、[すべて] を選択します。

区切り

テーブル階層のレベル間の区切りとして使用する文字を 1 ~ 3 文字で指定します。

[新しい参照テーブル] ページの [参照テーブル] セクションを使用して、参照テーブルの値を指定します。

参照テーブルに必要な各値を [] 列に入力します。参照テーブルに入れる値を格納するために必要な数の行を作成します。必要に応じて、値の説明を [説明] 列に入力します。

次の表では、参照テーブルの値を作成するときのオプションについて説明します。

Project Web App での参照テーブルの値

属性 説明

レベル

階層のレベルを示しています。これは読み取り専用フィールドです。レベルを変更するには、行を選択して [レベル下げ] ボタンと [レベル上げ] ボタンを使用します。

フィールドの値を指定します。

説明

フィールドの内容を説明します (オプション)。

移動

移動ボタンを使用して、テーブルの行の位置を変更します。行を移動するには、行を選択して [上へ] 移動ボタンまたは [下へ] 移動ボタンをクリックします。

参照テーブルの表示順序

参照テーブルを並べ替える方法を指定します。[行番号順] を選択した場合、テーブルはユーザーが指定した順序のままです。昇順または降順で並べ替えることを選択した場合、テーブルは [] 列の値に基づいて並べ替えられます。

表示: