Remove-OdbcDsn

Remove-OdbcDsn

Removes ODBC DSNs.

構文

Parameter Set: InputObject
Remove-OdbcDsn [-InputObject] <CimInstance[]> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-PassThru] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Name
Remove-OdbcDsn [-Name] <String> -DsnType <String> [-AsJob] [-CimSession <CimSession[]> ] [-DriverName <String> ] [-PassThru] [-Platform <String> ] [-ThrottleLimit <Int32> ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Remove-OdbcDsn cmdlet removes Open Database Connectivity (ODBC) data source names (DSNs) from the computer.

For more information about ODBC, data source names, and drivers, see Microsoft Open Database Connectivity (ODBC) (http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms710252.aspx), Data Sources (http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms711688.aspx), and Drivers (http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms715383.aspx) on the Microsoft Developer Network.

パラメーター

-InputObject<CimInstance[]>

Specifies an array of input objects. This cmdlet removes the ODBC DSNs that the specified ODBC DSN objects represent. Specify a variable that contains the objects, or type a command or expression that gets the objects.


エイリアス

Dsn

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Name<String>

Specifies the name of an ODBC DSNs. You can use wildcard characters to specify more than one name. This cmdlet removes the DSNs that the names specify.


エイリアス

DsnName

必須?

true

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-DsnType<String>

Specifies the type of an ODBC DSN. This cmdlet removes DSNs of the type that this parameter specifies. このパラメーターに対して使用できる値:

-- User
-- System
-- All


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-Platform<String>

Specifies the platform architecture. This cmdlet removes the ODBC DSNs that belong to the architecture that this parameter specifies. このパラメーターに対して使用できる値:

-- 32-bit
-- 64-bit
-- All

The default value is 32-bit on a 32-bit process. The default value is 64-bit on a 64-bit process. If you run this cmdlet in a remote CIM session, this parameter refers to the platform architecture on the remote computer.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-DriverName<String>

Specifies the name of a driver. This cmdlet removes the ODBC DSN that uses the driver that this parameter specifies. You can use wildcard characters. If you do not specify this parameter, this cmdlet removes DSNs for all drivers.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-PassThru

作業中の項目を表すオブジェクトを返します。既定では、このコマンドレットによる出力はありません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-AsJob

エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-CimSession<CimSession[]>

リモート セッションまたはリモート コンピューターでコマンドレットを実行します。New-CimSession コマンドレットや Get-CimSession コマンドレットの出力など、コンピューター名またはセッション オブジェクトを入力します。既定値は、ローカル コンピューターで実行中の現在のセッションです。


エイリアス

Session

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ThrottleLimit<Int32>

このコマンドレットを実行するために確立できる最大同時操作数を指定します。このパラメーターを省略するか、値として 0 を入力した場合、Windows PowerShell® では、コンピューターで実行している CIM コマンドレットの数に基づいて、コマンドレットに対する最適なスロットル制限を計算します。スロットル制限は現在のコマンドレットのみに適用され、セッションまたはコンピューターには適用されません。


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Confirm

コマンドレットを実行する前に、ユーザーに確認を求めます。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-WhatIf

コマンドレットを実行するとどのような結果になるかを表示します。コマンドレットは実行されません。


必須?

false

位置は?

named

既定値

false

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.Management.Infrastructure.CimInstance#MSFT_OdbcDsn[]

Example 1: Remove 32-bit User DSNs that have names that contain a string

This command removes the 32-bit ODBC User DSNs that have names that contain Payroll.


PS C:\> Remove-OdbcDsn -Name "*Payroll*" -DsnType "User" -Platform "32-bit"

Example 2: Remove the System DSN named MyPayroll from the native platform

This command removes the ODBC System DSN named MyPayroll from the native platform.


PS C:\> Remove-OdbcDsn -Name "MyPayroll" -DsnType "System"

Example 3: Remove all 32-bit ODBC System DSNs by using wildcard characters

This command removes all 32-bit ODBC System DSNs that have names that contain the string *Payroll*, and use the driver with a name that starts with SQL Server.


PS C:\> Remove-OdbcDsn -Name "*Payroll*" -DsnType "System" -Platform "32-bit" -DriverName "SQL Server*"

Example 4: Remove a 32-bit ODBC User DSN by using a name

This command removes the 32-bit ODBC User DSNs named MyPayroll, and then stores the deleted DSN object in the $sysDsn variable.


PS C:\> $sysDsn = Remove-OdbcDsn -Name "MyPayroll" -DsnType "User" -Platform "32-bit" -PassThru

Example 5: Remove a System DSN on the native platform by using the pipeline operator

This command uses the Get-OdbcDsn to get the ODBC System DSN on the native platform named MyPayroll, and then passes it to the current cmdlet by using the pipeline operator. The example removes that DSN.


PS C:\> Get-OdbcDsn -Name "MyPayroll" -DsnType "System" | Remove-OdbcDsn

Example 6: Remove a ODBC System DSN on the native platform by using a variable

The first command uses Get-OdbcDsn to get the ODBC System DSN on the native platform named MyPayroll, and then stores it in the $dsnArray variable.

The second command removes the DSN stored in $dsnArray.


PS C:\> $dsnArray = Get-OdbcDsn -Name "MyPayroll" -DsnType "System"
PS C:\> Remove-OdbcDsn -InputObject $dsnArray 

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: