Set-NlbClusterPortRule

Set-NlbClusterPortRule

Edits the port rules for a Network Load Balancing (NLB) cluster.

構文

Parameter Set: NonPipeline
Set-NlbClusterPortRule [[-Port] <UInt32> ] [-HostName <String> ] [-InterfaceName <String> ] [-IP <IPAddress> ] [-NewAffinity <PortRuleAffinity> {Network | None | Single} ] [-NewEndPort <Int32> ] [-NewIP <IPAddress> ] [-NewMode <PortRuleFilteringMode> {Disabled | Multiple | Single} ] [-NewProtocol <PortRuleProtocol> {Both | Tcp | Udp} ] [-NewStartPort <Int32> ] [-NewTimeout <UInt32> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Pipeline
Set-NlbClusterPortRule -InputObject <PortRule[]> [-NewAffinity <PortRuleAffinity> {Network | None | Single} ] [-NewEndPort <Int32> ] [-NewIP <IPAddress> ] [-NewMode <PortRuleFilteringMode> {Disabled | Multiple | Single} ] [-NewProtocol <PortRuleProtocol> {Both | Tcp | Udp} ] [-NewStartPort <Int32> ] [-NewTimeout <UInt32> ] [ <CommonParameters>]




詳細説明

The Set-NlbClusterPortRule cmdlet edits the port rules for a Network Load Balancing (NLB) cluster. The port rule configuration you can edit includes the cluster IP address, port range, protocols, filtering mode, affinity, load weight, handling priority, and timeout.

This operation changes the configuration on all cluster nodes. As a result, the NLB cluster will have to restart the convergence process on all nodes to guarantee that configuration changes have been applied on all nodes and that a consistent state is reached. Any additional operations on the NLB cluster should not be initiated until all cluster nodes have completed the convergence process and are back to the converged state.

パラメーター

-HostName<String>

Specifies the name of the cluster host against which this cmdlet is run. If this parameter is omitted or a value of . is entered, then the local cluster is assumed.


エイリアス

Host,HN,H

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-IP<IPAddress>

Specifies the IP address for the cluster port rule to set.


エイリアス

なし

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-InputObject<PortRule[]>

Specifies the cluster port rule to set.


エイリアス

なし

必須?

true

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

True (ByValue, ByPropertyName)

ワイルドカード文字を許可する

false

-InterfaceName<String>

Specifies the interface to which NLB is bound. This is the interface of the cluster against which this cmdlet is run.


エイリアス

Interface,IN,I

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewAffinity<PortRuleAffinity>

Specifies the new affinity for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: Network, None, and Single.


エイリアス

NA

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewEndPort<Int32>

Specifies the new end port for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: 0 through 65535.


エイリアス

NEP

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewIP<IPAddress>

Specifies the new IP address for the cluster port rule.


エイリアス

NIP

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewMode<PortRuleFilteringMode>

Specifies a new mode for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: Disabled, Multiple hosts, and Single host.


エイリアス

NM

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewProtocol<PortRuleProtocol>

Specifies the new protocol for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: Both, Tcp, and Udp.


エイリアス

NPRTCL

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewStartPort<Int32>

Specifies the new start port for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: 0 through 65535.


エイリアス

NSP

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-NewTimeout<UInt32>

Specifies the new timeout in minutes for the cluster port rule. このパラメーターに対して使用できる値: 0 through 240.


エイリアス

Timeout,T

必須?

false

位置は?

named

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

-Port<UInt32>

Specifies a port number within the port rule to set. このパラメーターに対して使用できる値: 0 through 65535.


エイリアス

P

必須?

false

位置は?

1

既定値

なし

パイプライン入力を許可する

false

ワイルドカード文字を許可する

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは次の共通パラメーターをサポートします。-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、-OutVariable.詳細については、以下を参照してください。 about_CommonParameters (http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=113216)。

入力

入力型は、コマンドレットにパイプできるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.PortRule

出力

出力型は、コマンドレットによって生成されるオブジェクトの型です。

  • Microsoft.NetworkLoadBalancingClusters.PowerShell.PortRule

EXAMPLE 1

This example changes the start port of the port rule of port number 80 to 5.


PS C:\> Get-NlbClusterPortRule -Port 80 | Set-NlbClusterPortRule -NewStartPort 5

EXAMPLE 2

This command changes the protocol of the port rule of port number 80 to TCP.


PS C:\> Get-NlbClusterPortRule -Port 80 | Set-NlbClusterPortRule -NewProtocol Tcp

EXAMPLE 3

This example changes the port rule mode to Single.


PS C:\> Get-NlbClusterPortRule 80 | Set-NlbClusterPortRule -NewMode Single

関連トピック

コミュニティの追加

追加
表示: