Add-SCSMAllowListClass

Add-SCSMAllowListClass

Adds the specified classes to the allow list of classes that is used by the Service Manager Operations Manager CI Connector during synchronization.

構文

Parameter Set: Default
Add-SCSMAllowListClass [-ClassName] <String[]> [-ComputerName <String[]> ] [-Credential <PSCredential> ] [-SCSession <Connection[]> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Add-SCSMAllowListClass cmdlet adds the specified classes to the allow list of classes that is used by the Service Manager Operations Manager CI Connector during synchronization. The specified classes must already be defined in existing management packs.

パラメーター

-ClassName<String[]>

Specifies the names of the classes to be added to the configuration item Operations Manager CI connector allow list. Each class name must correspond to an ID property of an existing <ClassType> management pack element. Separate multiple class names with a comma.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ComputerName<String[]>

Specifies the name of the computer on which the System Center Data Access service runs. The user account that is specified in the Credential parameter must have access rights to the specified computer.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

localhost

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Credential<PSCredential>

Specifies the credentials that this cmdlet uses to connect to the server on which the System Center Data Access service runs. The specified user account must have access rights to that server.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-SCSession<Connection[]>

Represents the session to a Service Manager management server.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

true (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • None.

    You cannot pipe input to this cmdlet.


出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • None.

    This cmdlet does not generate any output.


Example 1: Add a class to the allow list

The first command adds the SoftwareItem class to the allow list.

The second command retrieves the allow list to verify the addition.


PS C:\>Add-SCSMAllowListClass -ClassName "System.SoftwareItem"
PS C:\> Get-SCSMAllowList

Example 2: Add an invalid class name

This command attempts to add a class to the allow list. However, Config is not a valid value for the ClassName parameter.


PS C:\>Add-SCSMAllowListClass -ClassName "Config"

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: