Windows の修復ソースを構成する

更新日: 2013年10月

適用対象: Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2

グループ ポリシーを使うと、ネットワーク内で使う Windows イメージの修復ソースを指定できます。修復ソースを使うと、Windows 機能を復元したり、破損した Windows イメージを修復することができます。

オンデマンド機能を使うと、Windows(R) イメージからオプションの機能を削除し、それらの機能を後で復元できます。展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使うと、オプションの機能を無効にし、それらの機能に関連付けられているファイルを Windows イメージから削除できます。/Remove 引数と DISM の /Disable-Feature オプションを組み合わせて使った場合、機能またはサーバーの役割のマニフェスト ファイルはイメージ内に保持されます。ただし、その他の機能ファイルはすべて削除されます。これにより、機能を失うことなく、より小さなイメージを格納、ダウンロード、展開できます。イメージが展開された後、ユーザーはオンデマンド機能を使っていつでもコンピューターで機能を有効にし、修復ソースから必要なファイルを取得できます。詳しくは、「DISM を使って Windows の機能を有効または無効にする」をご覧ください。

オペレーティング システムが破損した場合は、自動的な破損修復によって Windows を修復するためのファイルが提供されます。ユーザーはまた、ネットワーク上の指定された修復ソースまたは Windows Update を使って、機能の有効化または Windows イメージの修復に必要なソース ファイルを取得できます。詳しくは、「Windows イメージを修復する」をご覧ください。

このセクションの内容:

Windows Update を使うと、Windows 機能の復元や破損したオペレーティング システムの修復に必要なファイルを提供できます。また、グループ ポリシーを構成して、ネットワーク上の場所から必要なファイルを収集することもできます。グループ ポリシーでは、複数の収集元を指定できます。

  • コンピューターのポリシー設定で Windows Update が許可されている場合は、既定で Windows Update が使われます。

  • オプション機能の復元または Windows イメージの修復に使うファイルのプライマリ ソースまたはバックアップ ソースとして Windows Update を使う場合は、ファイアウォールが Windows Update へのアクセスを許可するように構成されていることを確認する必要があります。

  • WIM ファイルからマウントした Windows イメージをソースとして使って、オプション機能の復元と破損したオペレーティング システムの修復を行うことができます。たとえば、c:\test\mount\Windows などです。Windows イメージを WIM ファイルとしてキャプチャする方法について詳しくは、「DISM を使ったハード ディスク パーティションのイメージのキャプチャ」をご覧ください。

  • 実行中の Windows インストールをソースとして使って、c:\Windows フォルダーをネットワーク上で共有することにより、オプション機能を復元することができます。

  • ネットワーク共有または Windows DVD などのリムーバブル メディアの Windows サイドバイサイド フォルダーをファイルのソースとして使うことができます。たとえば、z:\sources\SxS などです。

  • ネットワーク共有上の Windows イメージ (.wim) ファイルをソースとして使って、オプション機能を復元できます。使用する .wim ファイルで Windows イメージのインデックスを指定し、このファイル形式を示す Wim: プレフィックスをパスで使う必要があります。たとえば、contoso.wim というファイルでインデックス 3 を指定するには、「Wim:\\network\images\contoso.wim:3」と入力します。

グループ ポリシーを使うと、Windows Update またはネットワーク上の場所をオンデマンド機能と自動的な破損修復の修復ソースとして使う状況を指定できます。

  1. グループ ポリシー エディターを開きます。たとえば、Windows 8.1 を実行しているコンピューターで、スタート画面で「Edit Group Policy」と入力し、[グループ ポリシーの編集] を選択してグループ ポリシー エディターを開きます。

  2. [コンピューターの構成][管理用テンプレート][システム] の順にクリックし、[オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する] をダブルクリックします。

  3. オンデマンド機能に使う設定を選択します。

Windows Update をオンデマンド機能と自動的な破損修復の修復ソースとして使わない場合は、修復ソースの保持に関する次のガイドラインを考慮する必要があります。

最新のサービス更新プログラムを使って、すべての修復ソースを最新の状態に保つ必要があります。WIM ファイルのイメージをオンデマンド機能に使っている場合は、DISM ツールを使ってイメージをサービスできます。詳しくは、「DISM を使ってイメージをマウントおよび変更する」をご覧ください。ローカル ネットワーク上で共有されているオンライン Windows インストールを修復イメージとして使っている場合は、コンピューターが Windows Update にアクセスできることを確認する必要があります。

イメージでサポートするロケールに関連するすべての言語パックを修復ソース ファイルに含める必要があります。機能を復元する場合は、Windows インストールでその機能に必要なローカライズ コンポーネントをすべて含める必要があります。そうしないとインストールが失敗します。

機能の復元後に追加の言語パックをインストールできます。

関連項目

表示: