Windows イメージ (.swm) ファイルを複数の DVD にまたがるように分割する

選択したメディアに対して .wim ファイルが大きすぎる場合は、複数のメディアにまたがるように、ファイルを小さなファイルに分割できます。たとえば、.wim ファイルが大きすぎて 1 枚の DVD に書き込めない場合は、.wim ファイルを複数の DVD-ROM にまたがるように分割できます。そのためには、展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使います。

既定では、/Split-Image オプションを指定すると、分割された新しい .wim ファイルが .swm という拡張子で作られます。最初の分割ファイルの名前は、指定したファイル名に基づいて付けられ、後続の各ファイルには、最初のファイル名の後に数字が追加されます。

たとえば、/SWMfile に "Install.wim" を指定すると、新しく作られる分割ファイルの名前は "Install.swm"、"Install2.swm"、"Install3.swm" のようになります。

Important重要
Windows 8.1 と Windows 8 の場合、Windows セットアップでは分割 .wim ファイルのインストールはサポートされていません。

以前のバージョンの Windows(R) の場合、Windows セットアップで /installfrom コマンド ライン パラメーターを使って分割 .wim ファイルをインストールする場合、分割 .wim ファイルの名前を "install.swm"、"install2.swm" のようにする必要があります。Windows セットアップでは、install*.swm という名前の分割 .wim ファイルが検索されます。別のファイル名を使用すると、Windows セットアップで分割 Windows イメージがインストールされません。

  1. イメージに必要なメディアのサイズを決定します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、「展開」と入力します。[展開およびイメージング ツール環境] を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

  3. 特定のディレクトリにイメージを分割します。たとえば、コマンド プロンプトで次のように入力します。

    Dism /Split-Image /ImageFile:C:\data.wim /SWMFile:D:\imaging\install.swm /FileSize:600
    
    

    この例では、次の値が指定されています。

    • C:\data.wim は、分割するイメージ ファイルの名前と場所です。

    • D:\imaging\install.swm は、分割後の分割 .wim ファイルの名前と場所です。

    • 600 は、作成される各分割 .wim ファイルの最大サイズ (MB 単位) です。

    この例では、/split オプションによって install.swm ファイル、install2.swm ファイル、install3.swm ファイルなどが D:\Imaging ディレクトリに作成されます。

noteメモ
分割 .wim ファイルを変更することはできません。このファイルをセットアップ先のコンピューターに適用するには、DISM ツールの /Apply-Image オプションを使う必要があります。

  1. 作成された .swm ファイルの数を調べ、ファイルごとに新しいフォルダーを作ります。たとえば、2 つの .swm ファイルが作成された場合は、次のディレクトリを作ります。

    mkdir C:\span\DVD1\source 
    mkdir C:\span\DVD2\source
    
  2. Install1.swm を c:\span\DVD1\source\ にコピーし、Install2.swm を c:\span\dvd2\source\ にコピーします。

  3. 各サブフォルダーについてイメージ (.iso) ファイルを作成し、個々の DVD-ROM に各イメージを書き込みます。

    最初の DVD-ROM から起動できるようにするには、Oscdimg ツールと適切なブート セクター ファイルを使います。たとえば、Windows 8.1 が実行されていて、Windows 8.1 バージョンの Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK) が使用されている x86 ベースのコンピューターの場合:

    oscdimg -n -m –b"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\Oscdimg\etfsboot.com" C:\span\DVD1\source C:\span\DVD1\DVD1.iso
    

    または、Windows 8 が実行されていて、Windows 8 バージョンの Windows ADK が使用されている x86 ベースのコンピューターの場合:

    oscdimg -n -m –b"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\x86\Oscdimg\etfsboot.com" C:\span\DVD1\source C:\span\DVD1\DVD1.iso
    

    後続の起動不可能なイメージについては、ブート コマンド ライン オプション (-b) を省略できます。次に例を示します。

    oscdimg -n C:\span\DVD2\source C:\span\DVD2\DVD2.iso
    

    AMD-EFI .iso ファイルを作成するには、次のコマンドを使用します。

    oscdimg.exe -bC:\winpe-x64-efi\efisys.bin -pEF -u1 -udfver102 C:\winpe-x64-efi\ISO x64-efi-winpe.iso
    

関連項目

表示: