New-NlbCluster

New-NlbCluster

Creates a Network Load Balancing (NLB) cluster on the specified interface that is defined by the node and network adapter name.

構文

Parameter Set: Default
New-NlbCluster [[-HostName] <String> ] [-InterfaceName] <String> [-ClusterPrimaryIP] <IPAddress> [-ClusterName <String> ] [-DedicatedIP <IPAddress> ] [-DedicatedIPSubnetMask <IPAddress> ] [-Force] [-OperationMode <ClusterMode> {IgmpMulticast | Multicast | Unicast} ] [-SubnetMask <IPAddress> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The New-NlbCluster cmdlet creates a new Network Load Balancing (NLB) cluster. The following will need to be defined: the node name, the network adapter, primary IP address, dedicated IP address, and the name of the cluster.

パラメーター

-ClusterName<String>

Specifies the name of the new cluster.


エイリアス

Name,CN,N

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-ClusterPrimaryIP<IPAddress>

Specifies the primary cluster IP address for the new cluster.


エイリアス

PrimaryIP,IPAddress,IP

必須?

true

位置は?

3

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-DedicatedIP<IPAddress>

Specifies the dedicated IP address to use for the node when creating the new cluster. If this parameter is omitted, then the existing static IP address on the node will be used.


エイリアス

DIP

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-DedicatedIPSubnetMask<IPAddress>

Specifies the dedicated IP address subnet mask to use for the node when creating the new cluster. If this parameter is omitted, then the existing static IP address subnet mask on the node will be used.


エイリアス

DIPSubnetMask

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Force

Runs the cmdlet without prompting for confirmation. By default the cmdlet will ask for confirmation from the user before proceeding. This parameter applies if the DHCP setting on the interface needs to be overwritten by the cmdlet.


エイリアス

F

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-HostName<String>

Specifies the name of the cluster host against which this cmdlet is run. If this parameter is omitted or a value of . is entered, then the local cluster is assumed.


エイリアス

Host,HN,H

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InterfaceName<String>

Specifies the interface to which NLB is bound. This is the interface of the cluster against which this cmdlet is run.


エイリアス

Interface,IN,I

必須?

true

位置は?

2

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-OperationMode<ClusterMode>

Specifies the operation mode for the new cluster. If this parameter is omitted, then the mode is UNICAST. このパラメーターに対して使用できる値: IGMPMULTICAST, MULTICAST, or UNICAST.


エイリアス

Mode

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-SubnetMask<IPAddress>

Specifies the subnet mask for the new cluster primary IP address.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.Cluster

EXAMPLE 1

This example creates a one-node NLB cluster on the current machine. The created cluster is named cluster1 and has one virtual IP address 3.53.100.100. This assumes that the interface is not DHCP-enabled.


PS C:\> New-NlbCluster -InterfaceName vlan-3 -ClusterPrimaryIP 3.53.100.100 -ClusterName cluster1

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: