電子メールの統合の計画

ここで説明する内容は、Microsoft Dynamics CRM Online および設置型バージョンの Microsoft Dynamics CRM 2011 に適用されます。 Microsoft Dynamics CRM の電子メールのルーティング機能および追跡機能を使用するには、次のソフトウェア コンポーネントのいずれかまたは両方を使用して、電子メール システムを Microsoft Dynamics CRM 展開と統一する必要があります。

  • E-mail Router は、ユーザー、キュー、および転送用メールボックスに対する一元管理された電子メール ルーティングを提供します。これは多くの場合、社内設置型展開、パートナー ホスト型 Microsoft Dynamics CRM 展開、および一部の Microsoft Dynamics CRM Online 展開のための優れた選択肢です。この方法を使用すると、電子メールは、受信者がログオンしているかどうかにかかわらず、Microsoft Dynamics CRM にルーティングされます。

  • Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM では、電子メール ルーティング機能はユーザー単位で提供されます。E-mail Router を必要としないため、多くの場合、フルタイムの IT スタッフのいない比較的小規模な組織、または Microsoft Dynamics CRM Online を使用している組織に適しています。この方法を使用すると、各ユーザーの実際の電子メール ルーティングは、ユーザーのログオン時にのみ発生します。Microsoft Outlook が実行していない場合は、電子メール メッセージは、Microsoft Outlook が再起動されるまで処理されません。

Important重要
組織で電子メールのキューを使用している場合は、E-mail Router を使用する必要があります。キューは Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM ではサポートされていません。

Microsoft Dynamics CRM Server 2011 は Microsoft Exchange Server や POP3 サーバーがなくても使用できますが、Microsoft Dynamics CRM の受信電子メール追跡機能は使用できなくなります。また、Microsoft Dynamics CRM Server 2011 は SMTP サーバーがなくても使用できますが、Microsoft Dynamics CRM の送信電子メール機能は使用できなくなります。

要件によっては、E-mail Router と Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM の両方を使用するソリューションの実装が必要になる場合があります。たとえば、Microsoft Dynamics CRM 展開で複数の組織をホストしたり、さまざまなニーズを持つユーザーのいる 1 つの組織をホストする場合は、一部のユーザーを Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーティング メソッドに、別のユーザーおよびキューを E-mail Router に構成する必要がある場合などです。

関連項目

この記事について Microsoft にコメントを送信する

© 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved.
表示: