About_ManagementPacks.help

更新日: 2013年11月

適用対象: System Center 2012 R2 Service Manager

Important重要
この記事で、翻訳マシンを参照してください、 disclaimer 。この記事の英語版をご覧くださいここでを参照します。

サービス マネージャー一連コマンドレットにはには、管理パックを管理するため、次のコマンドレットが含まれます。

  • New-SCManagementPack: 新しい管理パックを作成します。

  • Import-SCManagementPack: 管理パックをインポートします。

  • Export-SCManagementPack: 管理パックをエクスポートします。

  • Get-SCManagementPack: インポートされた管理パックの一覧を取得します。

  • Remove-SCManagementPack: 管理パックを削除します。

  • Test-SCManagementPack: 管理パックの .xml ファイルの有効性をテストします。

  • Protect-SCManagementPack: 管理パックの封印を行う

  • New-SCManagementPackBundle: バンドルの管理パック、管理パックのバンドルを作成するのには、関連付けられたリソースを。

管理パックの定義が含まれている .xml ファイルですクラス、ワークフロー、ビュー、フォーム、レポート、およびサポート情報の記事など。インポートの管理パックにはの環境の一部の機能を有効に。有効になっている機能、インポートされた管理パックのコンテンツに依存します。いくつかの管理パックには、e-imported ではないなど、インシデントの管理と変更管理の基本機能を有効にします。Pre-imported の管理パックのいくつかの基本的な機能の特定の設定を変更するのには、することができます。さらに、独自のカスタム管理パックを作成するするには、インポートの基本的な機能を拡張します。

管理パックを使用すると、カスタマイズをバックアップするのには、便利な方法です 、これらのカスタマイズを転送導入。

すべての管理パックはシールを初期状態ではありません。オーサリングと管理パックの変更が完了したら、その管理パックにはこれ以上の更新を防ぐためにシールすることができます。このため、シールされていない管理パックのみを変更できます。管理パックをシールすると、それを封印することはできません。

付属の管理パックは、複数の関連する管理パックと関連リソースは、イメージやフォームのアセンブリで構成されます、.mpb ファイルです。コレクションに関連付けられているリソースとの関連や依存管理パックをインポートするには、まず、それぞれのすべてのファイルを含める必要があります。[管理パックのバンドルをインポートします。

いずれかを使用して管理パックに関連するほとんどのタスクを実行することができます、 または同等のコマンドレットでは。サポートされていない操作は、 、適切なコマンドレットを使用する必要があります。

Export-SCManagementPackImport-SCManagementPackコマンドレットは、通常の組み合わせを使用します。以前にインポートした管理パックをエクスポートすることができ、以前にエクスポートした管理パックをインポートすることができます。

noteメモ
機械翻訳に関する免責事項。コンピューターのシステム ユーザーによる介入操作なしでこの記事が翻訳されました。マイクロソフトはマイクロソフトの製品、サービス、およびテクノロジに関するコンテンツを楽しむ英語以外の言語を話すユーザーを支援するためにこれらの機械翻訳を提供しています。記事翻訳マシンだったので、語彙、構文、または文章校正のエラーが含まれている可能性があります。

参照

 
表示: