About_Allow_Lists

更新日: 2013年11月

適用対象: System Center 2012 R2 Service Manager

Important重要
この記事で、翻訳マシンを参照してください、 disclaimer 。この記事の英語版をご覧くださいここでを参照します。

許可リスト操作マネージャーの CI コネクタによって同期の実行中に使用されるクラスの一覧が含まれている。すべての具象クラスを許可する] ボックスの一覧で同期化されます。許可する] ボックスの一覧での抽象クラスの場合と、最初のレベルの具体的なクラスのみが同期されます。

Service Manager許可リストは次のとおりに操作するために使用することができますいくつかのコマンドレットが用意されています。

  • Get-SCSMAllowList操作マネージャーの CI コネクタによって同期の実行中に使用される許可のリストを取得。

  • Reset-SCSMAllowList-既定の許可一覧に、許可リストをリセットします。

  • Add-SCSMAllowListClass許可リストに指定されたクラスを追加します。

  • Remove-SCSMAllowListClass-指定されたクラスを操作マネージャーの CI コネクタによって同期の実行中に使用されるクラスを許可一覧から削除。

次の表に示すが既定で含まれているクラスの一覧ことができます。

 

コマンドレット 管理パック

System.Service

System.Library

System.Database

System.Library

Microsoft.Windows.ApplicationComponent

Microsoft.Windows.Library

Microsoft.Windows.ComputerRole

Microsoft.Windows.Library

System.Computer

System.Library

System.OperatingSystem

System.Library

Microsoft.Windows.LogicalDevice

Microsoft.Windows.Library

System.SoftwareInstallation

System.Library

System.WebSite

System.Library

noteメモ
機械翻訳に関する免責事項。コンピューターのシステム ユーザーによる介入操作なしでこの記事が翻訳されました。マイクロソフトはマイクロソフトの製品、サービス、およびテクノロジに関するコンテンツを楽しむ英語以外の言語を話すユーザーを支援するためにこれらの機械翻訳を提供しています。記事翻訳マシンだったので、語彙、構文、または文章校正のエラーが含まれている可能性があります。

 
表示: